天井内張の修理を行いました

ご無沙汰しております。埼玉在住のTama(y)です。昨年3月に福岡で購入し、5月より関東地方で走っている私のC5iiですが、元々弱っていた天井の内張りが夏の暑さに耐えらえず、ついに剥がれてきてしまいました。前車のブレークでもやはり8年を過ぎるころには剥がれてきていたので、日本の環境ではこの程度が限度なのかな、とも思っています。

作業については、前回ブレークに作業していただいて好印象であった新潟県長岡市の内装屋さんに再びお願いしました。我が家からですと片道220km位なので楽しいドライブです。

久しぶりの日本海です。太平洋とは色が異なりますね。バンパー下部のデイライトはブレークに引き続き取り付けました。
内装屋さんに行く前に、出雲崎というところに寄ったのですが、町の一角に原油の掘り出し施設が保存されていました。新潟では原油が産出していたのは教科書で知っていましたが、思いがけず掘削施設に出会いました。

内装貼り替え時には、全く同じ生地を手に入れることはできません。作業依頼時に、サンプル帳からできるだけ似た印象の生地を選んだつもりでしたが、少し色味が合いませんでした。

予めサンプル帳を自宅にお送り頂いて、生地の事前手配をお願いしておきました。もっとほかにもある様ですが、これで十分ですね。

選べる生地は、営業車に使うようなビニールのパンチングのものから、メッシュやモケット、アルカランタラまであり、価格差は凡そ8倍あります。色味としては多くはグレーやベージュなどですが、中には真っ白とか赤など、なんに使うのだろうというのもあります。

また、今回は天井に断熱・遮音材の追加施工を依頼しました。これにより残暑での暑さの緩和に期待していました。しかしながら関東地方はここ数日、夏が終わってしまったかの様な肌寒い曇天が続いていて、断熱効果の程は分かっていません。ただ、長岡からの帰り道は大雨の中を帰ってくることになり、遮音材の効果で天井をたたく雨音が静かになったのが印象的でした。

内装屋さんから送ってもらった施工中の写真です。プロが貼るとやっぱり綺麗です。
今年の8月頃、リアシート上の内張が浮いてきてしまいました。これ以外にも前端部なども剥がれてきていて、我慢の限界でした。

作業後の状態です。すっかりきれいになりました。今回選択した生地はオリジナルより若干青みがかかっていて、少し印象が変わりました。ちなみに天井断熱材は施工後となっては全く分からない状態です。 (写真を撮影した時の天気がだいぶ違うので印象が変わってますが、張り替えたのは天井だけです)

また、前回ブレークでも施工してもらい、実績のあるヘッドライト磨きとコーティングもお願いしたので、当分はライト回りも綺麗なままで維持できそうです。