C6 MP3再生

Aです。C6はハイドロおよびエンジンオイル漏れ修理そしてタイヤ交換を経て快調に距離計を回し、5,000kmを追加しようとしています。給油のハンドルを握る時間が長くて毎度ビビります。

毎度6番の給油口です。

音声の外部入力が出来るはずと書き込みをみて、調べてみました。C6のオーディオの入力選択でAUXにすると、追加されているHDDナビ側に切り替わること。アームレストの底に3極のミニジャックがあること。がわかりました。AUX側に切り替えればミニジャックが使えるかと思ったら鳴らずにしばらく悩んでいましたが、トランクをのぞくと、後付の地デジチューナーがあり、それが追加のセレクターを経由してAUXに接続している。そして、HDDナビの設定画面でVTR2をONにすると音楽が鳴るようになりました。

iPod tuchを載せたままでもいいのですが、乗り降りするたびに操作するのも煩わしいので、探してみると、USBメモリのMP3を再生するボードが153円で売られているの見て試してみました。

KKHMF TFカード Uディスク Mp3デコーダ モジュール デコーダボード

机上で鳴らしてみるとソコソコの音質。電源ONで前回の曲の初めから再生します。数年前から売られているようですが、153円の性能とは思えません。中華半導体パワーの凄さでしょうか。

アームレストの底に忍ばせて

試しに、シガーソケットから電源とってしばらく使って見ようと思います。

C6 MP3再生」への4件のフィードバック

  1. 調べると皆さんいろいろ苦労がおありのようですね。

    私は、格安SIMを刺した中古iPadmini5のタブレットを使って、ナビアプリ音声とSpotifyアプリの音楽をBluetooth出力で済ませようといろいろ調べました。
    結果的に純正1DINのオーディオユニット(DEH-P640)のAUX1に、Bluetoothレシーバー(https://amzn.to/3A7WuIM)を刺して運用しています。

    複数のブログ情報によると、日本仕様のC5のカロッツェリアナビ(HDDミュージックサーバー)が、1DINオーディオDEH-P640の裏のAUX2に優先接続されている場合と、接続されずナビのスピーカーからしょぼく鳴らしている場合があるようです。

    前者の場合は、裏のAUX2が優先なので表に見えているAUX1端子は使えないはずですが、私のは幸い後者でAUX1が生きてました。

    • 苦労されていますね。
      格安SIMも興味ありましたが、持ち物増やしたくないので(車内に置きっぱなしにできる)MP3基板で試行中です。C6もCD-RにMP3焼いてあげれば使えるのですが、夏場にディスクを排出し難くなるのとちょっと容量が小さいです。
      C6はディジタルのインターフェイスが過渡期でちょっと惜しいですね。

  2. 音声の外部入力が可能になり良かったですね。

    C5X7さんのように、今のピンジャックにBluetoothアダプター(レシーバー)をつければワイアレスでiPad やiPhone から音楽を聴けて、さらに便利かも?

    今のようにUSBメモリーから聴くのも簡単でいいですけどね。
    s

    • MP3の基板を購入するときに間違ってBluetoothの基板も購入してしまいました。これはこれでいいのかも思ったのですが、ipod touch必要なことと、音質がもう一息で使うのをやめました。
      MP3基板はキーひねれば鳴り始めるので気を使わなくていいです。しばらく使って不具合なければケースを作ってあげようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください