Xm ラックブーツ交換

一月ほど前のことです。ガレージの床に怪しい染みが出来ていました。
辺りを覗いてみると、運転席側のラックブーツが切れていました。
染みはLHMのようですが、少量で漏れた場所の特定には至りませんでした。夏に車検を控えているので、とりあえず、eBayでラックブーツを手配しました。

今回のラックブーツはリトアニアから約2週間で届きました。ゴム製のブーツです。
その間、漏れの様子を観察していましたが、増える様子は無さそうです。

ステアリングラック内部からのLHM漏れだと、ラック降しからの~ピニオンバルブOHコースですが、今回は、ブーツ交換のみでよさそうです。
ステアリングシャフトとボールジョイントを清掃して、新しいグリスを充填、ラックブーツを取り付けました。 

また新しい宿題も見つかりました。サス・リターンホースのひび割れです。早速、リトアニアに発注です。

             つづく

Xm ラックブーツ交換」への8件のフィードバック

  1. ブーツが破れていると車検も通らないので、交換する以外ありませんね。
    今はネットやeBayがあるのが救いですが、昔ならディーラーから買うしかなかったことを考えると便利にはなりました。
    といいながら、私などはSさんに頼りっぱなしの部類ですが、リトアニアというのは意外によく耳にしますね。

    • リトアニアからの部品は、概ね安価で非常に助かります。古いシトロエンの整備には欠かせませんです。

  2. atsucx25さん
    やってありますね~。当方は軟弱で これは実行した事が無いのですが、タイロッド調整箇所を緩めてブーツを通すんでしょうか?
    組戻しは元の寸法を測っておいて合わせるのですか? 
    サイドスリップ等は再測定が必要になるのでしょうか?

    ストラット・リターンホースのひび割れなんですね!
    当方では、以前 Xan で仕事中、高速S・Aにて車の下にLHM漏れを発見、前ストラットのリターンホースからでした。
    運よく上側差し込みの首の所の亀裂からで、長さに余裕が有りそうだったので、亀裂までの3センチ程切り離してアセテートテープで少し補強し 改めて半分ほど差込み直し 念の為細いタイラップで留めた所、何とかイケそうで、数日後のディーラーより部品左右入手/交換迄持ちこたえてくれました。
    Xanは、14年31万kmでしたが、これは 8年18万kmの頃の事です。
    古いパーツもリトアニアから手配できるのですね!
    心強いですね。
    atsucx25さんのXMとの対話(笑)等今後とも楽しみにさせて頂きたい所存です。

    PS:ピッカピカの新品ゴムブーツ等見たら、ムズムズしてきます。それはラバープロテクタントを噴射したくなるからです。(笑)

    • duca900c5さん
      おっしゃる通り、タイロッドエンドを外して、ブーツを通します。この時、タイロッドの上側に合いマークを付けて、ネジ山の数を数えておきます。元通りに戻せば、測定は必要ないと思います。

      ストラット・リターンホースは、3年前に交換しているのですが、劣化が早過ぎるような気がします。BXから変わらない部品で、Xanでも交換したことがあります。ducaさんのXanは新車から?相当長持ちでしたね。

      ラバープロテクタントを塗っておけば、延命できたかもしれませんネ。このまま、どこまで持つか実験してみましょうか。

      • 合いマークとネジ山の数が、キーポイントですね!確かにそれでしたらイケそうですね。

        いつ頃からラバープロテクタントを乱用してたか定かでは無いのですが、当リターンホースも該当していたのかも知れません。(?)

        そうですね、atsucx25さんは免疫もお強そうですし、手元にブツが有ったら安心して実験やれますよね~。是非オキバリ下さいね。只はっきりしているのは、漏れ出るまでは行ける!と云う事でしょうか。(爆笑)

  3. atsucx25さん
    はじめまして、congと申します。ステアリングラックブーツと言えば、自分はBXに乗っていた頃、CMLで教えていただいた国産の大◯ゴム社製のラックブーツに交換して、かなり耐久性が上がったような気がします。あの頃はドラブイブシャフトのブーツやエアコンのリキッドタンクなど、なるべく国産部品を流用する国産化に拘っていました。XANの時だったか、ステアリングラックブーツのメーカー純正品は国産品と比べると薄いと言われたような気がします(自分で検証したわけではないので、確証はありませんが)。自分の感覚ですが、ゴムパーツが日本の気候に合っていないようですぐに劣化するように感じます。海外のフォーラムを見ているとXANのステアリングラックブーツの社外純正品のサプライヤーごとの良し悪しの比較の投稿などもあります。伏字になっていてどのサプライヤーか自分には良く分かりませんが…。プラスチック製が良いのかゴム製が良いのかetc…。自分の素人考えではステアリングを切る際に伸び縮みしてブーツが切れると思うので、耐候性にすぐれた国産部品で少し余裕を持たせた長めのブーツで合うものがあればベストな気がいたしますが、どんなものでしょうか。

    • congさん、こんばんは!
      ボクのシトロエン・デビューは、BX19TRiで1997年から13年乗りました。はじめのうちは、整備もショップ任せでしたが、BX.citroen.org等に刺激を受けて、自分で弄るようになりました。その頃、大◯ゴム社製の製品を使った記憶があります。BXでは、ありとあらゆるゴム部品がダメになり、ほとんど交換していましたね。そのBXは20万キロ超えたところで、ヘッドガスケット抜けの修理中にヘッドボルトを折ってしまい、諦めてしまいました。以降、CX~Xantia~Xmと乗り換えてきましたが、チャンスがあれば、もう一度乗りたいクルマです。

      今、Xmのラックブーツは、右側がゴム製、左側がプラスチック製が付いています。左側も一度はゴム製のブーツに交換したのですが、造りが悪くて、度々外れていたので、再度、プラスチック製のブーツに交換する羽目になりました。国産品でサイズが合えば最高ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください