Vive la suspension hydropneumatique !

一昨年までの出張で溜まっていたマイルの期限が切れてしまうので、この機を逃す手はないと、クラシック・シトロエン体験とC5V6の物件探しで東京の JAVELと下妻の Modern-Supply を訪問したのは5月中旬の事。

まずは、JAVELを訪問。
戸越銀座の懐かしい感じの商店街を抜けると、整備中のDSが道路にはみ出している建物が目に入り、あ、ココだとすぐにわかりました(笑)

JAVEL

ここでは、JAVEL謹製フルコン制御低圧ガソリンターボCXとC6HDiに試乗させてもらいました。
クラシック・シトロエン自体を運転するのは初めてですし、なかなか手ごわい運転感覚と緊張の中よくわからないままCXの試乗は終了。
それに比べ、C6HDiはさすがに現代車なので乗りやすく、なるほどの「どんぶらこ感」、これは癖になりますね。
ただ、いかんせん私の環境にはデカすぎですはC6。
https://javel.co.jp/models.php

お客さんの実に渋い色のCX 

2日目は、下妻の Modern-Supply へ。
HPを拝見しててそんな予感はしていましたが、元Mazdaディーラー跡というそこは、好事家にはお宝の山でしょうが、普通の人から見たらさしずめ???な場所で、因みに社長の奥様が初めてここを見に来られたときは、しばらく「絶句」されたとか(笑)

Modern-Supply つくばガレージ

もともと杉並区での輸入家具販売が本業で、シトロエン好きが高じてクルマも取り扱うようになったのだとか。
どれも整備前のベース車両の状態ですが、CXTRD5MT・CXGTI・C5V6ツアラー・C6に試乗させてもらいました。
CXは、ディーセルターボ・ガソリンモデルともやはり完調ではない感じ。
社用車のC5ツアラーの後部座席では、あれ?ちょっと固い?と思いましたが、運転席は流石の乗り心地。
C6は、お約束のロアアーム・ブッシュを交換しなければとのことで、なるほどコツコツと音をさせながらも、見事に田舎道のうねりをいなしていきます。
https://garage.modern-supply.com/

実物を見るのは2019年に赤坂のイベントで見て以来2度目
整備工場内はDS祭り
4CVもいいけど、「空冷馬鹿」としては手頃なサイズ感のGSに惹かれます(笑)
この後、2CVの後席に乗っけてもらいました。初体験は実に愉快!

最終日は、三鷹の中古屋さんで、気になってたワンオーナー3.6万キロのC5V6ツアラーの売り物をちょこっと試乗。町中でも良い感じの乗り心地です。
それにしても、マティボワールの実物は実にいい色ですね。
社用車だったらしく、10年落ちとはいえ内外装とも新車同様で、そのため価格もかなり強気の乗りだし200諭吉(笑) 。
記録簿も揃っており、大きなところでは右フロントのサスシリンダーが交換されてました。私が試乗したのは売れてしまったようですが、 308諭吉の僅か6,000kmの1.6L版などいろいろあるようです。→
https://bit.ly/3hheR84

あまりの程度の良さに思わず「これ下さい!」とそのまま乗って帰りそうになりましたが、その時はまだ JAVELで探してもらった車をきっちり仕上げてもらって、それくらい+α の予算という心づもりだったので断念。

どちらもシトロエン愛に溢れる専門店でした。試乗体験ありがとうございました!

とまぁ、それぞれ貴重な雲上体験を元に、灰泥沼への第一歩を踏み入れた次第です(笑)

カテゴリー: C5X7さん   タグ: , ,   作成者: C5X7   この投稿のパーマリンク

C5X7 について

大昔30年ほど前に、試乗したエグザンティアの乗り味が忘れられずで、ついに最後のハイドロ車C5X7V6の足回り初期化が完了し納車。 郷里、広島に戻って8年目のしがない定年再雇用の身ながら 車:Porsche911 3.2L 1989年式 バイク:NortonCommnado961 2017年式 の空冷エンジン2台体制からついに夢の増車です。 乗ると忽ち酔うので大のポルシェ嫌いのカミさんとの旅行用という大義面分で(爆)

Vive la suspension hydropneumatique !」への3件のフィードバック

  1. JAVELとModern-Supply 両社とも行ったことがないので写真は参考になりました。JAVELのDSが頭だけ出ていたのも面白かったですね。
    Modern-Supplyには今までCXやXmの部品で大変お世話になりましたが、C6は何故か扱わなくなり、その後はご無沙汰です。
    それにしても古いシトロエンの宝の山ですね。何人のメカニックがいるのか知りませんが、すごい情熱ですね。
    家具もセンスの良いものを扱ってあった記憶があります。

    • それは良かったです。

      JAVELは小さな三角ビルの1階が整備工場になっていて、年配の方と若いメカニックの方が作業されていました。リフトを撤去してしまった為、GSがぽつんと2階の窓際に取り残されています。そこは事務スペースと部品倉庫の様でした。

      近くに駐車場があり、いかにも部品取りやこれから仕上げたりのCXやC6たちが数台眠っていたりもします。あの日は、写真に写っているCXの引き渡しに出くわし、内・外装を赤系統でばっちり決めた車にスーツ姿のオーナーの方が乗り込んでさっそうと走り去っていきました。格好よかったです。因みに、探すところからだと数年待ちが当たり前のJAVELの世界において、この方のこのCXは、日本に輸入する直前で発注者からキャンセルになった車なので、実質このオーナーは1年待ち、なので「早い」のだそうデス(驚)
      ちなみに、横浜にお住いの竹村さんは、休みの日にはこれで波乗りに。→ https://bit.ly/3dzhRuq

      Modern-Supplyの整備工場の奥では、年配のメカニックの方が、黒煙をもくもくさせながらディーゼルCXのエンジン調整にかかりきりでした。鈴木さん曰く、クラシック・シトロエンの整備は、「1+1が簡単に2にはならないので、そこを面白いと感じられる人でないとなかなか続かないんですよねー」とのぼやきも。そして、今はまだ中身はスカスカだけど、本国のHPにヒストリック部品供給のサイトが立ち上がったので、今後の充実を期待しているとも。

      • なかなか興味あるお話・情報をありがとうございました。
        オールドシトロエンがストレスなく維持できるようになれば良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください