10月お茶会

C5 aircrossよりPicassoのほうがFウインドウからルーフにかけては遥かに大胆なライン。
新旧のC5
Xmは「これ輪島塗ですか?」といいたくなるような傷ひとつないヌラヌラの塗装で、Kさんの気合を感じます。
スタンダールじゃないけれど『赤と黒』の2台。こんなにも車高が違うんですね。


10月お茶会」への2件のフィードバック

  1. お茶会の帰りに後方を走っていたchiracさんから電話があり、右側のブレーキランプとナンバー灯が切れている、右前の車幅灯も切れていたようだとのご指摘。帰って調べるとその通り切れていました。
    いつ切れたのかわからないけど、3個も切れたまま走っていたとは驚くとともに反省🥲
    翌日曜日に新品に変えました。
    chiracさん、ありがとうございました。

  2. あのとき、はじめにkunnyさんのナンバー灯の右が切れているなぁと思っていたら、ほどなくSさんから電話があり、自分の車のSTOPランプが切れているみたいなので確認して欲しいとのことで、走行中前後を入れ替わって見たらやはり切れており、その連絡をしたら、今度は信号でkunnyさんの後ろについたSさんが「kunnyさんのSTOPランプも切れてますね」ということになりました。
    で、最後に右折される際に、直進する私がバックミラーで何気なく見たら、フロントのスモールも切れているように見えたという流れでしたが、3個すべてが右というのも不思議ですね。

    球切れって、なかなか自分では気づけませんが、それで万一整備不良の切符でも切られちゃたまらないし、それこそ警告灯があればいいと思いますが、歴代シトロエンはないですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください