c5のメンテ結果など

昨年末にメンテを行ったのですが、その結果などご報告させて頂きます。(c4が代車だったときのお話です。)

今回は国内手配すると高額になってしまうパーツのため、sさんにパーツ入手でお世話頂き、ヨーロッパからO2センサー4個とスフェア6個を取り寄せて交換を行いました。

O2センサーは警告が出てから、また高温の排気ガスにさらされ故障しやすいエンジン側のみ交換するのが一般的な様ですが、アイドリングが他の車より高めな事や、冷間時の始動性に難があり、また始動後もしばらくの間は排気ガスの異様な程の生ガス臭さが続くため思い切って全交換しました。

その結果、アイドリングは僅かに下がった様な気がする程度で殆ど変わりませんでしたが、冷間始動や生ガス臭さは大幅に改善しました。


上の写真は交換後のセンサーです。12年使いましたが、熱でぼろぼろになったりすることはなく、品質の向上が見られます。アップの写真は一番エンジンに近いところに取り付けられていたもの。何が悪いのか素人目にはさっぱりです。

スフェアについては、まだ乗り心地自体はそれほど悪くなかったのですが、不整路面やある程度速度が乗った状態で煽られた時の収束が良くなく、ハイドラクティブ3+としてはやや疑問が残ったためユーロレパー製に全交換しました。

その結果、xmやxantiaの頃の様に高圧ポンプの動きが変わったり、エンジン停止後の車高の落ちるスピードが変わったりすることがないので物足りないですが、乗り心地は全速度域でフラット感が向上し、アド玉の効果が感じられる様になりました。スフェアの硬さがまだ感じられますが、これからが楽しみです。

スフェアは走行距離に関わらず、10年を過ぎたら変えた方が良いみたいですね。半年くらい迷った時間が勿体なかったです。

最近のC5です。外観は何も変わりませんね。
CCQ のステッカーを張りました。結構気に入っている斜め後ろから。


c5のメンテ結果など」への4件のフィードバック

  1. O2センサーとはそんなに大事なものなんですね。
    たしかにシトロエンの信頼性やパーツの精度も、年々確実に上がってきているとは思います。
    スフェアは単なる乗り心地の良否ばかりを意識していましたが、ダンパー機能の低下という側面もあるのかもしれず、それだけハイドロ車の乗り味を広い意味で左右するということでしょうね。

    後半の二枚の写真を見て思ったこと。
    車って、日々の暮らしぶりやオーナーの美意識みたいなものが知らぬ間に出てしまうもの。YさんのC5はシンプルな美しさと気品ある一台に変ったと思います。形や寸法は同じでも、もはやSさんと見に行った頃とはぜんぜん違っており、大人っぽい落ち着きとシックさが増しているのはさすがですし、車ってオーナーの意識を映すものですね。
    ステッカーもエリアが違うにもかかわらず貼っていただき嬉しいです。

    • 今回のスフェア交換ではc5のスフェアはxmやxantiaと違って性能低下が分かり難いので、交換しても効果が分からないかな?劣化していなかったら無駄になるなぁ、と迷いつつ効果に至った次第です。変な言い方ですが走行距離65000kmでもちゃんと?劣化していてほっとしました。

      CCQステッカーについては、関東で貼ってあるのは珍しいですし、それも面白いかと思ってます。

      写真の件はお褒め頂きましてありがとうございます。車って、所有者の雰囲気みたいなのを感じさせますよね。8ヶ月くらいでようやく私のカラーになってきたのかも知れません。

  2. こんばんは
    同じC5 2006年モデルを所有しています。 シトロエンビギナーである私には語るだけの経験はありませんが、スフェアの交換含めて、なるほど そうなんだ~と
    今後の参考にさせていただこうと、見させていただきました。
    CCQステッカーは同じ場所に貼らせていただいています。 

    • Markさん、初めまして
      現在は埼玉県在住ですが、2012年まで山口県に住んでおりました。これからもどうぞよろしくお願いします。
      ステッカーの場所は、以前MarkさんのC5の写真が掲示板にアップされていたのを参考に決めさせていただきました。エンブレム下のあの場所はすっきり収まってとても良いですね。
      C5-2は販売台数が少なくてマイナーではありますが、故障が少なくてとてもいい車なので、これからも可愛がってあげてくださいませ。

tama(y) へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください