謹賀新年&メモワール

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

コロナやら何やらのせいで、しだいに世の中が暗くなり、愉快なことが減らされていくようですが、せめてシトロエンライフは楽しくありたいものです。

昨年は私なりに手塩にかけたC6をAさんにお譲りすることになるという、自分でもかなり驚きの年となりました。

そこで、カーグラTVにも「メモワール」という過去を懐かしむ番組がしばしば放映されるのに鑑み、お正月で時間もあるし、スマホやパソコンに残っている中から、私の手許にあった頃のC6の写真でもご紹介してみようと思いました。

C5エアクロスに乗るようになって、新しい車の快適さや手軽さを感じる一方で、C6がもっていた濃密かつ真正なシトロエンの世界というものに、あらためて感じ入るこの頃です。

全体のプロポーションとしては、CXやSMのフォルムをベースに新世代のデザインで磨き上げたもので、高級車の世界でもフランスの意地を見せたかった意欲作に違いありません。
なにも考えず、狙わず、どこを撮っても絵になる車でした。
他のいかなる車とも似ていないけれど、見る者の目を引かずにはおかない異彩を放つ存在感。
エクステリア同様、首尾一貫したデザインは内装にも及び、迷いなき造形と独自性は見るたびに目を楽しませてくれました。
車検前日の灯火点検。
単なる記憶ではなく、自分の車史の一時期を深いもので彩ってくれた車。

謹賀新年&メモワール」への7件のフィードバック

  1. 「立てば芍薬座れば牡丹」なんて言葉がありますが、それの車版があればゼヒC6に捧げたいです!
    今年も宜しくお願いしますm(_ _)m

    • 「〜 歩く(走る?)姿は百合の花」ですか?
      ユリといえばフランス王家の紋章にも使われた花で、変な符合を感じますね。
      こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

  2. 特に1枚目の写真が良いですね😊
    僕にとってDSやSMと並び奇跡のデザインです。どうしたらあんな線が引けるのでしょうか?
    花に例えるより、大きさから類推して、イースター島の石像やギリシアの宮殿か?(いずれも実際見たことないけど)

    • いろいろなものに喩えるのは想像力が働きますね。
      私なりに音楽に喩えるなら、ドビュッシーの『牧神の午後への前奏曲』でしょうか。
      あの世へ旅立つときに(天国か地獄かはしらないけれど)そこへ乗っていく車があるとしたらC6を希望します。

  3. Aです。
    駐車スペースにC6がたたずんでいるのを見るといまだに不思議な感じです。
    まだC6に乗せられてる?ます。
    大きな車なのにラインが散漫になっていないのはすごいですね。

    • 私も最後までC6には乗せられていました。
      あれをサマになるよう乗りこなすのは難しいですが、Aさん、ぜひものにしてください!
      歴代の大型シトロエンは、どれもデザインは芸術的ですね。

      • 確かに!
        歴代のシトロエンのフラッグシップは、DS、SM、CX、XM、C6と全て素晴らしいデザインですね!
        今度出るというC9ですか?楽しみです。写真ではよくわからないので、実物が楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください