シトロエンの正しい乗り方?

CGといえば、日本人自動車デザイナー永島譲二さんが担当する『駄車・名車・古車』というコラムがあります。
美大を出て、アメリカに渡り、その後はオペルやルノーで仕事をした後、BMWに入って5シリーズ(E39)や3シリーズ(E90)、Zロードスターの外観デザインを担当するなどの作品を残されている、傑出した日本人デザイナーで絵も素晴らしい。

今月号によると、永島さんは1980年代の終わりごろパリに住み、なんと個人売買専門誌で探してDSを所有しておられたとか。しかもこの方、新車でも中古車でも日常の足にこき使い、コレクションには興味ない由。

そこに綴られていたDSに対するフランス人の認識に仰天。
皆口をそろえて「あの車はコワれない(エンジンがトラクター並)」「(少し略しますが)ハイドロもまず壊れることはないし、壊れてもポンプを交換すれば事実上新車状態に戻り、経済的」「DSはデカくて人がたくさん乗れるだけが取柄の面白みのない車(えええ?!)だが、中古が安く信頼性が高いから学生に人気がある」などと、我々の崇め奉るDS像とはことごとく正反対のことが述べられていて、ただもう驚くばかり。

また操作が難しい半自動ミッションは、一見さんお断りのギクシャク当たり前の機構で有名ですが、フランス人によるお手本操作では「ふんぞり返るように上体の半分をドア側にあずけるような斜めの姿勢で座り、この世のことはすべて飽き果てたといった感じのかったるそうな手つきでぞんざいにカシャカシャと動かすと、DSはひとつもギクシャクすることなく滑るように快適に走った」とあります。
「要するに気にしなきゃいい、まじめに考えるからギクシャクするので、態度の悪い運ちゃんのようにテキトーに操作すればそれが一番で、ついでに人生なんてこんなものさと、鼻歌混じりに過敏なブレーキも踏む。そういういい加減なパリ野郎風のネジの緩んだ運転をすればちゃんと走る(一部略)」みたいなことが書いてあるのには衝撃を受けました。

この写真はネットからお借りしました。

それにひきかえ日本人は必要以上に車を大事にし、枝葉末節にこだわり、小さな傷や凹みでも速攻で板金工場に入れるし、乗り心地の変化にも一喜一憂、どこかちょっと壊れたりオイル漏れでも見つけた日にはこの世の終わりのように大騒ぎ、暖機はどうだ、赤信号ではDのままかNにするか、駐車時にはATのセレクターとパーキングブレーキどちらが先であるべきか等々、とにかく、パリ人のそれとは似ても似つかぬチマチマした乗り方。
私なんぞはさらにその上を行き、ワイパーを連続作動させるとガラスに傷がつく、ハンドルのいつも触る部分にはテカリが出てイヤ、果ては雨に日は汚れるから乗りたくないなど、上記の正統(かどうかはしらないけれど)シトロエン使いであるパリ人の雑でカッコイイ使い方にくらべると、すべてが滑稽なほど逆でなんとダサイことかと思いました。

シトロエンは車が変態なのではなく、日本人が自ら変態化しているフシがあり、パリでは今も昔も健康で強くて情容赦なくこき使われる道具であるようです。

シトロエンの正しい乗り方?」への8件のフィードバック

  1. 埼玉県でシトロエンを40年ほど愛用している者です、2CVは最初に買った車なのか今も持っていますがボンネットの塗装は自分の頭と同じようになってきましたしバンパーはカーグラで譲っていただいた当時からの錆は少し進んでいます。通勤していたころはハイドロの乗り心地をシトロエン社の理想に近づけるために自分で調整し快適さ時には命を守ってくれたようなことも何度かあったように思っています。偶然か私の周りにもピカピカなシトロエンは少なかったですね。

    • 2CVに40年お乗りとは、もはや家族同様ですね。
      本当は、車はピカピカじゃないほうがカッコイイことはわかっているんですが、それができない自分が情けないところです。
      2CVは雑音がかなりにぎやかなので、耳栓をして乗ってみたら、まるで小さなCXのようで感動したことは忘れられません。

  2. 仰る様に、軟弱で過保護屋の当方には立ち眩みが起きそうな お話ですが、それでも拙い話で恐縮乍ら 以前 巨星小林彰太郎氏もご自身のXantiaを走り倒されてあったとか、本国ではタクシー車等々とか聞いた様な気もするし、レーセーに考えると本来はそんなモンなんでしょうネ~。
    変態化しているフシがあるドカ田も ノーミソのバージョンアップかダウンが必要の様で・・・。(汗)

    • 長年染み付いたことを「ハイ明日から変更」というわけにはいきませんが、使い倒してこそ車は活きるというのはこの私でさえ頭ではわかっています。
      小林彰太郎さんも長期テストでは「小生は、年に一度もWAXなんぞかけたためしがない」と豪語しておられましたが、CCJの全国ミーティングでお目にかかったときはプライベート用のルージュ・エルメスのXantiaで、それは日本的基準でも相当きれいにしておられて「あれ?」とは思いました。
      使い倒すという意味では、東京でクルマ専門の小さな洋書店を営む私の友人は、むかし同じくルージュ・エルメスのXantia-Breakに乗っていましたが、買い付けにしばしば渡欧し、荷物が成田に着いて受け取りに行くと、実に400kg前後という書籍を積んでも車高も変わらず、高速も走れるから便利などといってカローラバンのように酷使していましたが、そういうシーンのほうが車も俄然輝きますね。

  3. 僕が思うに、小林彰太郎さんクラスのひとの言う「使い倒す」は一般のひとがイメージするものとは異なるのでは?
    つまり基本的には車を愛するひとですから、車を大事に扱うノウハウは基本として持った後の「使い倒す」でしょう。

    今までのハイドロニューマチックはその低い信頼性のおかげで、使う方は神経質になったのは仕方ないことではないでしょうか?
    いかにフランス人でもシャコタンに乗るような兄ちゃんがDS に乗ったとは思えません。

    最近のシトロエンを含めてラテンの車の信頼性の向上には目を見張るものがあり、嬉しいですね。

    ちなみに僕のC4は市内で乗るにはシフトパターンがあってない気がして、最近はマニュアルシフトで乗ってます。ATと違ってシフトレバーをガチャガチャ動かしていると、「使い倒し」ているような気になり、ATより調子が良いようです♪

    • kunnyさんの仰ることに同感ですが、フランスではDS、CX、XMなど歴代のハイドロシトロエンは救急車など、人命にも関わる重要任務からタクシーまで、働く車としても広く使われ、使い方だって情容赦はないでしょうに、よくあれでお役が全うできるなぁ…と思うと、やはり不思議の念は拭えません。
      多少のオイル漏れなどは意にも介さないということなのかもしれませんが。

      「使い倒す」とは、車に対する遠慮の気持ちが消えて、完全に人が車を支配下に置けた時の状態なのかも。

      蛇足ですが、タイガー・ウッズが事故を起こし、それに関連して彼の写真がいろいろネット上に出ていましたが、ゴルフ場でDS3やDS5に囲まれている写真がありギョッとしました。

  4. 確かにフランスで救急車とかにCXやXMが使われたのは不可思議ですね。最近見た古いフランス映画では警察車両がDSでした。フランス人は偏屈で意地悪が多いと聞きますから、その頃は意地でもフランスオリジナルのハイドロニューマチクに、故障が多くても乗っていたのですかね?
    救急車の中で死ぬ人もいるでしょうから、その人の最後になる車として冥土の土産にハイドロニューマチクの救急車だったり😇 (冗談です) 冥土でハイドロニューマチクの宣伝マンになってたりして!(これも冗談です)

    僕など普段シトロエンに乗りながらも、もし戦時中に乗るなら絶対ドイツ車だ!と思っていますもん!

    でも最近はドイツ車よりラテンの車が壊れないという話も聞きますから、常識を変えるべきかな?

    題名は忘れたけど、フランス映画でお金持ちのお城のような豪邸の広い中庭にぽつんと一台DS3がありました。プジョーやルノーよりは似合っていると思いましたね!。DSは高級車としての立ち位置を確立し出したのでしょうか?
    DSの内装を見て、悪い意味でのゴシックという言葉がいつも頭をよぎっていたのですが、最近は慣れて感化されてきたのか、DSも悪くないように感じてきました。

    • 緊急事態で一分一秒を争うというときに、警官や救急隊員が車高が上がるまでイライラしながら待っていたのか、それとも車高ベッタリのまま飛び出して、走りながら車高が上がっていたのか、考えただけでもコメディのよう。

      ラテン車はじめ、すべての車の信頼性を押し上げたのは、もしかすると日本車の存在だったのでは?
      ただ、信頼性の向上と引き換えに、各国各社の個性や美点など深いものは失われ、違うのはちょっとした味付けとデザインだけになった気もします。
      それはそれで残念ですが、そうかといって、出先で立ち往生する、あるいは無事に帰ってこられるかという不安を常に頭のどこかに抱えて走るのも、もう歳だし疲れました。

      DSも最近、だんだん板についてきたようには感じますね。
      従来の3社では表現できなかった、フランス車の新たなスタイリッシュモードという気はします…が、意地悪く見ればフランス版レクサスじゃん!という印象もあったり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください