都市高速環状線

お正月といっても別に行くところもないし、そもそも基本はコロナの真っ只中で、家にいるか大人しくドライブして帰ってくるぐらいがせいぜいです。

千鳥橋JCTを過ぎて空港方面へ。

というわけで、元日はささやかに都市高速の環状線外回りを一周しました。
ちなみに、福岡都市高速環状線一周の距離は約34.6kmで、なんと東京の山手線は34.5km(ともにウィキペディアによる)、この偶然は驚きでした。
片や福岡の高速環状線、片や東京の電車で、その気になったら何周でもぐるぐる回れること以外、何の意味も共通性もない話ですが…。

C5エアクロスは現在の日本仕様は2.0Lのディーゼルターボと、おなじみの1.6Lガソリンターボの二種。

乗っていて妙に加速が良いと感じるのは相変わらずですが、海外のサイトを調べてみると、0-100km/h加速はディーゼルが8.8sec、ガソリンが10.2secとのこと。
C6もディーゼルターボのほうが速いという話は聞いていましたが納得です。

ディーゼル音など、前回「トラックのよう」と書きましたが、動き出すと意外なほどグイグイ加速するし、ターボといえば一息置いてから加速するものと思っていたらさにあらず、発進以外では、わずかな靴の重みにも即答してくる鋭いレスポンスも予想外。
前方の景色に吸い寄せられるような迫力(シトロエンとしては)があり、高速の追い越しなどもまさにひと踏みで事足りるなど、シトロエンがこんなにもパワフルになるとは、まさに時代のなせる技なのでしょう。

CXやGSなどへのオマージュとも思えるメーターで、数パターン変えられるようになっていますが、所詮はゲーム画面の様な印象で。レトロな風合いはありませんが、それなりに楽しいです。

昔はパワー自慢はドイツ車などの無粋な連中の話で、フランス車はアンダーパワーが当たり前、それを優秀な足回りと巧みな運転技術でいかに速く走らせるか、非力さを逆手に取ってどこまでドライビングを悦楽の境地に持ち込めるか、そんなものがフランス車の奥深い知的世界であり醍醐味であるかのように言われてきたものです。
…でも、やっぱりフランス車とてパワーはあるならあるに越したことはなく、C6からこっち、もう後戻りはできないという気にさせられます。

おまけにディーゼルは1万円で1,400km走れると聞いて感心している暇もなく、さらに時代はEVに向かっているようで、こうなると希望より不安のほうが先行します。

テールランプはご覧のように立体的な光り方で、どことなくUSBケーブルの受け口を連想したり、オバケのQ太郎のくちびるのようだったり。
右はサイドシルのように見えるかもしれませんが、ヘッドライトのカバー内側に小さく刻印されたCITROENの文字。
残念なのがBピラー以降のダークガラス。これがフロントと同じ普通の色ならどんなにいいかと思いますが、はじめからなのでどうしようもなく、プライバシー保護かなにかしらないけれど、まさに悪しき流行。