ホイール考

クルマに関して、昔から私は「オリジナルがもつ完成度」が好きなので、ホイールも当然その一部という考えでした。
そのため、むやみにホイールを交換するということはしない主義でした。
オリジナルのホイールの意匠を含めたものこそ、その車のデザインとして最も美しい姿だと思うし、わけても純正以外のホールに交換した車の大半は、私の目にはどこか不愉快なものにしか映りませんでした。

いっぽう、古くからのシトロエニストの中には、タイヤ幅をベーシックモデルにある最も細いものに交換する、あるいは最近ではホイールが大型化する傾向もあってか、ホイールそのものを交換してインチダウンするなどして、よりシトロエンらしい乗り心地を追求される方もめずらしくありません。

私より少し後にC6を購入されたK氏も、納車早々、純正17インチホイールを購入してタイヤもより細いものへと履き替えられました。
ちなみに日本仕様の純正は245/45R18という、昔だったらスーパーカーでもあり得ないほどの極太扁平タイヤで、たしかにこんなサイズでほんとに大丈夫だろうかと不安を覚えることも事実。
これをK氏は、225/55R17へと変更され、乗せていただくと「浮いている感」は私のC6よりも明らかに一枚上手で、その効果にはなるほどなあと感心させられました。

さらにK氏は冬用タイヤとして、さらに汎用タイプのホイールまで購入され、それにスタッドレスを履かれていました。
そのホイールはBOLBETという製品で純正ではないけれど、存外C6の雰囲気にも合っていて、こういうものを見せられるとオリジナルにしがみつくばかりが能ではないと思うようになり、さっそくネットで調べてみました。

その中でC6のデザインを損なわないようなホイールとして阿部商会が輸入する MAX ANTIBES というのを発見。

センターキャップも純正に交換可とあり、柄にもなくふ~んと思ってちょっと考えてしまいました。
でも、ホイールが新品4本で8万円強、タイヤをオートウェイで安く調達したとしても、トータルで最低12万ぐらいにはなりそうです。

果たしてそこまでする価値があるのか…だったら足回りの消耗品の交換などをするほうが先では…もしホイール+タイヤを変えたら純正はどこで保管するのか等々、考えだしたらぐるぐるまわって結論が出ません。

そもそも付けてみて似合わなかったらどうしよう、もし乗り心地の改善が思ったほどじゃなかったらどうしよう、などと不安も尽きません。
ま、そんなに悩むぐらいなら、タダじゃあるまいし、やめときゃいいんですけどね。

前回のホイル取付けボルトに続き、その潤滑について


ボルトの潤滑については、全く何も付けない乾燥状態が良い!や、カジリや錆防止の為潤滑した方が良い!等々諸説ある様です。 夫々の意見をここで纏めてみますと、、、
 
1:車や部品メーカーレベルでは後々非難を避ける為?正論の ”全く乾燥態が良い” を勧めている様です。・・・・・これは、新品若しくはこれに準ずる状態では宜しいと思われます?。
 
2:次に、一般のモータースやショップ等実際の作業を行う所は、恐らく経年車両等で脱着も多いと思われるので、”カジリや錆防止及び締付トルク管理の為” 潤滑しているようで、エンジンオイルやグリスを ”最小限” 塗布している様です。
 
*ネジ溝の表面が平滑でない時や僅かな潤滑が無い場合、錆や過剰トルク等によりお互い傷つけ合 って かじった様になると摩擦が増え過ぎ、正しい締付トルク以下でも目標値に達した様に表示され、結果的に締付トルク不足等を招き易い状態になるのかも知れません?。
 
——– まとめ ———
潤滑する時は、テーパー部より5mm程離れて長いネジ部に塗布し、その後ウエスで拭き上げるとネジ溝部に最小限残るでしょう。
ボルトのテーパー部や平ワッシャー部は、”弛まず” のキモなので、相手側も含め乾燥状態が必の様です。
 
*及びホイルとハブの接触面も締結摩擦力保持の為、乾燥状態が必要と思われます。
  (画像④ボルト穴の周りの白い所))
 
使用するオイルやグリスに就いても諸説有る様ですが、
当方の事で恐縮ですが、Used C5-2の時にホイルクリップボルトを初めて外した時、黒っぽいモリブデングリスがネジ溝部及びハブセンターに薄っすらと塗布してありました。
・・・・・後年、Used C5-3で外した時は、全く乾燥状態でして一部錆びが出掛かっていたので、慌てて?全クリップボルト及びハブセンターに上記の如くモリブデングリスを最小限塗布しました。

 修正やご意見等ございましたら、是非ご教示の程お願い致します。
*前回に続き、不要不急の余りいらない記事の様で大変失礼いたしました。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

昨年12月のいつだったか忘れましたが、CCQ中、最も乗り心地に心血を注がれるduca900C5さんが拙宅にお見えになり、トヨタのハイルーセンという浸透潤滑剤というのを我がC6のフロントに注入噴射してくださることになりました。

私はこの手の説明がめっぽう苦手なのですが、ダブルウィッシュボーンの上部が二手に別れ、その両端を鉄のアッパーアームが通っています。
その取り付け部分の内側にゴムが入っており、そこにハイルーセンを吹き付けることで、アーム内のゴムの動きをよりスムーズにするというもの。
これが左右4箇所ぐらいあって、噴射するたびに車高を上下させるなどして、より内部へと浸透させるようにするようです。

※写真は左はネットから、右はduca900C5さんから拝借。

各部の可動部を温めるためか、まずはじめに15分ほど試運転して、そのあとに施工。

ひととおり終わって、再び試運転に動き出したところ、明らかにサスペンションの初期の動きに細やかさが加わっているのがすぐ体感できてびっくりでした。
とくに人間が乗り心地の良さを体感するのは、サスの動き出す瞬間のなめらかさが重要で、ここがぎこちないかどうかで車格まで左右する違いが出るように思います。
この効果は永久ではないようなので、以降はときどき自分で注入すべく、さっそく私も買い求めました。


さらに元日の午後、久しぶり(というか5ヶ月ぶりに)C6の洗車をしたのですが、考えてみたらガラスコーティングをして初めての洗車でした。

驚いたことに、塗装面の拭き上げの感触がこれまでとはまったく別物で、まさにガラスをふいているようで、ガラス質が塗装面を覆っているということが実感としてわかりました。
鹿革ウエスで拭きあげるだけでシャープな光沢があらわれ、なるほどこれなら「水洗いのみでOK」というのも納得でした。

自分の日頃の怠慢を告白するようなことなのですが、なんとなくタイヤがグニャッとして柔らかい気がしたので空気圧を測ってみると、4本とも2.1前後まで落ちていました。規定は街乗りで前後とも2.4なので慌ててエアを入れましたが、全輪がこれほど減っていると小さなコンプレッサーではかなりの時間を要しました。
さっそく試運転してみると、全体に腰がしっかりした上に浮遊感も回復し、これがほんらいの状態というのがわかって、すいぶん油断していたもんだと反省しました。

ACCが欲しい

先日、友人がBMWの3シリーズワゴンを乗っていて、自動車専用道路や田舎道をアダプティブ クルーズ コントロール(ACC)で運転するのを見てました。
自動運転がとてもとても滑らかで感心しました。
舵輪にあるスイッチで、速度設定して、システムが前方を先行する車を認識して、設定速度に応じた車間距離を保って走行するのです。 止まるのも人が操作しているかのようです。 再発進もアクセル踏むか左手で速度設定スイッチ触るかで設定速度に加速行きます。
レーンを外れそうになると同乗者が気づかないように振動で運転者に警告するそうです。急停止などの状態はなかったのでどんな動作するのかわかりません。先行車を見失ったら、設定速度に達するで加速しますので、速度設定が大切だと観察できます。渋滞する道路ではとても便利で安全な装置だと感心しました。

ウェブで調べたら、プジョー、シトロエンは、30km/h以上でないと設定できない仕組みのようで、不便そうなので魅力を感じません。 スバルのアイサイトver3とBMW、メルセデスが優れてるように見えます。年取って目が悪くなり、判断力が悪くなった今、疲れを軽減したり人的ミスによる事故を軽減する車が欲しいです。

 

C-5 修理の代車 P:508 (PEUGEOT)に就いて。

代車P:508をお借りし、C-福岡 を出て直ぐにコリャー中々乗り心地がイイナー!、と半分青くなったのですが?、(笑) 気を取り直して色々と細かくチェックする事に!。
斜め段差抜けは、感心するくらい一直線に抜けます、恐らく穏やかなリバウンド(伸)ストロークが十分有るのだろうと思われます?。
一人乗車でのハーシュネスや小ストローク程度は結構吸収している様ですが、中ストロークではメーカー純正のしっかり感?(バネ上がそれなりに結構動く)で、若し4~5人乗車だったら更に好印象なのかも知れません?。
翌日、新宮のイケアに行ったその帰り、3号線で香椎に近づく頃から千早辺りまでに何となく小中ストロークで、其れ迄と比べ段々とやや固く感じる様になってきたのは何だったのでしょうか?、、、
若しかしたらハイドロも含めての普遍的な?、サスの偶発的渋態移行(?)だったのかも知れません?。 (*何なのだっ、それって!)
それの原因と思しき事象は数多存在する様ですが、現象が軽微な事もあり未だに不明な点が多く、正体が解明されれば天下晴れてスッキリと枕を高くできる!と思われるのですが、、、?。(汗)
千鳥橋から昭和通りに戻って来た頃、ドーモイマイチ!と、姑息にもチョッと安心しながら、えこ贔屓的に思ったものでした?。

改めて、”一般的” には十分乗り心地が良い評価と感じられ、全くその通りだろーと思われます。
(滝汗、、)

—————————————————————————————————————–
それと妙に感心したのが、いつも使っている6ATのシーケンシャル・マニュアルモードで、C5 では 前=アップ、後=ダウンのシフトのパターンが、 それと真逆のアップ=後、ダウン=前で、これはスポーツバイクやラリー競技車等のシフトパターンと同じですネ。
一般道でのバイクは緊急時も含め、ブレーキングでは体が前方に行きそうになり、これに合わせてシフトペダルを前に踏み込みシフトダウンするのが自然な動きで、安全に寄与しています。

シーケンシャル・モードの4輪も加速では体が後ろに引かれ、シフトアップするにはレバーを後に引く方が無難とおもわれ、同じように減速では体が前方に出る様になるので、シフトダウンするにはレバーを前に押す方が自然と思われます。

NETの情報では、この後へ引いてシフトアップ、のパターンを採用しているのは全ては不明ですが、BMW、アルファロメオ、人馬一体のマツダ、一部の三菱車あたりで、スポーティさを標榜する為に競技車両やスポーツバイクと同じパターンにしているのかも知れません?。

余談ですが、C5 の前=アップ、後=ダウンの通常的パターンは、従前のATセレクターのレンジ切り替えが後側に来る程ローギアになっている事に関連する様です?。

この P:508 のそれは、ドゥカティ乗りの当方にとって理想的と思われましたが、C5 と真逆なので誠に残念ながら、謹んで使用しませんでした。(涙)
その代わり、パドルシフトも装備でこれは楽しめました!。

以上、極めて姑息で偏見に満ちミチた P:508 印象記でした。(失礼)

2CVのキャブレーター

シトロエン2CV6(フランス製)の気化器(SOLEX)を見つけました。
これは、追突事故車からとりだしたものです。車両後方は壊れていましたが、前方は正常に動いていただろうと思われます。

写真の中心部に黒い油まみれのネジが見えます。マイナスドライバーで回せるのですが、ドライバーを刺す溝が普通のネジとちがってネジの回転軸よりずらして彫ってあります。ネジの素材は真鍮のようです。

このネジは、エアスクリュとしての機能をしていると思われ、何回転緩めてあるか確かめました。この位置から時計回りにねじ込んでいって、4 7/8回転で止まりました。
完全にねじ込んだことから、反時計回り4-5回転もどしたところがアイドリング時のネジの位置だと思われます。

この時代の排ガス検査を通すために、どのように設定されているかわかりませんが、調整の参考になるとかと思います。

ワイパーブレイド交換

古い輸入車のワイパーブレードが錆びてきたので、交換しようとインターネットで調べるとボッシュなどの製品が手軽に入らないことが分かりました。コストコで売っているワイパーブレードでは、替えゴムを入れ替える作業が複雑なので、簡単な構造なものを探しました。

