C6のキーを新調しました

C6のキーがかなりの使用感があったため、いままでは中国のAliExpressから買った安物のシリコン製カバーを装着して来ました。深紅でそれなりに気にいっていたけど、同じAliExpressにC6に使える違うカタチのキーをみつけたので購入しました。購入したのはイモビライザーなしのもので、イモビライザーは元のキーから移し替えます。

3/15に注文して4/14に届きました。丁度1カ月です。AliExpressには送料がただの商品が多いのですが、船便でゆっくり到着します。包装は簡素、今回も厚手のビニール袋に直接入っています。普通は小箱に入っている事も多いのですが、そんなときは大体箱はつぶれていますが。

透明のビニール袋にブレイドつきの本体とスクリューネジ2個、裏ブタ、両面テープが付いたシトロエンマークが入っています。

ブレイドはブランクなものを買い日本で彫ってもらった方が確実とおもいましたが、ブレイドのミゾを写真に撮り送ると購入先でも掘ってくれるのでそれを頼みました。

本体が400円ちょっと、ブレイドの削り代がおなじく400円ちょっと、合計800円ちょっとで手に入ります。

下が新しいキー。オリジナルよりひとまわり大きくちょっと重たいです。オリジナルのキーも200円ほどで売ってます。

真ん中のボタンはオリジナルでは灯のマークですが、購入したキーではリアトランクの開閉マークです。これはあまり使わないのでまあ我慢しましょう。

イモビライザーを移し替える時にブレイドが本体から外れてしまいゼンマイと小さい金物がバラバラになってしまいました。30分以上悪戦苦闘しても失敗の連続、遂にはカギ屋さんに頼もうとまで思いました。ひと休みして頭を冷やしGoogleで検索して勉強。

なんとか成功しましたが、「バラバラになったジャックナイフ形キーを組み立てる」ところが一番の難関でしょう。もっと器用な人なら簡単に組立もできるかもしれませんが。C5にも使えるらしいから興味のある人はいかが?


C6のキーを新調しました」への2件のフィードバック

  1. カッコイイですね!
    アリババの安さにも仰天ですが、自分じゃとてもそんな込み入った注文はできそうにもないので、いつか目の前で教えてください。
    いつも作業過程では悪戦苦闘されているように言われますが、最後は必ず解決へと到達されるところがさすがですね!
    私もそういう能力がほしかったです。

  2. 流石、エコな大陸系Goodsに滅法お強いKunnyさんですね~。 
    予備として作っておくのも良いでしょうね。
    ○○○な当方も しょっちゅう冷や汗モンでして、○○○道?の楽しみの一つかも!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください