スフェア

ハイドロシトロエンの要といえば、言わずと知れたスフェアです。
これが手に入らなければハイドロニューマティックも、ハイドラクティブも、ハイドロニューマティック・アクティブサスペンションも機能しません。

EUROREPARのスフェア。Sさんによると寿命はなんと10年20万kmだそうで、本当なら驚きですが、たしかにここの後半にそう書いてあるんですよね…。
https://www.eurorepar.com/WR-en/download/4895/659a2794eb78ed12e45ff1be9308c7b6.pdf

良品とは言えなかったIHFSのスフェアに代わるものをSさんが探されたものの、絶望的な品薄状況にあったところ、神奈川県でC6にお乗りの方から情報が寄せられ、ユーロレパー(Eurorepar)なるブランドがあることを知り得ました。

一時は純正(部品代のみで約15万円!)で揃えるしかないかなと、半ば腹をくくりはじめてときにもたらされた朗報で、あらためて篤く御礼申し上げたいところです。

従来のさまざまな社外品スフェアの耐久性が概ね3〜4年であることが、ヨーロッパのハイドロマニアの間で共通認識となっているらしいのに対し、このユーロレパーの最大の特徴は、PSA自らが取り扱う公認のパーツブランドだそうで、耐久性も純正と同等と謳われている点です。

純正とEuroreparのねじ込み部分の比較。
オレンジ色のシールを貼ったほうが純正ですが、なぜかEuroreparのほうが作りが繊細で美しいです。

これが純正パーツのジェネリック品といえるのかどうか、内部の構造まですべて同様かどうかはわかりませんが、価格も手頃で、なにしろもう手に入らないものが手に入ったというだけでも大いに救われました。

Sさんのご尽力により、イギリスのショップに問い合わせをしたところ「購入可能」とのアンサーがあり、さっそく注文したものが、2日ほど前ついに手許に届きました。

純正よりやや濃いグレーの塗装で、ダブルシェブロンの刻印こそありませんが、これで全数揃ったと思うとすっかり安堵の気分に満たされて、交換は「まあそのうちでいいや…」てな感じです。

…というか、我がC6は近日中に車検を控えており、まずはそれを乗り越えることが先決という喫緊の課題が迫っています。

右より、Aはフロントアディショナル、Bはフロントサスペンション、Cはリアアディショナル、Dはリアサスペンション用となり、Cのみが純正です。

スフェア」への5件のフィードバック

  1. こんばんは

    ハイドロの胆ですから、私のも その内 交換を計画しないと と思いながら・・
    ジャストタイムな情報をありがとうございました。
    早速検索してみたいと思います!

    • 新車からスフェア交換をしていない、10年前後のハイドロ車は、買えるときに買っておいたほうがいいかもしれませんね。

  2. 今後スフェアはどうしたものか!と心配でしたが、有意義な情報有難うございます。 これで少し安心出来そうです。

    このソーサー球の形状は ヘソを上として、純正球では上半分の径が大きくて下へ被っているのに対し、ユーロレパー球は下から上に被っている IFHS球 と同等の形状の様でカラーも似て Ref’#等も印字ですが、Manufacturerは純正のジェネリック品として旧 IFHS 用の浮いたマテリアルの活用?でコストを下げ且つ純正同等の3重膜を組み込みペイントの質も良くした?・・・これは理想的なんぢゃないかな!と好い加減な空想を浮かべつつ大いに期待している所です。(笑)
    *緑球=ボール球、銀球=ソーサー球(受け皿球)らしい?

    ドカ田も気合一発 9/15 車検に行ってきました。(笑)
    chiracさんも是非おキバリ下さいネ!

  3. 小池都知事並に外来語が多くて、私のようなJapaneseはすんなり読み進めませんでした。
    乗り心地に格別のこだわりをお持ちのduca900C5さんは、やはり純正のほうがご懸念もないかと思いますが。

    • 貴重で慎重なご意見有難うございます。
      duca田Pensionerの本質としましては懐具合との関係が大きいものですから つい与し易い方に格別のこだわりを持つ習癖が有る様です。(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください