C4ちょい乗り

先日、kunnyさんが「フランス車大図鑑」を見に来られた折、C4を少し運転させていただきました。

運転席に腰を下ろしてまず驚くのは、久しく忘れていたやわらかいシートで、ふとBXの頃の記憶がよみがえりました。
外観はもちろんのこと、ダッシュボードのデザインも独創的な造形のオンパレードで、まだ自由な発想で車を作っていた最後の時期のモデルだろうと思われます。

とりわけこの角度からは、完璧と言いたくなるプロポーション。

ただし、足回りのほうは一足先に国際基準に寄り始めたモデルかもしれません。
動き出すと、想像したより骨太で腰がしっかりと座っており、その上にシトロエン流のしなやかさが巧みに味付けされているような印象でした。

同じCセグメントでも、数時間後に乗った我がゴルフ7はずいぶんクニャクニャした乗り味で、まるで仏独は互いの車作りを密かに意識し合っているような気もしました。

ヨーロッパって、表面上は各国反目し合っているようでも、実は互いをリスペクトしている部分も意外にあって、そのあたりの複雑さとか機微みたいなものが東洋の果ての島国から見たら面白いなぁと思います。

こういう時代

知人の話で、おまけにシトロエンネタじゃなくて恐縮ですが、ちょっとばかりお付き合いください。
関東に住む友人は、メルセデスのCをずっと乗っており、現在のW205だけでも3台目というのですから、よほどヤナセの言いなりに買い換えさせられているようです。
現在の車は今年買ったそうですが、ある日出かけようとしたら、エンジンは掛かったものの正面のメーターはじめ液晶パネル一切が真っ暗になっていて、幸いヤナセが徒歩でも10分という距離なので、すぐになんとかなるだろうと恐る恐る走っていったそうです。

ところが修理は想像以上に手間取り、戻ってきたのはそれから一ヶ月ちかく経った頃だったとか。しかもはじめの一週間は代車はすべて出払っていて車なしの生活を余儀なくされ、コロナ禍の夏の時期、買い物に行くのにも難儀な思いをしたそうです。
おまけに判明したのは「メルセデス純正パーツ」と言っても液晶パネルは韓国製なんだそうで、ヤナセの必死の取り組みにもかかわらず、これだけの時間を要したというのは、昔を思えばちょっと考えられないことです。
しかもCはすでに新型が発表され、W205は発表から7年、もっとも熟成されたはずのモデル末期ですから驚きもひとしおでした。

もしこれが、保証期間外だったら費用の面でも一体どんなことになるのか、考えてみただけでも恐ろしい。
MBは新型が出るたび、どれもますます液晶パネルの占める割合が異様なほど巨大化される傾向にあり、それだけ不安も増大しているように見えてしまいます。

ちなみにYouTubeの中には、輸入車のハイブリッドだけは買ってはいけないというのがあり、ハイブリッド用のバッテリーの交換が必要となると、何かの間違いでは?というようなすさまじい価格(動画内でディーラーの請求書が公開されています)となり、パーツ代と工賃と30数万円ほどの値引きを合計しても、同型の中古車が数台買えるほどだというのですから、背筋も凍るような話です。

こうなるともはや自費での修理や交換は実行性に乏しく、迫り来るEVの時代は、スマホみたいに2年毎に車を買い替えなくてはいけないようになるのかと思うと、暗澹たる気分になります。
こんな話に比べたら、ハイドロのオイル漏れなんて、ぜんぜん大したことじゃないよね!というような気がしてきます。

※上記写真はイメージです。

フランス車大図鑑

カーグラフィック発刊の『フランス車大図鑑』を購入しました。
「1960年から2020年にフランスで製造・販売された乗用車276モデルを網羅した大図鑑」ということで、個人的に最も関心を寄せる時代の60年間のフランス車が網羅されており、今後このような本が出てくることもなかなかないだろうと思い、つい奮発してしまいました。

目次。シトロエンとDSは一つにまとめられていますが、それでもこんなにもたくさんのメーカーがあったんですね。

中国専用モデルのたぐいは一切スルーされているのに、ルーマニアの工場で製造された現地専用モデルとか、日本製の三菱アウトランダーベースのシトロエンCクロッサー/プジョー4007などは掲載されているあたりが痛快でもありました。

もっとご紹介したいですが、あまりおおっぴらにもできないので、こんな感じという程度です。

モデルごとに1〜2ページで解説されており、資料性の高い一冊だと思います。
こうしてまとめられてみると、知らないフランス車も次々に出てくるばかりか、シトロエンでも未知のモデルが存在していたこともわかるなど、おもしろいですよ。

ちなみに『イタリア車大図鑑』というのもあるようです。
以前から感じていたことですが、フランス車とイタリア車は「ラテン車」として一括りにされ、兄弟のように語られることも多いけれど、個人的にほとんど共通点を見いだせず、その捉え方には少し違和感を覚えます。
何かで読んだ記憶がありますが、日本人はよく「欧米」と軽くいうけれど、実際には「欧」と「米」では成り立ちから何からすべてが違うので、そんな概念自体が間違いだとありましたが、似たようなことなのか…。
日本と近隣諸国も実際はぜんぜん違いますが、その「欧米」からみれば同様に思われているのかも。


消えゆくSHELLの灯

シェルがアポロに統合されて、いずれ無くなるというショッキングな話を聞いたのはいつごろだったか…。
それがここへきて現実のものとなり、街中からあの何十年と目にしてきた貝殻のマークが、一つまた一つと消えるようになりました。

私が給油してるSSは開店して間もない新しいところだったので、もうしばらくは大丈夫だろうと思っていたら、先日給油に行ったところいきなりアポロのマークになっていて衝撃を受けました。

しかも、アポロのマークは従来の出光のものとも違い、ややシンプルすぎるような印象。
シェル時代の黄色と赤で統一されたスタンド内のあの雰囲気もなくなり、味も素っ気もないもので寂しい限りです。

多くの自動車ファンから支持されていたシェル独自のハイオク「V-Power」もこれを機になくなり、ただのハイオクになってしまいました。この先はEVの時代で、燃料自体がこれまでのように手に入るかどうかもわからない時代が迫っているのかもしれず、寂しい限りです。

涼をとる

猛暑が続きますね。夜でも外気温が連日30℃を越しており、車には過酷ともいえる季節が続いています。

以前、ducaさんのアドバイスで、停車後はできるだけボンネットは開けて放熱を助けたほうがいいとのことで、今でもその教えを守っています。さすがに出先でまではやりませんが、帰宅後は必ずボンネットを開けてから、ガレージを後にするというのが習慣になりました。
ボンネットを開けた瞬間の、顔が炙られんばかりにグワッと立ち昇ってくるすさまじい熱は、たしかにこれをするとしないとではゴム関係などの劣化がずいぶん違うだろうなぁと思います。

C5-aircrossのボンネットはカタチがちょっと変わっていて、左右に水でも溜まりそうな大きな凹みがあり、それが走行中も視野に入りますが、なんとなく愛嬌があります。
壁に見える「CITROEN」の文字は、昔のディーラーが閉鎖する際に「要りますか?」といわれ、二つ返事でもらって帰ってきたものですが、こうして見るとバカ丸出しですね。その手前に大きな梁があるおかげで、外からは見えないのが幸いですが。

また、走行距離が3000kmをこえたので、厳しい夏を迎えるにあたり、規定では定められていないけれど自己満足もあって7月初めエンジンオイルを交換しました。
純正は0W-30ですが、ちょっとどうかな?…という気もするので、オイル屋さんと相談の結果5W-35に。こちらもducaさんご推奨のニューテックというオイルですが、クリーンディーゼルというのはどうもオイルの規格に厳しいようで、輸入元へ何度も調べていただいた上で適正であるとの回答を得ての交換でしたが、やはりエンジンオイルは新しくなると気持ちも晴れやかです。

オイルショップにて。最近は省エネという狙いもあるのか、0Wなどというのが普通になってきていますが、せめて5Wほしいというのはそこのご主人も同意見で、そのぶんわずかに燃費悪化に反映されるかもしれないけれど、やはりこれくらいが落ち着きます。
ニューテックはもともと良質のオイルではありましたが、ディーゼル特有の音もほんの少し角が丸くなり押さえられた印象です。

ピカソ

今月のお茶会は参加者数やコロナ状況を考慮して中止としましたが、中止決定後にも参加表明があったりで、せっかくでもあるので、ちょっとだけ顔を合わせることになりました。
「クラブとしてのお茶会」ではないので、敢えて告知はしませんでした。

場所は他に思いつかないのでいつものココス。
駐車場に到着してみると、kunnyさんのC6のとなりに、はじめて見る黄色いC4-Picassoがいるではありませんか!参加者は当初お茶会に参加表明していた4名だったので、Picassoはだれの仕業か「また、やったみたいだな…」とすぐにピンときました。

なんでも今年のはじめに手許にきたそうで、なんと、しばらくは家に6台!のシトロエンがあったそうですが、現在はDS3はなくなって、それでも5台というのですからあっぱれです!

店を出た後は、試乗会となりC4-Picassoの試乗会となりましたが、さすがは7人乗りだけあって、大人4人でも広々していました。どう見ても縦方向のほうが長いフロントウインドウに広いガラスルーフが連なり、開放感は抜群で、それを前提とされているのか、エアコンはめちゃめちゃ効きがいいそうです。

黄色系の色もとても素敵で、走行は6万キロに満たない車体でしたが、広い室内、未来的な前方の景色、DSのようにハンドルの向こうに立つ繊細なシフトレバーなど、細部の工夫やデザインも秀逸で、C6や初代C4の時代の繊細なデザイン言語が随所に散りばめられた車でした。
たくさんの人を乗せるための実用車にも、どこか気が利いていて、独特なシトロエンのやわらかでシックな雰囲気が漂います。
いつもの駐車場ですが、心なしかひっそりした感じも…。

映画の話

『ル・コルビュジエの家』(2009年 アルゼンチン)というのを観たところ、はじめのクレジットにいきなりシトロエンの正式なロゴが出てきて、この映画に協賛しているらしいことにびっくり。
内容は、南米で唯一のル・コルビュジエ設計の家に建築家の夫妻が住んでいたところ、隣接する住人が、ある日突然、こちらが丸見えになってしまう場所に窓を作ろうと、壁をガンガン崩し始めることから起こるご近所トラブルというか、心理劇のような内容です。

シトロエンのロゴが出るシーンや、C6登場の様子などもご紹介したかったのですが、気がついた時にはアマゾンプライムで有料になっていたのであきらめて、ネットからポターを拝借。
この下にもシトロエンのロゴがあるのですが、それがあまりに画像が悪くて断念しました。

そのコルビュジエ設計の家の車がなんとC6で、ウギャア!と思いました。
期待するほどC6が頻繁に出てくるほどではなかったけれど、アルゼンチンでもC6は正式に販売されていたんでしょうね。
隣人との攻防がエスカレートする中、嫌がらせで、C6が無残なことになりはしないかとヒヤヒヤでしたが、幸いそれはありませんでした。

そのコルビュジエ繋がりでいうと『ル・コルビュジエとアイリーン』という2015年の映画もあり、コルビュジエほどの大建築家が、同時代の家具デザイナーであったグレイ・アイリーンの才能に嫉妬し、彼女が南仏に建てた家に執着、長らくコルビュジエ作とまで思われていたヴィラを舞台とする美しい映画です。
私はこちらのほうが面白かったけれど、トーマス・エジソンしかり、歴史上の偉人と讃えられる人も、実際の人間性は、その偉業とは裏腹に相当イヤな奴だったということは珍しいことではないようです。

おしらせ

いかがお過ごしでしょうか?
ついにオリンピックも開催されるようで、ならばささやかなお茶会ぐらいやっても良さそうにも思いますが、蔓延防止措置が解除されないことには、お店も20時で閉まり開催する場所もないことから、ひとまず現在の規制が解除されてから検討したいと思います。
ワクチンも少しずつ行き渡ってきており、改善の方向に向かえばいいのですが。

意外な共通点

シトロエン愛好家の多くは、クルマ以外にもあれこれ趣味をお持ちの方が多く、私の場合、もうひとつの趣味が音楽でありピアノです。

この両者、意外にも通じるところがあって、日本のピアノメーカーでトヨタに相当するのはみなさんご存知のヤマハ、カワイはさしずめ日産といったところでしょうか。
そのヤマハのグランドピアノのモデル名というのが、実はシトロエンとそっくりで、標準モデルはC1〜C7というラインナップで、数字が大きくなるほど大型化するのも同じです。
ヤマハにはC4というのはありませんが、そこだけプレミアムシリーズでS4というのがあり、逆にシトロエンにC7はないけれども、DS7というのがあるのも好対照です。

これだけでは終わりません。ヤマハの現行モデルでは数字のうしろにXがついてC3X、C5Xとなり、これを総称して「CXシリーズ」と呼ばれるのもエッ?という感じでしたが、それでいうとカワイのグランドピアノには1980年代に「GSシリーズ」というのがありました。
さらに驚いたのは、つい最近発表されたシトロエンの最新モデル名は、なんとC5Xだそうで、またもヤマハピアノと同じモデル名になったとは、こんな偶然ってあるの?という感じです。

上の写真は、ピアノの内部には「フレーム」という弦を張るための鉄骨があり、そこに印されたヤマハグランドピアノのモデル名。

ついでにいうと、カワイのグランドの標準モデルは数年前までRXシリーズといい、サイズによってRX-3RX-7というのがあったし、1980年前後にはヤマハのアップライトピアノの高級機にW201という、メルセデスの190シリーズのような名のピアノがあって、これは現在ではあり得ないような手の込んだ杢目の堂々たるボディが特徴で、40年たった今でも値崩れしない人気モデルだったりします。

さらに海外に目を向けると、イタリアにはFAZIOLI(ファツィオリ)という高級ピアノのメーカーがありますが、そのモデル名はF228、F278、F308といった具合に、まるでフェラーリを思わせるようで、275GTBとか308シリーズ、F355などを想起させられます。FではじまりIで終わる7文字の会社名、カタカナで書いてもフではじまりリで終わるというのも共通しています。

〜だから何?という話ですが、ちょっとご紹介してみました。

似てる

カーグラの6月号で「あれっ?」ということが。

巻頭はBMWのMの特集で、そのあとP58から「日仏コンパクトカー対決、お薦めはこれだ」という比較記事があり、そこにはマイナーチェンジされたC3もエントリーしています。
さらにその次の記事というのがP66からの「マクラーレン エルバ」というどえらいモンスターマシンの記事なんですが、なにやらさっき見たようなものが…と思ったら、あらら、ホイールのデザインがほとんど同じなんです。
しかも、車両価格はC3は259万円、マクラーレン・エルバはなんと2億500万円だそうで、C3の約80台分のお値段!それなのにホイールのデザインが酷似しており、記事も隣り合わせというところが笑えました。

で、考えてみたら我がC5エアクロスも、ほぼ同じようなデザインで、個人的にはそんなに素晴しいデザインとも思えず、なんで?…と不思議です。そもそも黒基調で一部だけがポリッシュの銀色というのも趣味じゃないのですが、こういうの最近多いですね。

ちなみに、昨日は出かけたら、DS4、プジョーの308、3008、2008、ルノー・カングー、C3(MC前)☓2、C3エアクロスなど、やたらと遭遇しました。
しかも、C3とは信号で横に並び、2008とは駐車場で隣に並んだのに、いずれもドライバーは無関心でツーンとした感じでしかなく、昔だったらなんとなく互いにチラチラ見るような楽しい気配があったことを思うと、時代もオーナー層もすっかりかわってしまったんだと思います。