オイルが合わない

シトロエンクラブのHPへ、たびたびゴルフのことを書くのも憚られるのですが、エンジンオイルという車種を跨いだ話題でもあるので敢えてご報告。

過日のブッシュ類の交換時、ついでにエンジンオイルの交換もお願いしました。
今回の作業は訳あって初めて紹介された工場でしたが、部品といっしょにオイル(ケンドール GT-1 5W-40)をトランクに積んでおいたのですが、なぜか勝手にワコーズ(プロステージS 10W-40)が入れられてしまっていて、思わずひきつりました。

入れてしまったものは仕方がないからしぶしぶ乗ることに。
ワコーズというのは昔マニアの間でずいぶん流行った国産ケミカルブランドで、用途に応じてアイテム数も豊富だからか、ショップなどではなにかというとこれをイチオシで使っている店も少なくありません。
私も何度か使った経験はありますが、なぜか良さを共感できないというか、理屈が多いわりにどうも好きになれません。

ゴルフとの相性も良いとは言い難く、全体にドテッとして爽快感はゼロ、かといってそれなりの上質感とかしっとり感も私には感じられません。
ただ、ガサガサして雑なエンジンのようになり、回転フィールにも喜びはないし、おまけに燃費が10%以上も悪化!したのはショックでした。
ネットの評価などは決して悪くないのですが、どうもワコーズ好きな人にはこのブランドの信奉者が多いのかもしれません。
5W-40と10W-40という低温側粘度の差もあるとはいえ、とてもそれだけとは思えず、1.2Lの小排気量エンジンというのはこういうとき、ほとんどごまかしがきかないようです。

一日も早く入れ替えたいところですが、まだ400kmも走っておらず、1600円/L(税抜)で7000円強だったことを考えると、さすがにフラッシングと割り切るのも厳しいものがあります。
個人的な好みですが、アマリーやケンドールはもちろん、リッター500円ぐらいのコストコのシェヴロンでさえ気持ちの良い、好ましいオイルだといまさらのように思いました。

考えてみたら、これまで意識したことはありませんでしたが、私はタイヤよりもオイルのほうがガマンができないタイプかもしれず、とにかくいやなものはいやです。
先月のお茶会でWさんが言われていたモリドライブというのはなんだろう?

おっと

某日夜、信号停車したとき前にちょっと見慣れない車がいるなぁ…思ったら、なんと白のDS7で、この色は初めて見ました。

個人的にはあまり好みではないフロントとは違い、リアはシャープでなかなかカッコイイと思いました。
このリアのデザインはDS3クロスバックにも受け継がれており、我が家の向かいのマンションにも1台いますが、いつも「おお!」と思っています。

伝統的にホンワリ系のシトロエンに対して、DSはクールなカッコよさを目指しているんでしょうね。

Hトラックの紅茶

フランスの紅茶メーカーでJANAT(ジャンナッツ)から、シトロエンのHトラック型の缶入りの紅茶詰め合わせ限定品が発売されています。

Yさんより教えていただき、さっそく購入してみました。
KALDIで売っていますよ。

左はSOLIDOの1/12のれっきとしたミニカー。
それとくらべてもなかなかよく出来ているのが一目瞭然で、絵のデザインもかわいい。
さらには右のような銀食器風のお皿までついていて、エッフェル塔が描かれています。
これで1000円(税抜)とは、魅力的です。

お茶会

2月いらい、5ヶ月ぶりのお茶会です。

関東地方では早くも第二波の兆しがある中、この先もどうなるかわかりませんので、できるときにやっておこうという判断でもあります。
状況によっては中止になる場合もありますので、そのあたりは日々様子を見ながら常連の皆さんと相談しながら決定いたします。

今回より「参加連絡」の方法が変わりますので、よろしくお願いします。

NANKANG

シトロエンネタではないですが、ゴルフのタイヤを交換しました。

これまで履いていたのはCCQ内でもお馴染みの「MOMO OUTRUN M-3」で、3年弱&22,000kmを使いました。
このところ路面からショックがキツくなり、前後の入れ替え、空気圧をさまざまに変化させたりしましたが、根本的な解決には至らず交換することに。

オートウェイでも3年経過するとゴムの柔軟性が失われるみたいなことをやんわり言われたし、Sさんは距離に関係なく4年で交換というマイルールだそうで、もともと安いタイヤをこれ以上ガマンして乗るメリットはないという結論に達しました。
オートウェイで「快適性でおすすめのタイヤは?」と聞いたら、
異口同音に「NANKANGのNS-25」だというので結局それに。

(左)交換直前のMOMO OUTRUN M-3。(右)NANKANG NS-25。
古いほうはなんとなく茶色っぽくてくたびれた印象ですが、新しい方はゴムの黒もキリッと鮮やかです。
NANKANGはサイドウォールがやや膨らんでいる印象で、良く言えば無骨な頼もしさみたいなものがあり、実際このあたりが優しめの乗り心地にも貢献しているのかも。

交換後はたしかに、軽やかで、スイスイ転がって、当たりもやわらかく、音も静かになりました。
しかし、交換直後のなめらかさは300kmほどで早くも薄らぎ、今はだんだん普通になってきたような気も…。
それとご覧のとおり見た目がダサいです。

結局、アジア製タイヤは安いぶん早めに取り替えていくのがいいようで、溝はあっても賞味期限は長くはないようです(実際、溝だけでいえばあと1〜2万kmでも使えないことはなかったと思いますが)。
私の印象としては、この賞味期限の短さが一流品との最大の違いではないかという気がします。

オールシーズンという文字がありますが、意味は違うでしょう。

ちなみに、ネット(価格ドットコム)の口コミには鋭い意見もありました。
「タイヤの性能はどちらかというとハンドリングや安全面に貢献し、乗り心地については車自体の要素が[主]であってタイヤはあくまでも[副]、タイヤに乗り心地の多くを期待しすぎるのは間違い」とありましたが、それはそうかもしれません。
タイヤも大事だけど、サスペンションが変ったようには…なるわけないですね。

オートウェイのピット入口。
ここでMOMOとはお別れ、といってもC6はまだMOMOなんですが。

プチミ

土曜はAさんが福岡に来られて、ついでに入庫中のC6の様子も見て来られたようです。

工場に同行されたSさんと一緒に、帰りに我が家に立ち寄られました。
粗茶をすすって、おみやげをいただきながら、しばしシトロエン談義に。

TVドラマ『探偵・由利麟太郎』の第2話にC6が使われていたので、そのシーンをお見せしました。
フロントのダブルシェブロンが見えないように覆い隠されていますが、その隠し方があまりにも滑稽で、鼻先に肌色のサロンパスでも貼ったようで、見るなり一同爆笑でした!

(本来はここにそのシーンを写真で紹介したいのですが、最近は「これぐらいと思っても犯罪」みたいなことをテレビCMでしきりに警告してるのでやめておきます。)

AさんのC6は入庫してずいぶん経ちますが、いまだリフトの空き待ちで、それというのも現在作業中の車が予想外の深刻な故障によって停滞し、敷地は修理車であふれて身動きがとれない状況だとか。

あとはガレージに移動して、しばらくだらだら過ごした後お開きに。
夕方帰られてほどなくすると、外はスコールのような大雨となり、まるで空のほうがガレージ談義が終わるのを待ってくれていたようでした。

こうしてみると、初期型C5もDS3も、ハッとするほどフロントウィンドが広大で、これもシトロエンの隠れた特徴なのかもしれないですね。

洗車道具

みなさん洗車はどのようにされていますか?
洗車機もずいぶん高性能化したらしいですが、私は昔から洗車好きだったこともあって、車だけはいまだに手洗いです。

いい運動にもなるし、やれば楽しいのですが、やはり歳のせいか数ヶ月に一度というペースですが。

洗車で大切なことはいろいろありますが、その一つが効率です。
フロントバンパーから下→フェンダーの下半分→ホイール→タイヤ→タイヤハウス→ドア→という具合に下半身から洗って一周しますが、その際に大切なのは必要な道具が手を伸ばせばそこにサッとあること。
常に移動するし、床には置けないので、これまでは自作のワゴンを長いこと使っていました。

それが先日、IKEAにいったら定番のワゴンの小型版というのがあったので(しかもアウトレットに)、これは!?!と思って購入しました。
水が下に垂れないよう、あれこれ工夫しましたが、使い心地はまずまずで、自作ワゴンのように倒れる心配がなくなりました。