日本車用に製品作りしていた日本ワイパーブレード(NWB)社が輸入車用の製品を販売しています。CXやBXに使っていたときには、販売店の店頭には情報がなくて買うことができませんでしたが、インターネットで情報が手に入り助かりました。もしかすると昔は製造していなかったのかもしれません。
http://www.nwb.co.jp/product/graphite-imported.html
製品の適合表が輸入車用がなくて、いちかばちか買ってみました。

グラファイト i60G 600mm長を購入した。U字フック型アーム用です、幅は約9mmのアーム用です。シトロエンエクザンティアの時代までの車はU字フック型だったとおもいます。C5には適合しない感じです。古いドイツ車に着けました。
新しいゴムが良いのは当たり前ですが、構造的に新しくしっかりしているのか拭きあげがきれいです。

♪-自動車は歌う-♪

恐縮ですが皆様ご存知の 「Always三丁目の夕日」 に登場する 「鈴木オート」 のような古い時代の話かも知れません?。
調子の良い自動車もいつか不調になり、例えば動力系動作部分の場合、油切れや磨耗等で、賑やかなキーキー音やガチャガチャ音が出始める。又吸排気や燃焼関係では、ノッキングやバック/アフターファイヤー及び煙幕となって、けたたましく出るかも知れません?。
これら、通常と違うイレギュラーな状態を、マン/マシーンインターフェイスとして車が教えていたのだろうと思われます。

当時は、車は貴重/重要だろうし、マテリアルや機械加工技術等も現代と比べモノにならない差があったでしょうから、ましてやコントロールユニットに依る内部自己診断等も無く、不良箇所もある程度進まないと表面からは分かり難かったのかも知れないので優秀なメカニック氏の判断に掛かっていたのかも、、、?。
彼らは、これらの音(声)を 「車が歌っている!」 と表現し、手遅れになる前に早急に救いの手を差し伸べるようにしなければ!という思いだったのかも知れません。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~~ ~

花冷えの4月初旬の事ですが、 北九州より帰る時、C5が歌いました?。(*ウソっ)
風が冷たい夜の始動直後それは起きたのです。エンジンチェックランプ ON、数秒でファーストアイドルが下がり始め、ボッ ボッ ボッ と排気音も変わってきました。そしてラジエターファンが 「ブアーーーン」 と、静かな夜に最速でけたたましく回り始めました。

その時当方はレーセーに、寒さで水温センサーが成仏しかかり高温と判断?、それによりファンが高速で回り、空燃比が薄く変わり不完全燃焼したと思ったりしていました。(脂汗、、)
 (*全然違うんじゃないー!)

この時は再始動を何度か繰返し、何とか帰宅できました。ファンは10数分後には停止していた様です。

翌日、エンジンチェックランプは残っていましたが、何事も無く普通に始動して訪問した C-福岡 のお話では、 「エラー等でチェックランプ ON の時は同時にラジエターファンも高速で回る様になっています」 との事でした。
トラブルとしては、アラートコード診断により高圧燃料ポンプが規定50バールの所、40バールの記録が有り、現在は45バールになっていますが、気温が低いと発生し易いとの事。 及び1、3番気筒の点火燃焼ミスの記録有り・・・。

C-福岡 のリコメンド対応としては、高圧燃料ポンプ及び 1、3番気筒のDI(ダイレクトイグニッション)の交換になり、若しこれらの交換後も再発の時は、タイミングチェン調整 or チェン交換、更にはインテークカーボン除去!が必要となる可能性も有り!、この場合30(諭吉)コース!になるかも知れません、との説明でした。・・・数秒間気を失っていたので最後の方は良く分からなかったのですが?・・・これはオオゴトだと思われました!。(失)
気を取り直し、検討させてください、、、と力無くヨロヨロと出直す事にしました。
(*しっぽを巻いたのねー!)

ネット等で調べると、同じプリンスエンジン系の、BMWミニONEでは定番のトラブルで、高圧燃料ポンプの交換が多くみられ、これは交換の必要が有るナ!と感じられました。この部品代もかなりのモノで諭吉さんが15人程度の様です。(滝汗、、、)

残りの、1、3番気筒の点火燃焼ミスに就いては、燃圧低下に依り燃料が薄くなった影響で点火後着火せず燃焼圧のアンサーバックが得られなかった為の2次現象で、DI は問題無いだろう!と勝手に前向きの解釈と致しました?。(*ド素人判断なのぢゃーあ?)

