Suspension Hydro-Active III+

~小林彰太郎氏絶賛で試乗したXantiaの乗り味が忘れられずで、遅ればせながら26年ぶりにようやく灰泥沼の世界へ~

CITROËN C5(II) シトロエンC5(2代目)が欲しい!! | BUYERS GUIDE

豪雨もあって、納車を遅らせ、ようやく引き取りに行ってきました。

<足回り初期化内容>

折角の京都行なので、前日は二条城をゆっくり観光。 小雨交じりの天気な上に、なにせ蒸し暑い。。。(京の人に言わせるとこれでも涼しいそうですが笑)

町をそぞろ歩くと町屋の軒先には祇園祭に因んだ粽が飾られ、季節柄、地域ごとの地蔵盆も行われてます。

東大手門の隠し「千鳥」の装飾。徳川家康が好きだからということらしい( 城郭考古学者 千田嘉博氏の情報 )
夜は小さな割烹で、刺身・落とし・ 皮の湯引き・しゃぶしゃぶと初めてちゃんとした鱧を食す。なんでもこの時期が旬なんだとか。お酒は洛中に残る蔵元(俳優佐々木蔵之介の実家)。どれも大変美味しゅうございました。

肝心の二の丸御殿内の狩野派の障壁画群は、ほぼすべてレプリカですが、保管庫を兼ねた収蔵展示館の本物には息をのみます。

翌朝、AutoNeedsで一通り説明を受け、慣れない巨艦にたじろぎながら岡山の蒜山高原を目指します。比べるのも変な話だけれど、空冷ポルシェより全長で49㎝長く、21㎝幅広く、15㎝高い(笑)

「8116」と悩みましたが見た目の感じで「4106」と洒落てみました(笑)
@蒜山高原 ハーブガーデン ハービル
境港から西に広がる「中海」を望む

初日は緊張と興奮でよく判らなかったハイドラクティブⅢ+の足の動きですが、翌日は一般道低速時の、高速道路ぬわわなハイスピード域での、とそれぞれの道のうねりに対する身のこなしにぬほほとなります。

以下は皆さんご存じと思いますが、そんな道路上での各機構の働きを透視図で解説した動画。

ソフト設定時には7個すべてのスフィア、ハード設定時には4個のスフィアを稼働させている様子を緑の点滅で見せています。(ハイドラクティブのスフィアは銀玉ですが、ハイドロニューマチックの時の緑玉のイメージを踏襲しているんでしょうね)

あと、今ひとつまだ慣れないのがハンドリングの感触。

うまく表現できませんが、その癖はこの方の書いている感じに近いと思います。

帰路、立ち寄った水木しげるロードにて

ということで、関東でのクルマなし生活から郷里広島へ戻り、約20年ぶりにクルマのある生活(クルマとバイクの空冷2台体制)を楽しんでましたが、ついに増車。
乗ると途端に酔うので、大のポルシェ嫌いのカミさんとの旅行用という大義名分で(爆)


ガソリンキャップ

AliExpressを漫然と覗いていたらガソリンキャップ売っているのを気づきました。C6のガソリンキャップをつなぎとめるヒモ?が切れていてどうしたものかと。車種や年式の近いものを購入してみました。

付け根の所で切れてます。

キャップもろとも交換は期待せずヒモの部分だけ使えればいいかなと。1,073円。Car Oil Fuel Filter Fuel Tank Cap for Peugeot 301 3008 508 408 308 Citroen 2014 Elysee C4L

キャップからヒモの部分を外すとほぼ同形状

無事到着し比べてみると大丈夫そう。

無事装着できました。

無事に装着出来て満足。でしたが、給油に行くとつながっていると、キャップがボディに接触した状態でブラブラしてしまいイマイチ。分離出来たほうが便利だったかも?

音楽好きですか?

操作する機材です

音楽信号をデジタル>アナログに変換する機材です

音を出してるスピーカー
アンプです
CDを聴く機材・CDチェンジャー(もう死語ですね

音楽を良い音で聴くのが好きで、30年以上前に購入した機材をOHしながら使用しています。幼馴染みで詳しい友人がおり車を乗り換えたら都度取り付けて貰っています。
自宅にもオーディオセットはあるのですが、家族にうるさい!近所の迷惑とか言われもはや車の中で一人ひっそりとドライブしながら聴くことがもっぱら。これでジャズを聴くのが好きです。C6にも設置場所に苦労しましたがなんとかセットできました。

車検の代車<C5ツアラー>

今回2度目の車検の為C6を預けて来ました。お店の方が気を利かせて、ハイドロC5ツアラーを用意してくれました。(前回はプジョーのオープンカーでした)乗り心地はC6より軽い分ふわふわ感が強いですね。特筆すべきはこのシート、色んなとこが電動で動いて座り心地がとても良いのです。
シトロエン=乗り心地良い の噂は事実ですね。シートはC6と交換したいくらい。
今までイタリアの車ばかりで故障は当たり前だと認識してましたし、それなりに覚悟もあったのですがホント壊れない。前オーナーは法人の社有車でディーラーにてきちんと整備され、安心できる個体だったので購入したのですが。IGコイル全交換くらいかな、あとは前回足回りに手を入れたので、これは故障じゃないかと。
愛着もひとしお、コツコツ予備パーツなんか手に入れたりして整備していこうと思案中です。

初めまして

この度、当クラブに参加させていただきます。

免許を取得してからイタ車ばかり所有しておりましたが、今回偶然にもC6の存在を知り縁あって所有に至りました。

何分初のシトロエンにて素人ゆえ、ご教授いただけましたら幸いです。

今後ともよろしくお願い致します。

消えゆくSHELLの灯

シェルがアポロに統合されて、いずれ無くなるというショッキングな話を聞いたのはいつごろだったか…。
それがここへきて現実のものとなり、街中からあの何十年と目にしてきた貝殻のマークが、一つまた一つと消えるようになりました。

私が給油してるSSは開店して間もない新しいところだったので、もうしばらくは大丈夫だろうと思っていたら、先日給油に行ったところいきなりアポロのマークになっていて衝撃を受けました。

しかも、アポロのマークは従来の出光のものとも違い、ややシンプルすぎるような印象。
シェル時代の黄色と赤で統一されたスタンド内のあの雰囲気もなくなり、味も素っ気もないもので寂しい限りです。

多くの自動車ファンから支持されていたシェル独自のハイオク「V-Power」もこれを機になくなり、ただのハイオクになってしまいました。この先はEVの時代で、燃料自体がこれまでのように手に入るかどうかもわからない時代が迫っているのかもしれず、寂しい限りです。

Lomax

暑い暑いといいながらの買い物の帰りに、珍しいクルマに遭遇。

ご近所の高級サイクルショップ HILLCLIMB のオーナーの知り合いの方の3Wheeler。

モーガン?と思ったら、Lomax という、1980年代に英国で起業した所謂「キットカー」で、4輪モデルもあるんだとか。

これは、みなさんに馴染み深い Citroen2CV の空冷フラットツインを載せたモデルですが、中には Moto Gutti の縦置きVツインエンジンを載せたモデルもあるようです。


<軽四のオルターネーター換装やオイルキャッチタンク設置>


<Lomax 223 = 2気筒2馬力3人乗りの意) >


<インボードブレーキはディスクに換装>


<運転しやすいようにABCペダル・シフトレバー・ハンドルの位置を調整し、バケットシート装着>


<可愛らしいお尻(笑)このホロの留め具をめくったところにガソリン注油口が>

FRPボディの車重400kg台のFF駆動、さぞかし軽快に走るでしょうね。

楽しそうです !

涼をとる

猛暑が続きますね。夜でも外気温が連日30℃を越しており、車には過酷ともいえる季節が続いています。

以前、ducaさんのアドバイスで、停車後はできるだけボンネットは開けて放熱を助けたほうがいいとのことで、今でもその教えを守っています。さすがに出先でまではやりませんが、帰宅後は必ずボンネットを開けてから、ガレージを後にするというのが習慣になりました。
ボンネットを開けた瞬間の、顔が炙られんばかりにグワッと立ち昇ってくるすさまじい熱は、たしかにこれをするとしないとではゴム関係などの劣化がずいぶん違うだろうなぁと思います。

C5-aircrossのボンネットはカタチがちょっと変わっていて、左右に水でも溜まりそうな大きな凹みがあり、それが走行中も視野に入りますが、なんとなく愛嬌があります。
壁に見える「CITROEN」の文字は、昔のディーラーが閉鎖する際に「要りますか?」といわれ、二つ返事でもらって帰ってきたものですが、こうして見るとバカ丸出しですね。その手前に大きな梁があるおかげで、外からは見えないのが幸いですが。

また、走行距離が3000kmをこえたので、厳しい夏を迎えるにあたり、規定では定められていないけれど自己満足もあって7月初めエンジンオイルを交換しました。
純正は0W-30ですが、ちょっとどうかな?…という気もするので、オイル屋さんと相談の結果5W-35に。こちらもducaさんご推奨のニューテックというオイルですが、クリーンディーゼルというのはどうもオイルの規格に厳しいようで、輸入元へ何度も調べていただいた上で適正であるとの回答を得ての交換でしたが、やはりエンジンオイルは新しくなると気持ちも晴れやかです。

オイルショップにて。最近は省エネという狙いもあるのか、0Wなどというのが普通になってきていますが、せめて5Wほしいというのはそこのご主人も同意見で、そのぶんわずかに燃費悪化に反映されるかもしれないけれど、やはりこれくらいが落ち着きます。
ニューテックはもともと良質のオイルではありましたが、ディーゼル特有の音もほんの少し角が丸くなり押さえられた印象です。