4ヶ月

C5エアクロスに乗り始めて約4ヶ月、オドメーターは1700kmを超えたところで、とりあえずの感想など。

一番の注目点はPHCだと思いますが、ただ足がやわらかいというだけでなく、近ごろではマークだけを付け替えたような車も多い中で、乗った感じのシトロエンらしさも充分に保たれており、贔屓目かもしれませんがまずは合格点じゃないかというのが率直なところです。

今どき、大半の車がサスは固く引き締められるのが当然という時代にあって、C5acの価格帯でここまでソフトに徹したサスペンションを持つ車はそうはないのでは?
それでいて山坂のカーブでも高速でも、腰砕けになることがないのもシトロエンの伝統はしっかりと受け継がれています。
ハイドロの、走りながらグーッとお尻が上がってくるような特異な動きはないけれど、夜間など、わずかなアクセルワークのたびに光軸が上下に動いたり、駐車場からの発進時、うっかりPブレーキを解除し忘れて慌ててOFFにすると、たまっていた駆動力でパフーンとお尻を上げながら動き出すなど、昔のハイドロニューマティックの頃や2CVにも通じるものを感じます。

むろんハイドロのあの深い世界には及びませんが、オイル(LHM/LDS)もスフェアも無しで、ここまでシトロエンらしさを再現してみせたことは画期的なことじゃないかと思います。
加えてハイドロでは不可避の、角の立ったハーシュネスがほとんどなく、段差や継ぎ目をまろやかにいなすことも乗り心地への貢献度は小さくないものを感じます。

もうひとつシトロエンらしいと思うのは、高速でまったく力まない、愉快で淡々とした走りでしょう。
そのストレスフリーな走りはC6にも通じるものがあるし、ドイツ車のような機械の精度や理論の結集によって達成される安定ではなく、鳥が空をとぶように自然体で「これが一番ラクだよね」といっているようで、これぞフランス車の真骨頂。
高速巡航が得意というのは、乗り心地と並ぶシトロエンの必須要件だと思いますが余裕でクリアしているようです。
普通の試乗で高速まではなかなか確認できませんが、シトロエンって高速巡航するとき、クルマのキャラクターがより明るく親密になるような気がしませんか?

最近オープンした「キテラタウン福岡長浜」の屋上駐車場にて。1Fに24時間営業の地元スーパーがありますが、夜はガラガラで、車の写真を撮るには手軽でいいですよ。

我が家のガレージからハイドロ車がいなくなったのは、ここ30年余で二度目のことですが、長くなったので、そのあたりのことはまたいずれ書いてみることにします。

4ヶ月」への11件のフィードバック

  1. chiracさん
    こんにちは。congです。C5エアクロス良いですね。ディーラーにお伺いしたら、この赤と白が売れ筋だそうです。私は変態なのでガンメタの車を検討中です。お店ではベルランゴが一番売れているそうです。CCQの会員の中にはベルランゴオーナーはおられないのでしょうか。長期使用者の感想など聞いてみたいところです。最近のシトロエンはCGのロングタームテストに選ばれないのでそういった情報が入ってこないのが残念なところです。そんな訳でchiracさんの記事はとても参考になります。

    • ベルランゴの方はいらっしゃいませんが、プジョーにも似たようなのがあるようで、ルノーのカングーと並んであの手はずいぶん人気のようですね。仕事から遊びまで、使用範囲が広いというのも人気の秘密でしょうか?
      たしかにカーグラの長期テスト、昔はシトロエンは常連だったのに最近はありませんね。それも最近のカーグラがつまらない理由のひとつかもしれません。クルマはディーラーの周囲を回ったぐらいじゃわからない事のほうが多いですし、この情報過多の時代でも、本当に必要とする情報は極めて少ないですね。またご参考になるようなレポートができるよう、がんばります。

  2. chiracさん
    congです。ありがとうございます。長期レポ期待してます。そう言えば同じ街に紺のスペースツアラー(名前にC4がつかないデカいやつです)を乗っている若い方がおられます。並行輸入業者から買ったそうです。値段もかなり高かったらしいです。日本人はSUVよりもミニバン好きだからアルファード的な車が売れ筋になるのでしょうね。CGと言えば表紙の裏の西武自販の広告いつも見てました。こんなことを書くと歳がバレますが、私は鈴木編集長の頃の雑誌NAVIが好きで毎月買ってました。懐かしいです。

    • 私もその世代ですが、あの頃のNAVIはクルマに社会文化を絡めた切り口で面白かったですね。昔のクルマ雑誌に魅力があったのは、書き手にもある程度の裁量があったし、主観や自由を容認する空気があり、各人もそれなりの矜持をもって書いていたからだと思います。いまはスポンサーの力が格段に増し、少しでもマイナスのことを書くと吊るしあげられるらしいので、なにもかもが骨抜きです。欠点には目をつむり、やたら褒め称えるだけのスポンサーの代弁者みたいなものだから半分も信用できません。
      こういうことも、自動車文化が衰退する一因じゃないかと思いますが。

  3. chiracさん
    congです。ネットで世界が近くなる前の時代だったので、車のような工業製品にもその国の「社会文化」の違いが色濃く反映されていて、車自体も味があった良い時代だったと思います。近県に90年代の輸入車に特化した中古車屋があり、いつも憧れてHPを眺めているのですが、展示車全てサンシェードで保護されていて感心しています。社長の趣味のお店みたいな感じなのですが、80〜90年代に青春時代を過ごした自分にはたまらないものがあります。郷愁をそそられます。すごく良いお店で他人に紹介したいのだけれど、自分だけで独占したくて教えたくないアンビバレントな気持ち分かりますか。私はPCも好きなのですが、10年前のPCはイラつくだけですが、車なら味となります。自分はBXを20年間、C5X3を11年間きっちり乗りましたが、国産車のように4年に1回乗り換えるのではなく、エコができて家計的にも貢献したと我が家の大蔵大臣に胸を張りたいのですが…。伊藤かずえさんのシーマや、新山千春さんのJeepラングラーなど古い車を大切に乗っている人が話題になるのは個人的には嬉しくって国も税制的にサポートしてくれないかなと感じています。本当は1/1ミニカーとして複数台の車を所有したいのですが、税金がかかりすぎます。良い方法があったら教えていただきたいと思う今日この頃です。

    • 90年代に特化したお店ですか。その時代は前の時代からハイテクの時代に移り変わる、端境期みたいな時期で独特な魅力がありますね。シトロエンでいうとXMとかXantiaとか。自分が好きな店って、教えたい気持ちと逆の気持ちが交錯するのはわかります。
      中古車店もいまや、BIGMOTORが象徴するように巨大化するものだけが勝ち残っていく傾向にあるので、小さい店は敢えて範囲を絞って骨董店的な特徴を出すしか生きる道もないんでしょうね。
      古い車で決定的なのはパーツ問題ですね。
      税金も困りますが、パーツが消えてなくなれば、どんなに大事に乗り続ける気持ちがあってもできなくなり思い切って走れなくなる。しかし、メーカー自体が売れよがしの体質で、過去に販売した車の延命に責任をもつ気なんて、サラサラないことも、自動車文化が衰退する一因でしょうね、悲しい話ですが。

  4. chiracさん
    こんにちは。congです。こちらは晴天の気持ち良い1日です。外出したいところですが…。さて、自分は国内で解体パーツすら見つからない時はオランダとノルウエーの某ショップから解体パーツなど通販で買って対応していました。特にオランダの某解体ショップは中古パーツの在庫が豊富で重宝したのですがクレジットカードがNGで、PayPalも知らないと言われ、郵便為替で送金していたので注文から商品の発送まで時間がかかって仕方がなかったことを記憶しています。また、航空便がクリスマスシーズンとぶつかると郵便局も殺人的な忙しさになるらしく送ってもらった商品が行方不明になったこともありました。今は内装も外装と同じように専門業者にパテと塗装と布・革の張り替えで対応OKと割り切り、気持ちがとても楽になりました(内装パーツが一番早く欠品しますよね。)。BXの末期の頃はゴムホースの部品は作ってもらったりして対応してもらいました。ただ、古い車は毎日足として乗るのはやはり厳しいので、セカンドカーを買うのが一番良いとは思います。職場の友人の愛車がハーレーなのですが、通勤のために9万円のバイクを買ったら、奥さんからしこたま怒られたと嘆いていました。「通勤用」「趣味用」と車を使い分ける発想が理解してもらえないのは我が家も同じです。

  5. 「キテラタウン福岡長浜」の情報をありがとうございました。
    家から近いので今度行ってみます😄

    話変わりますが、先日トヨタのヴィッツに乗ったら、足回りがソフトでシトロエンも負けるかと思うほど!50km/hまでならこれでなんの問題もないのでは?と思わせるものでした。
    しかし80km/h以上の走行では馬脚を現すというか、足回りが軽薄で落ち着かなくなります。僕が持つルノーのルーテシア(Ⅳ)と同じセグメントⅡとは思えない走りっぷりです。内装の趣味もいまいちで、所有欲は出ないデザインです。
    今度のヤリスは評判が良いけどどうでしょうか?

    • ゆっくり車の写真が撮れる場所って意外にありませんよね。

      ヤリスはヨーロッパの逆輸入車的なイメージ戦略が功を奏しているような。私は新型Fitが出たのを見た瞬間、フランス車を意識していると感じてニンマリでしたが、一般的にはヤリスのアクの強さのほうが好まれるんでしょうか。

      優しいまなざしのシトロエンも、最近ではC4やC3のMC版がそうであるように、だんだん昆虫的な睨み顔になってきている気がします。
      C6などは柔和できれいな顔立ちといい、恰幅の良さといい、ゴールデンレトリーバーですね。

  6. ゆっくり車の写真を撮れるところは確かにあまりないですね。人の目を気にする小心者の私など、街でカッコいい🚗を見た時写真を撮りたいなと思うこともあるのですが、持ち主がどう思うか?とか、周囲の人の目も気になり我慢しています🥲
    ショーウィンドウに映る自分の車を見て、おおなんてかっこいいんだ!とニンマリする程度です。

    僕はずいぶん前から、今の車の顔はプレデター顔が多いと行ってきたのですが、メルセデスの重役も同じ言い方をしていたのには笑いました。

    犬に例えて、C6がゴールデンレトリーバーなら、今のフェラーリ、ランポルギーニ、アルファードなどピットブルでしょう?
    蛇足ですが、「ワンスアポンナタイムインハリウッド」という映画でブラッドピットが飼っていた犬がそうですね。ブラッドピットを殺そうとしたやつに噛み付いて離れなかったですね。
    飼い主も時々咬み殺されるので、国によっては買うことを禁じられています。でもピットブルの名誉のために言うと、穏やかで可愛い性格の犬らしいですよ🐕
    ピットブルとドーベルマンのmix が家の近くにいて、初め緊張しましたが、優しい犬でした。

    • とくに今どきなので、他人の車の写真を撮るのは、ヘンな誤解はされたくないし私もなかなか勇気が出ません。

      メルセデスの重役がそんな発言をしているんですね。
      だからなのか、さっき、発表されたばかりのSクラスが早くも街を走っているのを見ましたが、顔はずいぶん地味になり、どちらかというとクラくて淋しげな印象でした。リアも同様で、あれで売れるのかな?と思うほどでしたよ。

      新型車といえば、発表されたNewC5は、全体に先に発表されたC4とパッとは区別がつかない感じですね。
      過去のモデルの要素をあれこれ散りばめ、今風にまとめました…という感じで、かっこいいとかオシャレとかいうより、ごちゃごちゃした感じでした。
      もちろん私の主観ですが、みなさんはどう思われるでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください