オールシーズンタイヤ

C4についていたTOYOのタイヤは非常に優れたタイヤで乗り心地にも不満はなかったのですが、製造されて4年は経っており、九重の雪山に行くこともあるので、wさんがGoodyearのオールシーズンタイヤをつけていて非常に便利だとのことなので、ネットで購入。いつも頼むタイヤ専門店に直接送ってもらい、予定日に付けてもらいました。

なんでもオールシーズンタイヤを初めて作ったGoodyear が日本でも定番らしいけど、それよりちょっと安かったのでミシュランを購入。サイズは205/55R16、乗り心地は以前のTOYO タイヤとあまり変わらず、高速でちょっとうるさい印象です。

CrossClimateという名前で独特のパターンをしています。

長者原から少し登った大曲という駐車場に一晩放置した去年の12/30、窓ガラスにもボディにも積った雪が凍りつき、視界確保のためにこすり落とすのが大変でした。

オールシーズンタイヤはスタッドレスタイヤと夏タイヤの中間の性格のようですが、アイスバーン以外の圧雪路では結構使える印象です。チェーンを使うのが一番安全なのですが、中途半端な雪道だと陽の当たるところは雪が溶けてコンクリート面が露出しており、その上をチェーンをつけて走る気持ち悪さは経験した人はお分かりと思います。今回の福岡市内の降雪時にもオールシーズンタイヤだとスイスイ運転できます。賢い人は運転しないのでしょうが。

スリップ等の危険を冒してまで雪山に登るとどんな光景に逢えるのか、以下にiPhone で写した数枚を載せます。