虹紀行

昨年11月、私もを見ました。

トランク・ダンパー交換やドラレコ配線の為、懇意にしているショップに入庫してた時、「ATFフルード?が漏れてますねぇ」と連絡があり、見に行くと確かにフロントバンパー奥の放熱フィンがぐるぐる巻かれたパイプの根本が滲んでるのが見え、下から見るとバンパー下の整流リップへ垂れてます。。。

とりあえず増し締め確認と拭き取りはしてくれたけど、フェンダー内へのアクセスがややこしいとのことで、シトロエン広島へ。

サービスの方曰く、「パワステ・オイルラインのアッセンブリー交換が必要だが、既に廃番。増し締め確認後、完全に脱脂し漏れは止まってるのを確認したので、当分は大丈夫」とのことで、補充するほど減ってはなかったけど、お守りにTOTALのLDS1L買ってトホホと帰ります。

以下は、検索した同じ症状の方のブログの画像を拝借してます。

蒼くなって、AutoNeedsに相談。

曰く、納車整備時に漏れ定番のカシメ箇所の増し締めやラインの状態は点検済みだが、もし高圧ゴムパイプ部から漏れ出ているとしても、ワンオフできるから大丈夫とのことで、やれやれ一安心

ということで年末の京都へ。

早速リフトアップしてもらって確認。

メカの方の診たては、パイプラインではなくパワステポンプ本体からとのこと。幸い部品も国内にあるとのことで預けて帰ります。

折角のチャンス(?)なので、初めての発条シトロエンC4の代車で京観光と洒落こみます。

因みに、インバウンド客を当て込んで完全にホテル供給過剰の京都は、ちゃんとしたビジネスホテルが朝食付きでなんと3,000円前後で泊まれたりします。

以下は、帰りと行きの計4泊分の観光のまとめ。

修理完了とのことで、2週間後また京観光を兼ねC4で受け取りに行ってきました。

しかしC4のもちもちシートは癖になりますね。また、後期C4のAL4はさらに熟成されたらしいですが、前期のこれも各ギアをきちんと引っ張れるし、変速ショックもなくストレスはなかったです。 きちんとメンテされているのでしょうね。

<閑話休題>

今回、編集をいじってて、このWordPressの「ギャラリー」メニューで画像内にテキストを入れたり、複数画像並べの機能を発見しました。

↓ 以下、説明を試みます。

.段落の一行目のちょっと上にカーソルを置くと「(〇+) ブロックの追加 が浮き上がる

.それをクリックすると下記のメニューが表示されるので、「ギャラリー」をクリックし、画像を選択しアップロード

.アップロードした画像を左クリックすると、下に「キャプションを入力…」と表示されるので入力

.さらに下に「(〇+)画像のアップロード」と表示され、実施すると先の画像と並列に並びます

画像にマウスを置き、左クリックで右上端に表示される「✖」をクリックすると削除できます

la navigation その②

FB版日本シトロエンクラブに参加して先達さんの情報見てるんですが、iPadmini式ナビゲーションの最適解と思われる投稿があったので、私の la navigation もそれに換装しました。

以前のは、ダッシュボードに貼ったマグネットに吸着させた板状のものをぶら下げる形でしたが、今回のは脚部分を例の隙間に差し込むだけと簡単。

アルミ合金素材で剛性感があり、 少し手前に浮いた感じに設置できるので、角度をドライバー側に少し振ってやるだけで操作性・視認性ともばっちりな感じにセッティングできます。

閑話休題

先週末、塩を嫌って瀬戸内の島で、 いつものクルマ仲間とハイドロ大試乗会(笑)を開催しました。

代わる代わる運転してもらい、ポルシェの剛性感とは対極にある雲上感を堪能していただけたようです。
私も初めて後部座席の乗り心地を体験できましたが、運転席のそれとは違う包まれ感が良いですね。

メンバー中にMazdaの方がいらして、アンフィニ勤務時代、慣れない名古屋独特の商習慣のなかBXを売るのに大変苦労したとか、直進安定性の良さに感動したなど貴重なお話が聞けました。曰く「 船のような独特の乗り味、久々に体験できました 」と喜んで貰えたようです。


これはその方に頂いた雑誌です。web上に残っているC5のレビュー記事は読み漁りましたが、流石CG誌の情報量は豊富で詳しく、楽しみながら読んでます。

追記 カーグラフィックTV

#318 DShttps://youtu.be/dqm_RliJ-N0

#479 ZX・Xan・XM 本国試乗>https://youtu.be/rA-qwUxQeP0

#587 シャンソンSX06:05あたり)>https://youtu.be/buVf9NaRfdo

#702 サクソVTShttps://youtu.be/5pvvjJKJZ2s

#705 特集(11CV・2CV・DS19)>hhttps://youtu.be/TwnMt2-xDcg

#1014 C2 VTS他>https://youtu.be/vO_h2yZr6Rs 

#1057 C6特集CX25GTi・SM・C5Ⅰ型後期・C6https://youtu.be/RngQnSX4EPQ

#1344 BX30周年https://youtu.be/u-CRLDbJAog

東京タワー 〜 フラミニアとジャギュアと、時々、ポルシェ 〜

こうなったら、乗りかかった灰ドロ船ということで、 目星をつけてた関東の2台を見て決めることにします。 紫陽花も盛りの頃、あいにくの大雨の中、神奈川の5.6万kmとさいたま市の4.5万kmを見て回り、同じグリトリウム色ですが外装のよりきれいな4.5万kmを購入。やっとこさです。

折角の再上京なので、翌日は前から気になってた Auto Direct を冷やかして帰ります。

東京タワー近く、ビル地下の セキュリティの掛ったワンフロアを貸し切っての、在庫40台弱のお宝たち ( シトロエンの在庫はなし) 。。。 目がくらみましたは(笑)

どえらいお金持ち達御用達のお店ですが、どうみても買えそうにないお客でも予約しておけば快く見せてくれます。

ということで、後日陸送された AutoNeeds では、今なぜか C6・C5祭り のようで、私のC5もしっかり リフレッシュプラン施行中! です。

<ちょっとお知らせ>

・7/21(水)放映「昭和のクルマといつまでも」

埼玉のショップ取材。

~唯一無二の乗り心地!シトロエンという名の深い沼~

ENGINE最新号:2021年8月号

XM愛好家の女性アート・ディレクターとAutoNeedsのXM話も掲載。またちょっと古い車に実際に乗っている評論家たちの座談会も面白いです。

Vive la suspension hydropneumatique !

一昨年までの出張で溜まっていたマイルの期限が切れてしまうので、この機を逃す手はないと、クラシック・シトロエン体験とC5V6の物件探しで東京の JAVELと下妻の Modern-Supply を訪問したのは5月中旬の事。

まずは、JAVELを訪問。
戸越銀座の懐かしい感じの商店街を抜けると、整備中のDSが道路にはみ出している建物が目に入り、あ、ココだとすぐにわかりました(笑)

ここでは、JAVEL謹製フルコン制御低圧ガソリンターボCXとC6HDiに試乗させてもらいました。
クラシック・シトロエン自体を運転するのは初めてですし、なかなか手ごわい運転感覚と緊張の中よくわからないままCXの試乗は終了。
それに比べ、C6HDiはさすがに現代車なので乗りやすく、なるほどの「どんぶらこ感」、これは癖になりますね。
ただ、いかんせん私の環境にはデカすぎですはC6。
https://javel.co.jp/models.php

2日目は、下妻の Modern-Supply へ。
HPを拝見しててそんな予感はしていましたが、元Mazdaディーラー跡というそこは、好事家にはお宝の山でしょうが、普通の人から見たらさしずめ???な場所で、因みに社長の奥様が初めてここを見に来られたときは、しばらく「絶句」されたとか(笑)

Modern-Supply つくばガレージ

もともと杉並区での輸入家具販売が本業で、シトロエン好きが高じてクルマも取り扱うようになったのだとか。
どれも整備前のベース車両の状態ですが、CXTRD5MT・CXGTI・C5V6ツアラー・C6に試乗させてもらいました。
CXは、ディーセルターボ・ガソリンモデルともやはり完調ではない感じ。
社用車のC5ツアラーの後部座席では、あれ?ちょっと固い?と思いましたが、運転席は流石の乗り心地。
C6は、お約束のロアアーム・ブッシュを交換しなければとのことで、なるほどコツコツと音をさせながらも、見事に田舎道のうねりをいなしていきます。
https://garage.modern-supply.com/

最終日は、三鷹の中古屋さんで、気になってたワンオーナー3.6万キロのC5V6ツアラーの売り物をちょこっと試乗。町中でも良い感じの乗り心地です。
それにしても、マティボワールの実物は実にいい色ですね。
社用車だったらしく、10年落ちとはいえ内外装とも新車同様で、そのため価格もかなり強気の乗りだし200諭吉(笑) 。
記録簿も揃っており、大きなところでは右フロントのサスシリンダーが交換されてました。私が試乗したのは売れてしまったようですが、 308諭吉の僅か6,000kmの1.6L版などいろいろあるようです。→
https://bit.ly/3hheR84

あまりの程度の良さに思わず「これ下さい!」とそのまま乗って帰りそうになりましたが、その時はまだ JAVELで探してもらった車をきっちり仕上げてもらって、それくらい+α の予算という心づもりだったので断念。

どちらもシトロエン愛に溢れる専門店でした。試乗体験ありがとうございました!

とまぁ、それぞれ貴重な雲上体験を元に、灰泥沼への第一歩を踏み入れた次第です(笑)