3年の保証は終わっていますが、未だ半年程度経過なので、後日思案して 同じく傾向故障のタイミングテンショナーも含めて、C-福岡 へ ”修理援助=保証延長” のメーカー申請を依頼しました。

後日、メーカーからの審判は、「C-福岡 で有償にて高圧燃料ポンプを分解検査し、規定圧以下だったら、部品代のみ可!で、タイミングテンショナーは不可!」 との返事が有りました!、と云う事でした。

そして C-5 を入庫させました。検査結果は件の高圧燃料ポンプが規定圧以下だったので、部品代無償となりました。
余談ですが高圧燃料ポンプの部品代に関し、C5 の場合は諭吉さん5人弱程度の様です。

コントローラー監視下でのエラー時は、付随してラジエターファンが最高速でブン回る!これがリーセント車の ”歌う” 事だったのかも知れませんネ!。(?)  (*ちょっと苦しいなー!)

出来得るならば、今後 C5 には歌わないで欲しいものだと思う今日この頃です!。 (^^A
今回の代車はP-508でした。・・・これの印象記は別項にて!。

カクタスがいた

昨日の夜のこと、市内のとあるショッピングモールの駐車場を出ようとすると、なんと目の前にC4カクタスが停まっていて、思わず「うわ!」と叫んでしまいました。

思ったより小さくて顔つきなど独特のかわいらしさはあるけれど、全体としてはさほど個性や存在感はなく良くも悪くもフツーでした。
SUV的にやや腰高な感じではあるものの、グリーンハウスの上下は狭い感じ。

また、カクタスの最大の特徴でもあるサイドのプロテクションモール(プレート?)は、白いボディに茶色という配色で、夜ということもあったかもしれませんが、オシャレというよりは、むしろ農耕車っぽいようなテイストを感じました。

2CVの広告にあったように、ピクニックのバスケットとかニワトリや卵や野菜などが似合いそうな雰囲気。


註)写真はネットからお借りしました。

本国では早くも新型カクタスが出ており、基本はあまり変わったようには見えないのに、造形的にも説得力のあるものになっているし、華もあり、グッと都会的に生まれ変わった印象。初代はとりあえず実験的習作的な意味も強かったのかもしれないですが、例によって、時が経てば初代こそが最もピュアなモデルということになのかもしれません。

ただ、総じての印象としてはNewC3など、より最近のモデルのほうが線や形もしだいにこなれてきたようで、その少し前までは全社を挙げての方向転換に躍起になっていたのか、デザインもすこし力みすぎではなかったか…という気もします。

そして、その「力む」ということが、そもそもシトロエンの体質に合わないものだったので、もしこれから出てくるモデルが、再び洒落っ気や脱力を少しずつでも取り戻してくるならば、個人的には楽しみでもあります。

お疲れ様でした

昨日もお茶会、無事に終了しました。
新入会員の方も3名参加され、総勢8人でのお茶会となりました。

バッテリーの突然死に備えて手の平に乗るほどコンパクトなブースター(これに繋げば4Lクラスのエンジンまで再始動するパラーがある由)の実物紹介、及びバッテリーの交換方法、2CVのエンジン不調対策講座、あるいは特定の時期の欧州車に共通してみられる内装のベタベタ対策など、実践的な情報交換が繰り広げられる一方、C4カクタスはじめ新車情報、あるいはその他の車に関することまで、話題は毎度のことながら実に多岐に及びました。

営業時間の関係から、ロイヤルホストからガストへと場所を移動して約半年。
当初は、4人以上がまとまって座れる座席が少ないことを危惧してましたが、意外なことにこれまででこの点で不自由な経験をしたことが一度もないことは、嬉しい誤算でした。
メニューも安くて豊富、慣れるとこれはこれで悪くないという気もしてきましたが、他の皆さんはどうでしょう?

少し寒くはなってきましたが、車好きの集まりの醍醐味のひとつでもある「試乗会」がもう少しできたら、さらに楽しいかもしれないと思います。
周囲の道路環境はかなり恵まれているエリアなので、今後そちらにも目を向けられたらと思います。

ご参加の皆さん、お疲れ様でした。