WAXの魅力

車好きにとって、昔は洗車=ワックスでしたね。
シュアラスターの何々がどうの、あれだこれだと試したワックスも数知れません。

東京の塗装の老舗、わたびき自動車の技術者の方から「自分達が長年使うワックスはウイルソンの赤缶です」という最もベーシックなワックスときいて、それを箱買いし、人に配りまくったこともありました。

時は移ろい、世はコーティングブームになり、カルナバロウのような油分を車体に塗りまくって喜んでいるのがダサいことのようになり、私も自然にコーティング派に移行。
作業性もよく、なによりポイントだったのは、ワックスのような妙技を必要とせず、ムラなくそつなく仕上がる点でした。
さらに人間とは勝手なもので、今やっていることを最良と考えたがるふしがあり、ワックスのギラギラした艶より、コーティング(といってもいろいろありますが)のほどよい艶のほうがナチュラルで好ましいなどと本気で考えるなど、ゴールポストまで動かし始める始末。

さらに時は流れて、時代は簡単便利を最上の謳い文句とするようになり、拭き取り要らず、シート1枚、中には水洗い不要などという恐ろしいものまで出始めましたが、そんな中で使い始めたのがシュアラスターのゼロウォーター。

水洗いした後、ろくに水滴を拭きあげもせずにゼロウォーターをシュッシュッとやって付属のタオルで塗り拡げればハイ終わりという、超手抜きケミカル。回を重ねるごとに艶が増していくなどという触れ込みにもすっかりのせられて、ここ数年はこればかり使うようになりました。
仕上がりはそこそこ、とくだん美しいとは思わなかったけれど、何しろその簡単さは抗し難く、早い話が、自分自身が手抜き作業に堕落してしまったというわけです。

こうして、私にとって洗車は楽しいはずのものであったのに、いつの間にかその初心も喜びも忘れ去り、簡単に済ませる道に完全にハマり込んでしまいます。


先月のこと、たまたま行ったホームセンターのカインズでカー用品を見ていたら、棚の下の方にさりげなく置かれた「簡単艶ワックス」なるものが目にとまりました。
使い慣れたスプレー式で、「簡単施工でしっかりワックス効果。深みのある艶」というような文字に突然吸い寄せられ、私の中に眠っていた何かに触れたのか…。

この「簡単艶ワックス」はこのカインズのオリジナル商品で、価格も500円以下(正確には忘れました)なので、ためしに買ってみることに。

次の洗車でさっそく使ってみると、悪くはないけれど、まあまあぐらいの感じでした。
で、家のピアノにちょっとやってみると、ほんのわずかに薄い膜みたいなものが残ることに気づき、それをそっと拭き上げてみたら下から一気に美しい艶があらわれました。
車でも同じことをしたのは言うまでもありません。
やはり、軽く拭き上げを加えることで、ながらく目にしなかったワックスの輝きが目の前に広がりました。

写真で艶の感じを伝えるのは難しいですね。

もちろん廉価品であること、スプレー式でチャポチャポの簡易的なものであることもあって、その効果は限定的なものだと思いますが、それでも深みがありしかもエッジのきいた仕上がりは、やはりワックスならではの効果だと確信しました。
おまけにウエスが滑っていくようなあのサラサラ感は、長らく忘れていた感触です。

何度かやってみましたが、どうしようもなく気に入ってしまって、まだたっぷりあるのに、悪いクセでもう次を買ってしまいました。
この感じだと、たぶんまた買いますね。
やっぱりワックスはいいですよ、みなさんもいかがですか?

早くも2つになりました。


WAXの魅力」への4件のフィードバック

  1. やはり若かりし頃は、WAXをかけてはどうだと言わんばかりに走り回ってました
    それが今やSSに行きポリマー頼みます、になってますね〜、本当はゆっくりと
    車の傷とか状態を見ながらかけるのが一番なのでしょうけど、年とともに面倒臭い
    が先に立ちこれではいけませんね〜、反省、反省、

  2. そうなんですよね。
    本来楽しんでいたことまで「簡単・便利」でなくしてしまうのはもったいないということに、ようやく気づきました。
    洗車してワックスをかけるという一連の作業は、適度な運動にもなるし、車好きにとっては精神的にも良いことだと思います。
    なので、今後はできるだけWAX洗車に戻ろうと思っています。

  3. 久し振りのWAX系投稿ですねー。chiracさんのC6には、Waxが似合うようですね。

    上記のHさんが仰る様に、艶やかなワックスの記憶はタップリと有るのですが、ワックス掛けは確かに歳と供に億劫になってますねー!

    それでも、早速 Willson のHPを確認すると、ザクザク有りますね。(汗)

    *PSマルチミスト
    乾いたボディにスプレー、サッと拭くだけでシラン被膜が形成、

    *ナノ粒子鏡面&コート仕上げ
    ライトカラー用ボディが輝く2つの効果ナノ粒子がボディ表面を整えて塗装本来の輝きを取り戻し、さらにPSシランがボディの表面に保護被膜を形成。

    *シランガード
    シラン系ガラス被膜が1年以上続く!

    *グラスガード
    硬化タイプのコーティング剤!密着性の強いガラス状被膜内に撥水基を組み込み、厚く硬い被膜の形成により、1年間ノーワックスを実現しました。

    *ツヤエキスパート
    ガラスのツヤが1年以上続きます。高濃度の被膜が、紫外線による色あせや、酸化による塗装の劣化からボディをしっかりと守ります。また強力な水ハジキが長期間持続します。

    *コーティング効果復活剤
    コーティング被膜に最適なメンテナンス剤。固体フッ素の力で被膜に汚れが入りにくい!クルマの天敵(紫外線&汚れ)をシャットアウト。

    *美膜ボディコート、リキッド、ミスト、ムース
    一気に仕上がる楽々コート。リキッドフッ素被膜が汚れを防ぐ。塗って拭き上げるだけで本格コートが完成。撥水耐久7カ月、防汚耐久9ヶ月。お手軽ムースタイプ。

    *フッ素テクノコート
    ボディに汚れが入らない!!汚れを防ぎ、強力な水弾き、一液タイプで作業もラクラク。使用後のお手入れは洗車のみで4ヶ月持続。

    *太陽光コート
    紫外線硬化タイプのコーティング剤!太陽光を浴びることで、紫外線硬化成分が光沢・撥水成分と強固に密着し、約10ヶ月耐久の強力な被膜を形成します。さらに、球状パウダーが余分なワックス成分を絡め取り、軽い拭き上げを実現しました。

    *ウイルソンミスト
    艶光沢キラッと艶スタイル!洗車後の濡れたボディに、シュッとスプレーして水滴と一緒に拭き上げるだけ簡単便利なお手軽、艶コーティング。

    *瞬間WAX
    いつでもピッカピカ!洗車不要のスプレーワックス。ムースタイプのお手軽WAX!!

    *艶出しポリマー
    マルチな艶出し剤!スプレーしてサッと塗り込むだけで、汚れ落としと同時にワックスがけが完了します。天然カルナバロウ配合で鮮やかな光沢を実現します。

    *鏡面ワックス 液体
    細かい磨きキズ・洗車キズ・水アカ汚れをみるみる消して、鏡のような映りこみのあるボディに仕上がります。拭き取りが軽く、ワックスがけも簡単です。

    ザーッと見ただけでも これだけ有り、リキッド、ミスト、ムース等と水滴や乾燥/汚れも物ともせず簡単にサッと処理出来る様で、加えて数ヶ月~1年間ノーワックスのモノも有り、改めて驚きです。
    天然カルナバ系でも簡単な処理でいけるのは、ヤラレそうですねー!
    コーティング効果復活剤 1回分等も魅力的ですね。

       

  4. うわぁ、すごい量がまた一気に出てきましたね。
    そんなにことを知るとあれこれ試したくなって、困りますね。
    とりあえず、わたびき直伝の赤缶を引っ張りだしてみようかと思っていたところでしたが、古いのでどうなっているか不安です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください