虹紀行

昨年11月、私もを見ました。

トランク・ダンパー交換やドラレコ配線の為、懇意にしているショップに入庫してた時、「ATFフルード?が漏れてますねぇ」と連絡があり、見に行くと確かにフロントバンパー奥の放熱フィンがぐるぐる巻かれたパイプの根本が滲んでるのが見え、下から見るとバンパー下の整流リップへ垂れてます。。。

とりあえず増し締め確認と拭き取りはしてくれたけど、フェンダー内へのアクセスがややこしいとのことで、シトロエン広島へ。

サービスの方曰く、「パワステ・オイルラインのアッセンブリー交換が必要だが、既に廃番。増し締め確認後、完全に脱脂し漏れは止まってるのを確認したので、当分は大丈夫」とのことで、補充するほど減ってはなかったけど、お守りにTOTALのLDS1L買ってトホホと帰ります。

以下は、検索した同じ症状の方のブログの画像を拝借してます。

蒼くなって、AutoNeedsに相談。

曰く、納車整備時に漏れ定番のカシメ箇所の増し締めやラインの状態は点検済みだが、もし高圧ゴムパイプ部から漏れ出ているとしても、ワンオフできるから大丈夫とのことで、やれやれ一安心

ということで年末の京都へ。

早速リフトアップしてもらって確認。

メカの方の診たては、パイプラインではなくパワステポンプ本体からとのこと。幸い部品も国内にあるとのことで預けて帰ります。

折角のチャンス(?)なので、初めての発条シトロエンC4の代車で京観光と洒落こみます。

因みに、インバウンド客を当て込んで完全にホテル供給過剰の京都は、ちゃんとしたビジネスホテルが朝食付きでなんと3,000円前後で泊まれたりします。

以下は、帰りと行きの計4泊分の観光のまとめ。

修理完了とのことで、2週間後また京観光を兼ねC4で受け取りに行ってきました。

しかしC4のもちもちシートは癖になりますね。また、後期C4のAL4はさらに熟成されたらしいですが、前期のこれも各ギアをきちんと引っ張れるし、変速ショックもなくストレスはなかったです。 きちんとメンテされているのでしょうね。

<閑話休題>

今回、編集をいじってて、このWordPressの「ギャラリー」メニューで画像内にテキストを入れたり、複数画像並べの機能を発見しました。

↓ 以下、説明を試みます。

.段落の一行目のちょっと上にカーソルを置くと「(〇+) ブロックの追加 が浮き上がる

.それをクリックすると下記のメニューが表示されるので、「ギャラリー」をクリックし、画像を選択しアップロード

.アップロードした画像を左クリックすると、下に「キャプションを入力…」と表示されるので入力

.さらに下に「(〇+)画像のアップロード」と表示され、実施すると先の画像と並列に並びます

画像にマウスを置き、左クリックで右上端に表示される「✖」をクリックすると削除できます

カテゴリー: C5X7さん   タグ:   作成者: C5X7   この投稿のパーマリンク

C5X7 について

大昔30年ほど前に、試乗したエグザンティアの乗り味が忘れられずで、ついに最後のハイドロ車C5X7V6を全初期化し乗り始めました。 郷里、広島に戻り、しがない定年再雇用の身ながら 車:Porsche911 3.2L 1989年式 バイク:Norton Commando 961 2017年式 の空冷エンジン2台体制で楽しんでましたが、ついに夢の増車です。 乗ると忽ち酔うので、大のポルシェ嫌いのカミさんとの旅行用という大義面分で(笑)

虹紀行」への11件のフィードバック

  1. 虹が消えてよかったですね。
    XMは外観デザインの独創的な美しさはもちろん、フロントシートは個人的にこれにまさるものはないと今でも思います。
    硬くもなく、柔らか過ぎるでもなく、厚みもサイズも余裕があり、疲れ知らずであれは最高です。

    HPは苦手なので、末尾に書かれていた機能があるとは初めて知りました。
    習得したいけどたぶん無理でしょう。

    • ありがとうございます!
      やはり、そうなんですね。
      シャープなエッジの効いたXMのデザインも見惚れます。
      そういえばXM愛好家カメラマンの記事を読んだことがあります。
      https://bit.ly/3HkEX3Z

      スクリーンキャプチャー画像を貼って、PCでの操作説明を試みました。
      お試しください。

  2. まったく同じところのケバケバのジョイントの部分ですね。と思ったらパワステポンプですか。
    アンダーカバーはエンジンルームが汚れなくていいのですが、オイル漏れは症状が進まないとわからないのが困ったところです。
    ともあれ修理完了のようで良かったですね。

    • そうですね。
      ありがとうございます。
      ディーラーの診立ては違ってましたが、点検時に丁寧に脱脂してくれたので助かりました。
      京都行きの前の下関の旅先の宿では、ダンボール箱で虹受けの用意をしましたが、お陰でリップは乾いたままでした。

  3. C5X7さん、XM愛好家の記事を紹介していただいてありがとうございます。楽しく読ませてもらいました。
    XMは初期と中期の2台を所有していました。XMをあまりにも好きになったため、その他のシトロエンについての知識は乏しい私です。
    記事にあるXM好きの写真家の気持ちはよくわかります🤗
    今乗っているC6はハイドロニューマチックの集大成で凄い車と思いますが、どちらが格好良いかとなるとXMでしょうね。

  4. いつも愉しく拝見させて頂いております。関東は慢性の新型コロナの影響で何処にも行かれず、旅行紀行を眺めながら近隣のドライブを画策するところです。
    しかし乍ら、ハイドロの致命傷でもある下血を虹に比喩されるところには流石です、余裕を感じます。僕も今後は下を覗き込む癖を付けたいと思います。成人病は早期発見早期治療が大切ですものね。

  5. 甚だ失礼ながら、最悪の状態に陥った時の心構えとしてクルマがどの様な状態になるのか?対処方法はあるのか?など有れば教えて頂ければ幸いです。
    以前乗ってたアルファロメオで箱根の山中でのタイベル切れで3時間1人ぼっちで過ごした事がありました。
    交換パーツの品質不良だったのですが。年1のレッカーには慣れてはいますが心の準備まで。

    • いえいえ、そんな大層な心構えは持ち合わせてないです(笑)
      しかし、3時間山の中は、さぞ心細いことでしたでしょうね。

      肝心のハイドロ系統は半年毎にでも点検してもらうつもりです。

      納車時は、タイベル・ウオーターポンプ・強化型点火コイル・足回り全初期化・エンジンマウントブッシュ・ATFなどひとと通りの推奨整備に加え、壊れるとされる燃料ポンプ・ドアヒンジも予備的に交換修理をお願いしました。

      またいずれ、3LV6の熱でヤラれるはずのエンジン内ヒューズボックスは、アウトニーズでリビルド可能と聞いてますが、同型品中古をヤフオクで仕入れて御守りとして積んでます。(やはり熱でやられるはずのセルモーターも近いうちに替えとかなければ…)

      因みに、少しでも排熱環境が改善するようにお飾りのエンジンカバーは外して走ってます(笑)

  6. C5X7様
    コメントありがとうございます。
    並々ならぬ愛情のかけ方に感服しております。縁あって所有されたシトロエンは大事にされて幸せだと思います。メンテを疎かにされて本来の調子を維持できぬままに消えてゆく、あまたのクルマが多い中にあって常にベストコンディションを維持されるのは大変ですから。
    僕なんかは走る止まるの基本的な部分を除いては、いつも何処か具合が宜しく無い。パワーウインドウが動いたり動かなかったり、集中ロックがたまに効かない。たまにメーターが踊り出したりとか。そんな感じでしたのでマイナートラブルに麻痺してたように思います。初めてシトロエンを所有して実感するのは、イタ車はよく壊れる、シトロエンは割と壊れない。程度の差はあるでしょうが概ねそんな風に感じてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください