セルモーター危篤

即位の礼前日の月曜の夜。
友人と食事に行くべくC6のエンジン始動をすると、こころなしかセルモーターの回りが重たげな感じがあり、何度かやってみたらどうにか掛かるので、「ま、いっか」と出発したのが今考えれば間違いでした。

30分ほど走って回転寿司店の駐車場にとめて、試しにもう一度スターターを捻ったら、「えっ!?」もうエンジンは掛かりません。
やむを得ず、C6購入以来、初めて保険のロードサービスに来てもらいましたが、ブースターを繋いだところヨイショという感じでかろうじて再始動に成功、とりあえずこの場は目の前の車載車のご厄介にならず帰宅できることに。

ロードサービスの方がテスターでチェックしてくれましたが、その結果バッテリーとオルタネーターはまず問題ないとのことで、おそらくセルモーターということが推察できました。
というわけで自宅まで決してエンジンを切らずに戻り、なんとか車体は自力でガレージに収まりました。

メカニック氏にも連絡は取り続けていたので、報告を兼ねてさっそく連絡。
バッテリーは昨年6月に交換済みで、やはりセルモーターだろうとのことで、さっそくにもパーツ購入をSさんに相談。
「調べてみましょう」となり、翌朝メールを開いたら、なんとヤフオクからebayまで、ものすごい数の候補がズラリと並んでいて、ご親切には感謝、その調査力には舌を巻きました。

ありがたいことにこのセルモーターは異社同型品が多く、どれがはっきりと最良ということもなく、幸い車は自宅ガレージに収まっているので一刻を争うこともないから、セコいようですが最安品(送料込み約15,000円)を注文しました。

それにしても、これまでずっと優等生で壊れる気配もなく過ごしてきたC6でしたが、初めて出先で立ち往生という局面を迎えました。
そんなに毎日乗っているわけではないけれど、部品が届くまではしばらくシロちゃんもお休みかと思うと、やはり少し寂しい気分です。

※問題のセルモーター。
写真はネットよりお借りしました。
なんとか再始動に成功し、ほうほうの体で我が家に帰り着くことができた我がC6。
翌日にはメカニック氏も駆けつけていただきましたが、バッテリーはまったく問題なく、やはり原因はセルモーターと断定。
普段は前向きに止めるところ、この先の作業のことなどを考慮してバックで駐車。静かにパーツの到着を待つ日々がはじまります。

7年目でついに異変が!

  C5-3 バッテリーを7年目に突入した旨ひけらかして暫くの後、初めて異変が出てきました。(汗)  

ある朝、通常は キュルキュルブルン~のところ、キ ユ ル キ ユ ル ブルン~ と セルモーターの立ち上がりが僅かに遅くなった感じです。   

若しかしたらバッテリー君も今まで目一杯無理して頑張っていたのかも知れず、灰泥沼が必要以上に妙な放熱に気を使ったりしているので、早めのダウンを言いそびれ無理してここまで来たけれど 7年目へ突入という事で 「一応お役目果たし候」 と一気に疲れが出てしまったのかも知れません?

それでも流石に狙い通り開放型バッテリーだけあり、突然死でなく 昔懐かしい?バッテリーが弱った感覚です。(笑)  

その当時でしたら、どんなに頑張っても?2~3日が限度で早急に交換が必要でしたが、バックアップに 「手の平サイズジャンプスターター(国産)」 を携行している事も有り、「インシデント」 が出てからいつまで行けるか引っ張っていた所、朝一のみ 少し落ち込みのままで、3週間ほど経っても 終了にはならず普通に行けていましから、やはり技術の進歩は大したものと思わせられました。  

これでしたら、交換時期の予告が分かり且つ数週間の余裕が有るので対処がやり易いと思われます。  

以前、C5-2の 「バッテリー突然死」 で焦った事が有り、これで当初の目的(開放型に依る突然死の回避)を達成したし この特徴も捨て難く思えました。

そして更新には下記何れもコストが ほぼ同等で、どちらでも良かったのですが、 駄菓子菓子、常に新技術にOttorigatanaで立ち向かい日夜たたかい続ける灰泥沼としましては、更に新しいモノへの観察の為、次はAGM型にする事にしました。(笑)  

(前)パナソニック  カオス (caosWD)  75-28H-WD     (75Ah 開放型)

( 新)アトラス    アイドルストップ対応 SA57020 12V 70Ah (70Ah AGM型)    

アトラスOEMのサプライヤーは、オリエンタル・ブランドで型番もアトラスと同一でした。 何でも昨年までは表装が間に合わずアトラスBXの儘で、現在は順次 ”オリエンタル” に切替わっている様です。

*当 「インシデント」 になって、心配性の軟弱な当方は直ちにNewバッテリーを入手して手元に置いていましたが、上記述べた様に3週間経っても僅か弱めながら未だまだ平然と使えている為 半ば呆れながら、「何の意味が有りや・・・?」 と思い遂に交換する事に、、、。(笑)  

以上、何て事ないバッテリー編で失礼致しました。