意外な共通点

シトロエン愛好家の多くは、クルマ以外にもあれこれ趣味をお持ちの方が多く、私の場合、もうひとつの趣味が音楽でありピアノです。

この両者、意外にも通じるところがあって、日本のピアノメーカーでトヨタに相当するのはみなさんご存知のヤマハ、カワイはさしずめ日産といったところでしょうか。
そのヤマハのグランドピアノのモデル名というのが、実はシトロエンとそっくりで、標準モデルはC1〜C7というラインナップで、数字が大きくなるほど大型化するのも同じです。
ヤマハにはC4というのはありませんが、そこだけプレミアムシリーズでS4というのがあり、逆にシトロエンにC7はないけれども、DS7というのがあるのも好対照です。

これだけでは終わりません。ヤマハの現行モデルでは数字のうしろにXがついてC3X、C5Xとなり、これを総称して「CXシリーズ」と呼ばれるのもエッ?という感じでしたが、それでいうとカワイのグランドピアノには1980年代に「GSシリーズ」というのがありました。
さらに驚いたのは、つい最近発表されたシトロエンの最新モデル名は、なんとC5Xだそうで、またもヤマハピアノと同じモデル名になったとは、こんな偶然ってあるの?という感じです。

上の写真は、ピアノの内部には「フレーム」という弦を張るための鉄骨があり、そこに印されたヤマハグランドピアノのモデル名。

ついでにいうと、カワイのグランドの標準モデルは数年前までRXシリーズといい、サイズによってRX-3RX-7というのがあったし、1980年前後にはヤマハのアップライトピアノの高級機にW201という、メルセデスの190シリーズのような名のピアノがあって、これは現在ではあり得ないような手の込んだ杢目の堂々たるボディが特徴で、40年たった今でも値崩れしない人気モデルだったりします。

さらに海外に目を向けると、イタリアにはFAZIOLI(ファツィオリ)という高級ピアノのメーカーがありますが、そのモデル名はF228、F278、F308といった具合に、まるでフェラーリを思わせるようで、275GTBとか308シリーズ、F355などを想起させられます。FではじまりIで終わる7文字の会社名、カタカナで書いてもフではじまりリで終わるというのも共通しています。

〜だから何?という話ですが、ちょっとご紹介してみました。

Xmのサスロック修理

フロントのスフィア3個を換えても、乗り心地がイマイチなXmです。ガチガチではないのですが、フワフワでもありません。どうやら、悪名高きサスロックのようです。

怪しい部品はこの二つ、サスペンションECUとフロントのソレノイドです。元Xm乗りのY氏から譲り受けたものと交換しました。

外したECUの基盤です。左上の焦げている所にフロントのソレノイドを駆動するリレーが付いています。リレーが焼損して適切な制御ができなくなっていたようです。

ソレノイドの内蔵ダイオードが破損して、コイルの逆起電力でECUのリレーを壊します。ここは万全を期して、新品に交換しました。


ロングドライブは未だですが、段差を越えるときの当たりが柔らかくなり、車体の動きがおおらかになったように感じます。一般道ではソフトモードの方が乗りやすいですね。

LEXIAでエラーを消して、ソフトモードを確認しました。

似てる

カーグラの6月号で「あれっ?」ということが。

巻頭はBMWのMの特集で、そのあとP58から「日仏コンパクトカー対決、お薦めはこれだ」という比較記事があり、そこにはマイナーチェンジされたC3もエントリーしています。
さらにその次の記事というのがP66からの「マクラーレン エルバ」というどえらいモンスターマシンの記事なんですが、なにやらさっき見たようなものが…と思ったら、あらら、ホイールのデザインがほとんど同じなんです。
しかも、車両価格はC3は259万円、マクラーレン・エルバはなんと2億500万円だそうで、C3の約80台分のお値段!それなのにホイールのデザインが酷似しており、記事も隣り合わせというところが笑えました。

で、考えてみたら我がC5エアクロスも、ほぼ同じようなデザインで、個人的にはそんなに素晴しいデザインとも思えず、なんで?…と不思議です。そもそも黒基調で一部だけがポリッシュの銀色というのも趣味じゃないのですが、こういうの最近多いですね。

ちなみに、昨日は出かけたら、DS4、プジョーの308、3008、2008、ルノー・カングー、C3(MC前)☓2、C3エアクロスなど、やたらと遭遇しました。
しかも、C3とは信号で横に並び、2008とは駐車場で隣に並んだのに、いずれもドライバーは無関心でツーンとした感じでしかなく、昔だったらなんとなく互いにチラチラ見るような楽しい気配があったことを思うと、時代もオーナー層もすっかりかわってしまったんだと思います。

C6整備から戻りました

フロントサスペンションストラットとスフェア交換を主治医にお願いしていましたが、サスペンションのハイドロ高圧パイプからLDS漏れで長引きました。

交換されたスフェアと高圧パイプ

土砂降りの合間を狙ってC6引き取ってきました。交換前もハイドロの揺れ具合に不満もなく乗り心地が変わらなかったらどうしょうなどと思ってましたが。kunnyさんも書かれいましたが、とんでもない。びっくりしました。揺れ具合が抑えられあくまでもフラットに走るのです。平坦な道であれば鏡を滑るような。

このまま有給休暇申請を出そうかと思いました・・。雨がやんだらドライブ行くぞ。

交換した部品たち

CITROEN純正とEUROREPARのスフェアの形状は意外と違ってます。LHM時代の緑のスフェアは純正も互換品も外観は同じように見えたのですが、少し小さく見えます。写真はリア玉で右側がEUROREPARです。耐久性はこれから確認となります・・。

感激しました。

サス玉を換えてはみたものの…

最近、Xmの乗り心地が悪くなり内臓に響くように感じていました。過去の経験からサス玉のパンクを疑い、フロントのサス玉3個を交換しました。

外した玉は、I.F.H.S.製で、1個はパンク、1個は10barしかありませんでした。アド玉は55barでした。3年15000kmと短命に終わりました。

取り付けたサス玉は、信頼の対策玉で中古ストック品ですが、走行10000kmで圧は規定値の40barです。アド玉は65barでした。

ところが、これでトレビアンな乗り心地が復活する予定だったのですが、まだゴツゴツした感じが残っています。

どうやら、ちまたで噂のサスロックのようです。始動時にメーター内のチェックランプが点いていたので安心していましたが、そんなこともあるのですね。

フロントのエレクトロバルブが仕事をしていないようです。

つづく

復活に向けて

4月のお茶会の席でのこと。
長らくガレージに置かれていたkunnyさんのCXが、熊本のHさんの手に渡ることで話がまとまり、今月に入って移動作業も進んで無事に完了したようです。

何年も動いておらず、バッテリーも空っぽ、タイヤの空気も抜けていたそうですが、Hさんは車屋さんを伴って車載車で引き取りに来られ、ついに長年住み暮らした福岡を離れて行ったそうです。

内外のどれひとつをとっても、旧来のシトロエンの味わいとスタイルが貫かれています。
エレガントなシートひとつでも、車全体の性格を表している気がします。

CXは生産終了からすでに30年余が経過していますが、最近のクラブ内でも売買の動きがあり、往年のシトロエンの一時代を担った代表的なモデルとして、再評価される気運が高まってきているのかもしれません。
この車が再び私たちの前に姿を現すのはいつごろなのか、楽しみがひとつ増えました。

丸々1日かかっての作業だったそうです。やっぱりカッコいいですね!
遥けき眺望の新天地に降り立った宇宙船。右の車載車がここまで運んできたのでしょうか?
とりあえずエンジンはかかって、メカニックが驚くほど静からしいです。

捨ててしまった!

連休の中ごろ、突然AさんからLINEで雑誌の写真が送られてきました。
添えられたコメントによると、連休中、断捨離されているときにCar Magazineが出てきて、なんで取ってあるのか中を見ると、私の試乗記が掲載されていたとのこと。
は?…なんですか、それ?

狐につままれたような気になってから数日後、Sさんが思い出してくれたところでは、20年ほど前、東京の車屋さんがCar Magazineの取材で編集部の方を連れてCCQのミーティングに来られたことがあったと言われ、あれこれ話を聞いているうちに「あ~~~!そういえばそういうことが…」という具合に思い出しました。
むかしXantiaのディーゼル(M/T)で高速をかなりの距離乗ったことは覚えていましたが、その前後のことは見事に忘却のかなたでした。

たぶん自分でも持っていたのに、すでにCar Magazineはごっそり処分してしまって、もう手許にはありません(275号/2001年5月)。
ネットで購入してみようかと思いましたが、送料を含めると、中古の雑誌を定価より高く買うことになり、そうまでして…と思いやめました。

送っていただいた写真。Car Magazineの長期テスト車?だった並行輸入のXantia 2.0HDi Breakを熊本からの帰りに運転させていただき、その印象を長々と臆面もなく書いたようです。2ページの大半が私の駄文で占められているみたいで、担当者はそのまま使ってしまえば仕事しないで済む!と思ったんでしょうね。
私のとなりにSさんが立っておられ、創設30年が近づいてるいま、初期メンバーとはずいぶん長い付き合いになったものです。

Exhibition

CCQメンバーで、車をモティーフにした作品を描かれている大弓 鎮さんの個展が開催中なので見てきました。

クルマ好きでないと描けないツボが押さえられており、程よいデフォルメとセンス溢れる色彩など、心を捉える作品が多く、シトロエンもいくつかありましたので、その中からこの一点をわけていただきました。

どこに架けようかな?

会場は、R’s cafe(筑紫野市原田6-5-5)で、5月9日まで開催とのことです。

※作品の掲載および本名の公開はご当人の許可を得ています。

C6 整備に出しました

Aです。

前回投稿から+1,300kmを伴にしました。主治医より入庫いいよの連絡を受け、エンジンオイル漏れと足回りのリフレッシュをお願いすることにしました。

左からフロントサスペンションストラット、スフェア群、LDS

エンジンオイル漏れでは、カムシャフトソレノイドバルブを2個とバキュームポンプガスケット。

足回りリフレッシュでは、フロントサスペンションストラット 5271L7と5271L8ともに63,600円とスフェア、フロントアディショナル1個、フロントスフェア2個、リアアディショナル2個、リアスフェア2個の合計7個

仕上がった後の乗り心地はどうなりますか。

C6とC5のサスペンションの構造は同じマルチリンクでハイドラクティブⅢプラスですがフロントサスペンションストラットのお値段が倍ぐらい違うのですね。謎だったのですが、WebのC6とC5のサスペンションサポート部分の写真を見比べていて気が付きました。C6のストラット頂部にコネクタが刺さっていました。同じくWebを漂っていると「従来のハイドラクティブ3+ 対しての追加機能 可変ダンピングシステム ・・」の書き込みもありますが、それ以上の詳しいことが無くよくわからないです。

フロントサスペンションストラット頂部

早く戻ってこないかなC6

これぞ趣味の世界

ducaさんから教えていただいたBS11の番組、楽しく視聴しました。

英国のクルマ番組で、£5000の予算で車体購入から修理までして、それを仕上げて売却するという趣向。その仕入れ段階から修理の過程、仕上がって売却してどれだけの儲けが出たかをおもしろおかしく紹介する番組でした。

フランスで何台かのDSを物色した後、非常に綺麗なブルーの車体が見つかり、値引き交渉も成功して意気揚々とイギリスに持ち帰り、ガレージで待ち受けるメカニックに見せますが、さっそくオイル漏れなどいくつかの問題点が発覚。

「これは困った!」などといいつつも、いずれもスイスイと問題解決し、とくに破れたシートには新品の表皮があって、新品のように生まれ変わったりと、やはり彼我の根本的な環境の違いには目を見張りました。

車体はDSとされていますが、正確にはむかしDSに対して廉価版のIDがあったように、最終世代ではDSの廉価版にはDシュペール(D Super)というのがあって、そちらでしたので例の特徴的な変速機はない個体でしたが、内外いずれもまぎれもなくDSです。

最後の「5」とは何の意味? 5速のミッションということでしょうか?

実は、はじめの走行シーンからちょっとした違和感があったのですが、それは車体の揺れがどうみてもDS特有のフワ〜〜〜ンではなく、せいぜいCXぐらいのきわめて常識的な動きで、もしかしてスフェアが要交換なのか?と思いました。
すると、上記のオイル漏れを修理する際にわかりましたが、スフェアはDS用のあのドンブリみたいに大きなものではなく、LHM時代に見慣れた普通の緑のスフェアでした。

DS用とは思えぬ、いたって普通な感じのスフェア。オイル漏れ修理の様子。

Dシュペールではこの緑のスフェアが標準なのか、ドンブリ型のものが不足しているのでこれで間に合わせているのか、そのへんはわかりませんが、映画などで目にする、DSのあのウソみたいに深くゆったりした上下動は、例の巨大スフェアあってのものだろうと思います。

フランスからイギリスへ旅の途中。うしろにXsaraが見えますね。


ちなみに、このDSにかかった費用は車体£3800、その他修理に要するパーツ代や燈火類のイギリス仕様への変更など含めて合計£5185。
1£=150円としても、わずか78万円ほど。
ほれぼれするような一台として仕上がり、番組最後には新オーナーもすんなり決まったようです。買った人は£7000(約105万円)でゲットしたので、番組としては27万円ほどの利益が出たと大喜びでしたが、そこに工賃は入っていないし、実際には他にも手を入れなきゃいけない部分もあるとは思いますが、いずれにしろ大バーゲンですよね。

趣味というのは、本来、金銭的にもこれぐらいのものだと、さぞかし楽しいだろうなぁと思います。

DSの次は、ベントレーのミュルザンヌターボでしたが、これもやはり予算は£5000で最終的には見事な仕上がりとなり、クルマ趣味とそれをとりまく文化の違いにため息が出るばかり。
あんな恵まれた環境に生まれていれば、私だって、もしかしたらDSにも一度くらい乗っていたかもしれないなぁ…なんて思いました。

デザインの個性

クルマのデザインのオリジナル性という点では、初期モデルが最も色濃く現れていると言われますが、とりわけシトロエンの場合はその流れを見ていくのは面白いと思います。

DSでも初期の丸目を好む一派があるそうですが、私はお馴染みのMC後の一体式ヘッドライトほうが断然好きです。逆にダッシュボードに関しては圧倒的に初期型がかわいらしくて良かったりと、好みはまさに人それぞれ。
CXも最初期のゆでたまごみたいなプレーンなモデルと、最後のモダンかつ高級感を打ち出したシリーズ2では、ずいぶん印象が違います。

シトロエンらしく、かつ意志的な表情も兼ね備えたフロントマスク。

決してどれが最良と言っているのではなく、それぞれの変遷を辿るのが興味深いのですが、好みはあるとしても、あまり頑固に偏った見方をするのは却って視野を狭めるのではないかと個人的には思います。
いまだにXmにもXM時代のダブルシェブロンを横にずらしたものがいいと信じ切ってグリルをわざわざ付け替えたり、すごい人になるとC6のリアフェンダーを板金してタイヤが半分隠れるよう、覆いを作ってしまうような頑なな方もおられるようですが、私はああいうことは賛成しかねます。

このスッキリした端正なフォルムは初期型ならではの魅力では?

C5においても、それぞれの個性があると思いますが、初期型には初期型だけがもつ佇まいと、完成された造形の印象を覚えるところがあり、3月の公園ミーティングの折にSさんのC5を撮らせていただきました。
2型も次の時代を予感させて素敵ですが、1型には全体を通じて首尾一貫した完成度があると思うのです。

黄色いヘッドライトとあいまって、シトロエン臭ムンムンで、どことなくCXに通じるものを想わせます。

ちなみに、Sさんの次なるC5の新しいタイヤはアメリカのアームストロエング。
SさんはCCQ内でも、シトロエン=ミシュランという不文律をいち早く打ち破って、MOMOタイヤを最初に装着されたこの分野のいわば開拓者です。
おかげで私を含め、多くの人がこの流れに続くことになったわけですが、だれもやっていないときに、最初の扉を開いた人の勇気は尊敬に値します。
そして今また、シトロエンにアメリカのタイヤを組み合わせるという思い切った組み合わせに再び挑戦されたようです。

Xm ラックブーツ交換

一月ほど前のことです。ガレージの床に怪しい染みが出来ていました。
辺りを覗いてみると、運転席側のラックブーツが切れていました。
染みはLHMのようですが、少量で漏れた場所の特定には至りませんでした。夏に車検を控えているので、とりあえず、eBayでラックブーツを手配しました。

今回のラックブーツはリトアニアから約2週間で届きました。ゴム製のブーツです。
その間、漏れの様子を観察していましたが、増える様子は無さそうです。

ステアリングラック内部からのLHM漏れだと、ラック降しからの~ピニオンバルブOHコースですが、今回は、ブーツ交換のみでよさそうです。
ステアリングシャフトとボールジョイントを清掃して、新しいグリスを充填、ラックブーツを取り付けました。 

また新しい宿題も見つかりました。サス・リターンホースのひび割れです。早速、リトアニアに発注です。

             つづく

整備入庫3か月

12年乘った前のC5ⅡV6が、昨年12月5日に高速での一気の京都往復にフューエルポンプが焼き付きタンクまで交換が必要との事態に。
既に11万2000km走行の車両への愛着も有り悩んでいましたが、京都のKモータースで見つけた走行5万キロの全く同じタイプのシルバーメタリックのC5Ⅱに買い替えを決心しました。

12月22日の品川陸事到着、名義変更を済ませ、年が明けてタイヤを新品にして1月11日に頼みの綱の横浜のシトロエンディーラーに整備を依頼し、作業は概ね1か月プラスくらいで仕上がったと思うのですが、今回コンフォートスフィアを決心したのですが、これのフランスからの到着がコロナによる空輸便の減便の影響とのことで4月9日まで待たされる羽目になりました。

結果完全に3か月経過した4月10日に無事手元に却って来ました。
心配したコンフォートスフィアの乘り味やコーナーの腰砕けは杞憂に終わりしっとりとした走りは、エンジンのきめの細かさも相まってとても良い印象でした。
スフィアの耐久力は3-4年とのことでしたが一先ずこれを暫くは味わってみようと思います。

2007年10月から前オーナーが手放された昨年6月までに5万キロしか走っていないということは平均月330Km位ですから本当に乗らない方だった訳で、有難くも有り少々心配でも有ったので充分に整備をしようと心に決めてかかりました。

入庫前のタイヤ交換、入庫後の整備内容は12カ月点検,コンフォートスフィア6個全部交換、LDSオイル交換、エンジンオイル交換、スパークプラグ交換、イグニッションコイル全部交換、マルチベルト交換、タイミングベルト交換、インテークカムシャフト2本交換、ウォーターポンプ交換、バッテリー交換、テールゲートぺ二ウマ交換、ポーレンフィルター交換以上です。

後、懸案はドライバーサイドのヒーターシート断線、スペアキー製作難航(生産終了の為)、リアホイールの傷修正、ミッションオイルの交換、リアフェンダーアーチの軽いデントが出来れば完璧です。車台番号が前のが3662、今回のが648と3000台位古いのですがシートの硬さが明らかに違い少し固いのは少々落胆しました。
しかし11万キロと5万キロの差は歴然としていますから、まずは歓ばないといけないですね。