もしやご近所?

この半年ぐらいだと思いますが、自宅の近くで、何度か黒っぽいCXとすれ違うことがありました。
いつも夜で、一瞬のことなので、はじめは今もCXをお持ちのKさんでは?と思いましたがご本人に確認すると「違う」とのこと。

つい先日も自宅からすぐのところで信号待ちをしていると、目の前を右から左にCXがスーッと走っていき、あまりに狭いエリアでこう何度も遭遇するということは、近くに棲む車ではないかと思ってしまいます。

青信号に変わりとりあえずそちらへ向かってみると、幸い先の交差点で右折のウインカーを出しているCXのうしろにつくことができ、しばらく後ろを走りました。
夜なので、色はなかなか確認しづらかったのですが、たぶん黒だと思われ、バンパー形状からSerie2のCXと判明。

しばらく直進したあと、また交差店を右折し、さらに進んで住宅街の中をまたも右折、ここまではついて行きましたが、さらに細い道へと4回目の右折となったので、これ以上はさすがにまずい気がして追尾をやめました。

なんとなく感じたのは、ただ近場をクルクルまわっているような気配。
夜の走りやすい時間帯に、楽しみか、車を動かすためのドライブという感じで、こういう方と車が身近にいるとなれば、なんとかお近づきになりたいものです。

またご縁があればいいのですが。


※写真は筆者が1990年前後に乗っていたCXのSerie2 25GTi

新型C3試乗

新型C3を運転する機会がありました。

あくまで個人的な感想ですが、新しい時代のシトロエンらしさはどういうものかと期待していましたが、私のセンサーが鈍いこともあってか、それらしきものはあまり感じることなく、これがこれからのシトロエンの目指す方向なのかと思うといささか面食らいました。

外観はフレンチ・カジュアルと思わせるキュートさがあるのに、いざ運転してみるとドライに割り切った今どきのフツーの車という点ばかりが目にき、肩透かしを食ったというのが正直なところ。

従来のシトロエンには、全車に共通して流れるこのメーカーの独自の設計思想があり、それに触れることに喜びを感じていたものですが、新しいC3は専らグローバルな国際基準に沿って作られたコンパクトカーのひとつのようで、誤解を恐れずにいうとむしろヴィッツやフィットやスイフトに近い気がしました。
そのぶん、故障などの信頼性は抜群に高いのでしょう。

コストは極限まで切り詰められ、エンジンやミッションのチープな感触がもろに伝わってくるあたりは、これまで別の車で経験した記憶があり、ついにその波がシトロエンにも打ち付けてきたのかと思うと、時代の厳しさを感じずにはいられません。

もちろんチープはチープでいいわけですが、シトロエンが伝統的に大事にしていたもの、すなわち作る側の文化とか、常識にとらわれない発想、車と人の間にある温かな関係性などが(私には)どうも伝わってこない。

それらはシトロエンを市場で孤立させる要因と判断され、意図的かつ容赦なく排除されたのかもしれない。
まるでメーカーが躍起になって過去を自己否定しているみたいで、そこが悲しくもあり、かつ我々はその否定されている部分に価値を見出し惚れ込んでいたとしたら、なんという皮肉。

たまたまC3ひとつに乗ったからといって、全部がわかったというつもりはないし、DS7なら様子もずいぶん違うのかもしれないけれど、その会社の製品づくりの根本とか本質みたいなものはベーシックなものに出るというのが私の持論。

このぶんでは搭載が期待されるPHCも、小手先の演出のためのフェイク的小道具では?という気さえしてきます。

雑誌の記事などは、事実を書いて不都合となることを恐れて、当り障りのない褒め調子できれいにまとめる傾向が強く、もはや信頼に値しません。
なので、メディアには頼らず、車は自分でハンドルを握ってみなくちゃわからない時代になったことも併せて感じました。
アテになるのは車のわかる人の忌憚のない意見と、最終的には自分の感性だけ。

もちろん私ごときの短時間でのチェックでは、見落としや勘違いも多いと思われるので、他の方のご意見もぜひ伺いたいところです。

危険物騒動!

『公園に「手投げ弾」自衛隊出動、実は仏車の部品』
〜これはニュースのタイトルというか見出しの文言です。

ネットニュースのYOMIURI ONLINEによると、6月5日の朝、石川県のとある市の公園内のゴミ置き場で、回収業者が「手投げ弾のような不審物3個」を見つけたことで大騒ぎになったとか。


※周辺は緊張感が漂っています。ネットより写真をお借りしました。

すぐに警察に連絡、ついには自衛隊まで出動する騒ぎになり、周辺道路は通行止め、住民には避難の呼びかけまでされたということですが、果たしてその正体は不燃物として廃棄されたシトロエンのスフェア。
いつかこういうことがあるのではと思わなくもありませんでしたが、やはり…。

「自衛隊に協力を要請して不審物を確認したところ、仏車自動車大手PSAグループのシトロエンの車に使われるアキュームレーターと呼ばれる部品と判明した」「最初はわからなくて怖かった。本当に人騒がせなゴミだったけど、いい教訓になった。」と書かれていて、4時間にもおよぶ騒ぎだったようです。

当事者の皆さんは大変だったでしょうから笑っちゃいけないかもしれませんが、長いことスフェアと付き合ってきた我々からすれば、どうにもおかしくて、自然に身体が小刻みに揺れてくるようなニュースでした。


※捨てられていたスフェア。ネットより写真をお借りしました。

色、大きさ、形、重さ、いずれをとっても「いかにもそれらしき」もので、誤解されるのも頷けますし、ちょっと錆びているあたりがますます危険物としてのリアリティを増していますね。

CG短期テストにDS21

日本を代表する自動車雑誌といえば故小林彰太郎氏が創刊したCGことカーグラフィック。

巻頭を飾るロードテストや特集、比較テストなどはもちろんですが、私が長年楽しみに読み続けたコーナーのひとつに長期テストがあります。
実際に話題のモデルを購入し、担当者が日常の足として最低でも1年間(期間は車種により異なる)乗りながら燃費やトラブルなど、長期間接してみてはじめてわかる各車の魅力や問題点を読者に報告するというもの。

小林彰太郎氏によれば、花森安治氏率いる『暮しの手帖』で実践されていた、道具や家電などを消費者の立場で実際に使ってみて、その結果を忌憚なく記事にするというやり方に倣って始まったもので、いわば自動車版『暮しの手帖』を目指したもの。

近年は、それが「LONG TERM TEST」と「SHORT TERM TEST」という二部構成に変わり、後者は短期テスト。
こちらは購入ではなく、メーカーや輸入元などから車両の提供を受け、借り物として数ヶ月間テストをおこなうというものです。

そこに突如今月から登場したのは、なんと御年50才、1968年型のDS21パラスで、思いもよらないテスト車の就任に驚きました。

京都のシトロエン専門店、アウトニーズから貸し出しされるというそれは、真っ青なボディに白いルーフ、革張り内装、トランスミッションは例のハンドルの向こうにある細いレバーを操作するシトロマティックではなく、通常の4速MTというもの。
タイヤもミシュランのXAS(180HR15、スペアを含む5本)を新調しているとか。

オランダで徹底的なレストアをされた個体らしく、DSは価格も高騰しているようで、お店もCG短期テストへの車両提供は大いなるビジネスチャンスと考えた…のかどうかはわかりませんが、とりあえず楽しみがひとつできました。

名のあるライバル店などは、さぞかし注目して成り行きを見ていることでしょうし、そう考えるとMTだったのはトラブルを避けるための選択だったのでは…などとつい勘ぐってしまいます。

どんなことになるのやら。

43.8%増!

5月はじめの新聞紙上に、日本国内でのフランス車の販売が2ケタ増で伸びているという、ちょっと信じられないような記事が載っていました。

前年比で、プジョーが18.6%増 、ルノーが13.7%増であるのに対し、慢性的な販売低迷が常態化しているシトロエンは、なんと43.8%増という大躍進だそうで、はじめは何かの間違いではないかと思いました。
まあ、もともとの販売台数がスーパーカー並に少ないので、ちょっと売れてもこんな数字にもなりやすいのかもしれませんけど。

ここ10年来、世の中が空前のSUVブームとなり、今や超高級車ブランドまで遮二無二背の高い車を作ってカタログに並べている時代、今回ばかりはシトロエンもその流れを早々にキャッチし、ハイドロを捨て、通常モデルを後回しにしてでもSUVに力を注いだ結果なのか。

マクロン大統領も、フランスSUVのトップモデルであるDS7で就任パレードをしていたことにも象徴されるように、DSブランドとあわせて各サイズのSUV群が構築され、今年日本でも販売開始されたC3もそういった市場のニーズに適ったモデルであったこと、かわいらしいキャッチーな外観、しかも国産同レベル車と遜色ない価格であることもあって、このような結果になったのかもしれません。

我々も少しは頭を切り替えて、こういう流れにも順応しながら新しいシトロエンライフを楽しむことが必要なのかもしれませんね。

DSと遭遇!

夜の9時過ぎ、福岡市の博多区を走行していると、対向車の中に不思議なライトを発見。

イエローバルブの昆虫みたいな見慣れぬ光で、現代の車のようにカッと鋭い光ではなく、あくまでホワンと点いている感じでしたが、すれ違う直前になってDSであることがわかりました。

すかさずバックミラーをみると、頼りないほど小さくて、やや左右の光量の違うテールランプが幻のように遠ざかっていっていました。

あまりに一瞬のことで、車体が何色であったかもわからず、ただ呆然とすしてしまい、そのせいで判断が遅れて追っかけるという考えも後手に回りました。

路地を見つけて急いで方向転換しましたが、すぐ先にある大きな交差点で直進したのか右左折したのかもわからず、とりあえず直進してみましたが、それらしき姿はもうどこにもありませんでした。

犯人を取り逃がした刑事はこんな気分なのか…なんて思いつつ、あきらめました。うー、ざんねん!

※写真はイメージ

 

今のうちに

C6のフロント足回りのブッシュ類と、エンジン/ミッションのマウントを交換することになりました。

この先、時が経てばそれだけパーツが無くなる可能性があり、できるだけ早い時期に入手しておいたほうがいいという焦りがあったのは事実。

乗り心地をより良くするために、ホイールをインチダウンするのも一案でしたが、だったら物事の順序からして、まずは足回りの消耗品などを交換するのが筋だろうという正論に(めずらしく)たどり着きました。

パーツの検索および個人輸入に関しては、この分野に抜きん出た実力をお持ちのSさんの頼もしいご尽力により、海外のサイトからブッシュ関係を洗い出してもらったところ、思った以上の種類があり、それにマウント関係を加えて、最終的に実に12アイテムの注文となりました。

同じくC6乗りのKさんも相乗りするかたちで、各2台分ずつの注文となりましたが、届いたパーツは大きめのダンボールいっぱいぶんほどもあり、こんなにたくさん大丈夫かとだんだん恐ろしくなってきました。
すでに我がC6はこれらのパーツ交換のために入庫してひと月近くが経ちますが、メカニック殿も本職の合間にやっておられることもあって、まだまだかかりそうです。


写真は、我が家で届いた荷物を開き、Kさんとわけあった時のもので、これが一台分のパーツ。

▲余談ですが、古いモデルのパーツが無くなるというのは、あのロールス・ロイスでさえ例外ではないらしく、つい先日のことでしたが新聞に皇室パレード用のコーニッシュが、皇太子ご成婚と今上陛下ご即位の折のわずか2回しか使用されていないにもかかわらず、パーツが入手困難のために不動状態に陥り、現在は宮内庁車馬課に車体は置かれてはいるものの、走行できずに担当者がときどき磨いているだけという記事が載っていました。
おそらく来年の新天皇ご即位の行事にまつわる問題のひとつとしてクローズアップされた記事だったようです。
天下のロールス・ロイスでさえパーツに不自由するのであれば、我らがシトロエンがそうであっても当たり前なんだろうなぁと思いました。

それにしても「2回しか使用されていない」ということは、どれだけリハーサルをしたとしても、距離は数百キロしか走っていないでしょうに、それが不動車になるとはいかなることなのか…。

ゴルフGTE

シトロエンネタではないのですが、ゴルフをディーラーに出している間、同じゴルフ7のGTEを代車で拝借しましたので、その感想をちょっと。

GTEは「E」が表すように電気とガソリンエンジンのハイブリッド車で、普段乗っている車がハイブリッドになるとどうなるかを知るのにちょうど良い経験になりました。

タコメーターの部分はバッテリーの状態を示すメーターに変わっていて、その下に申し訳程度の小さなタコメーターが付いています。

スターターボタンを押すと、電気のほうのメーターの針がポーンと動いて、走行準備ができたことを知らせてくれますが、当然ながらスターターモーターの音もエンジン音もなく、はじめは面食らいつつギアをDに入れてアクセルをゆっくり踏むと、小さなキューンという音とともに車はスルスルと動き出します。

それでいて私の1.2コンフォートラインより力強く、ディーラーを出発したときには、どんな未知の世界が繰り広げられるのかと大いに期待。

しかし、ほどなく必ずしもいいことばかりではないことも見えてきました。
まずがっかりしたのは、少しでもスピードがのってくるとタイヤなどから発せられるロードノイズ等がかなりのものであるし、停車中もよくわからないモーターの音だとかエアコンの風の音など、いろんな音が結構にぎやかで、総じて期待するほど車内は静かではないことでした。

それに現在のゴルフのガソリンエンジンはアイドリングなど日本車並みに静かで、昔とは別世界。発する音も振動もかなりなめらかなので、もともとそんなにうるさくはありません。
要はその控えめなエンジン音がなくなっただけで、代わりに別のいろいろな雑音がかなり耳につくものだから、却ってそれらが強調されて気になるし、むしろかすかにエンジンの息吹きと音が介在していたほうが全体の音質もまろやかになることがわかりました。

GTEは車重もかなりありそうだと直感したため調べてみたら、1.2Lが1240kgであるのに対し、1580kgと実に340kgも重いことがわかり、これにはさすがに驚きました。
これは単純に考えても大人5〜6人分です。
当然というべきか、足も明らかに硬いし、ブレーキはオーバーサーボ(重いから?)でよほど集中しないとスムーズに止まれず、車としてのバランスもいまいち。

そしてここが一番大事なところだと思うのですが、運転のリズムもつかみづらく、全体として楽しくもなければ、未来的なワクワク感もありません。
現段階では普通のモデルのほうがずっと自然で完成度が高く、快適で楽しいと個人的に思いました。

価格は、新車で1.2Lより190万円upで、その差額で新車のポロが1台買えるほど。
これじゃあ何のためのハイブリッド?かよくわかりません。
燃費が多少よく、排出ガスもいくらか少ないとしても、その代償はあまりに大きく、個人的に納得できるものではありませんでした。

ではよほど燃費がいいのかと思ってカタログ上の公称値を見てみると、JC08モードでGTEは19.9km/Lとありますが、1.2Lも19.1km/Lと肉薄しており、車重が340kgも重くなれば、それだけ道路を傷め、タイヤやパッドを擦り減らし、重量税も高くなり、なにがどうエコなの?って思います。

唯一はっきりしているのはGTEのほうが加速が力強いこと。
でも1.2ターボでも必要十分で、そもそもゴルフのような実用車でそこまで加速にこだわる人も少ないでしょうから、やはり価格やスペックなど、説得力のあるモデルとなるには、まだまだ時間がかかりそうだというのが率直な印象でした。


※ネットから写真をお借りしました。

ホイール考

クルマに関して、昔から私は「オリジナルがもつ完成度」が好きなので、ホイールも当然その一部という考えでした。
そのため、むやみにホイールを交換するということはしない主義でした。
オリジナルのホイールの意匠を含めたものこそ、その車のデザインとして最も美しい姿だと思うし、わけても純正以外のホールに交換した車の大半は、私の目にはどこか不愉快なものにしか映りませんでした。

いっぽう、古くからのシトロエニストの中には、タイヤ幅をベーシックモデルにある最も細いものに交換する、あるいは最近ではホイールが大型化する傾向もあってか、ホイールそのものを交換してインチダウンするなどして、よりシトロエンらしい乗り心地を追求される方もめずらしくありません。

私より少し後にC6を購入されたK氏も、納車早々、純正17インチホイールを購入してタイヤもより細いものへと履き替えられました。
ちなみに日本仕様の純正は245/45R18という、昔だったらスーパーカーでもあり得ないほどの極太扁平タイヤで、たしかにこんなサイズでほんとに大丈夫だろうかと不安を覚えることも事実。
これをK氏は、225/55R17へと変更され、乗せていただくと「浮いている感」は私のC6よりも明らかに一枚上手で、その効果にはなるほどなあと感心させられました。

さらにK氏は冬用タイヤとして、さらに汎用タイプのホイールまで購入され、それにスタッドレスを履かれていました。
そのホイールはBOLBETという製品で純正ではないけれど、存外C6の雰囲気にも合っていて、こういうものを見せられるとオリジナルにしがみつくばかりが能ではないと思うようになり、さっそくネットで調べてみました。

その中でC6のデザインを損なわないようなホイールとして阿部商会が輸入する MAX ANTIBES というのを発見。

センターキャップも純正に交換可とあり、柄にもなくふ~んと思ってちょっと考えてしまいました。
でも、ホイールが新品4本で8万円強、タイヤをオートウェイで安く調達したとしても、トータルで最低12万ぐらいにはなりそうです。

果たしてそこまでする価値があるのか…だったら足回りの消耗品の交換などをするほうが先では…もしホイール+タイヤを変えたら純正はどこで保管するのか等々、考えだしたらぐるぐるまわって結論が出ません。

そもそも付けてみて似合わなかったらどうしよう、もし乗り心地の改善が思ったほどじゃなかったらどうしよう、などと不安も尽きません。
ま、そんなに悩むぐらいなら、タダじゃあるまいし、やめときゃいいんですけどね。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

昨年12月のいつだったか忘れましたが、CCQ中、最も乗り心地に心血を注がれるduca900C5さんが拙宅にお見えになり、トヨタのハイルーセンという浸透潤滑剤というのを我がC6のフロントに注入噴射してくださることになりました。

私はこの手の説明がめっぽう苦手なのですが、ダブルウィッシュボーンの上部が二手に別れ、その両端を鉄のアッパーアームが通っています。
その取り付け部分の内側にゴムが入っており、そこにハイルーセンを吹き付けることで、アーム内のゴムの動きをよりスムーズにするというもの。
これが左右4箇所ぐらいあって、噴射するたびに車高を上下させるなどして、より内部へと浸透させるようにするようです。

※写真は左はネットから、右はduca900C5さんから拝借。

各部の可動部を温めるためか、まずはじめに15分ほど試運転して、そのあとに施工。

ひととおり終わって、再び試運転に動き出したところ、明らかにサスペンションの初期の動きに細やかさが加わっているのがすぐ体感できてびっくりでした。
とくに人間が乗り心地の良さを体感するのは、サスの動き出す瞬間のなめらかさが重要で、ここがぎこちないかどうかで車格まで左右する違いが出るように思います。
この効果は永久ではないようなので、以降はときどき自分で注入すべく、さっそく私も買い求めました。


さらに元日の午後、久しぶり(というか5ヶ月ぶりに)C6の洗車をしたのですが、考えてみたらガラスコーティングをして初めての洗車でした。

驚いたことに、塗装面の拭き上げの感触がこれまでとはまったく別物で、まさにガラスをふいているようで、ガラス質が塗装面を覆っているということが実感としてわかりました。
鹿革ウエスで拭きあげるだけでシャープな光沢があらわれ、なるほどこれなら「水洗いのみでOK」というのも納得でした。

自分の日頃の怠慢を告白するようなことなのですが、なんとなくタイヤがグニャッとして柔らかい気がしたので空気圧を測ってみると、4本とも2.1前後まで落ちていました。規定は街乗りで前後とも2.4なので慌ててエアを入れましたが、全輪がこれほど減っていると小さなコンプレッサーではかなりの時間を要しました。
さっそく試運転してみると、全体に腰がしっかりした上に浮遊感も回復し、これがほんらいの状態というのがわかって、すいぶん油断していたもんだと反省しました。