この道具一式と、長靴と、その横にあるお風呂用のイスは水洗いのための必需品です。
椅子は丸じゃないと向きを気にせず使えないほか、座面が高すぎてもダメで、最近は意外に売っていないようです。
こちらは先日tama(y)さんも書いておられたクイックブライト。
そのまま使っても良し、薄めてスプレーしても良し、車だけでなく、キッチンやカーペットのシミ取りなども何でも使える万能ぶりで、使うたびに感動します。
素材を傷めることもなく、手肌にも優しく、汚れだけを落としてくれる魔法のような洗剤で、なかなかこれ以上のものは現れませんね。
そんなに頻繁に使うものではないので、この大きさだと10年は保ちそうです。

COCO’S

ガストの深夜営業廃止に伴い、代替会場としてCOCO’S二又瀬店へ数名の方とお試しで行ってみました。

店内は思いのほか落ち着いた雰囲気で、ガヤガヤしていないので話し声も聞き取りやすく、雑談して過ごすにはいいように思いました。
メニューはファミレスの一般的な感じですが、ドリンクバーが充実しています。
ノンアルコールワイン風?などジュース類も種類豊富で美味しいし、お茶類はそれぞれの茶葉を木のスプーンですくってティーポットで煎れるというものだったりと、ちょっとしたことが嬉しいものでした。

入口の様子。こちらの角度からだと高い建物がないのは、むこうが滑走路だから。

さらに我々にとってなによりもありがたいのは駐車場が望外に広いことです。
昼間は隣の紳士服店と共用になっているのか、止められない心配はほぼない感じで、こんなことならもっと早くこちらに切り替えておけばよかったと思うほどでした。

というわけで、今後のお茶会は当分はここになりそうです。

福岡空港の北、離着陸コースのほぼ真下に位置しており、もしもの場合はオダブツエリアかも。
コロナの影響で今はひっそりしていますが、一本の滑走路としては離発着数国内トップという過密空港なので、復活してくれば22時ぐらいまでは多少うるさいかもしれません。

アンドレ=シトロエン公園

GoogleMapでパリの地図を見ていたら、エッフェル塔の南西、セーヌ川沿に「アンドレ・シトロエン」という文字が一瞬目に入ったような気が…。
「んっ?」と思って戻ってみると、やはりその名の公園があることがわかりました。

地図の文字が見えづらいので、主だった名所など大文字で加筆しました。
日本なら築地あたりで自動車作ってましたというようなものでしょうか?

知らなかったのは私だけかもしれませんが、Wikipediaによればかつてのシトロエンの工場跡地に作られた公園とあり、有名なジャヴェルの工場が「ここだったのか!」というわけで、1915年から1970年代まで工場として運営されていたとか。
時代とはいえ、自動車生産工場がこんなにもパリの街中だったとは驚きです。

やはり、シトロエンはフランス車の中でも「生粋のパリ生まれ」というわけで、個人的にはフランス国内でも田園地帯などを走るより、パリの歴史ある街並みや喧騒が似合うイメージですがあらためて納得です。

アンドレシトロエン公園の空撮全景。
近くにはコレージュ・アンドレ=シトロエンという中学校(ピンク印)まであるようです。

公園のオープンは1992年、残念ながらシトロエン車を感じさせるものは見当たりませんが、広大な美しいところで、日本なら開発業者がよってたかって商業ビルなどをわんさか建てるのでしょうけど、それをしないのはさすがです。

おしらせ

全国的にコロナウイルスによる規制解除の方向だというのに、東京都と福岡県だけが感染第2波の危機にさらされており、いろいろと検討や相談の結果、大事をとって6月は中止となりました。
先月はギリギリの告知でご心配をおかけしたので、今回は早めのお知らせです。


また、もうひとつ困ったことは、ガストの深夜営業が廃止になったこと。
2年前、ロイヤルホストの営業時間変更によってガストに移行し、なんとかこちらで定着した観があったのに、またしても活動のフィールドが失われていくようで難しい時代になりました。

最低4台以上のクルマが止められて、アルコール主体ではなく深夜営業している店となると、どうしてもファミレスしか選択肢がありません。
もっか代替会場を探しており、決まり次第お知らせします。

2018年5月からお茶会の会場として利用したのがガスト太宰府インター店でした。
今年の2月が最後だったわけで、いま振り返ればなつかしいような気もします。