新型C3とDSクロスバックに試乗しました。

お茶会の翌日新型C3の試乗に行きました。お店がオープンして間がない時に行ったら予約3人まちで、気が短い私はそのまま帰り、後日改めて行ったら今日はC3はありませんとのことでがっかり。今回は予約の電話を入れで行きました。短時間試乗ではあまり確定的なことは言えないのですが、雑誌やネットでほめている様な感銘は受けませんでした。私の乗る先代のC3に比べて優れていたのはロードノイズだけと言ったらちょっと可哀想。しかし乗り心地は僕の車の方が良い様に感じたし、内装も新型は好みでは有りません。大きいモニターが取ってつけたようで好みではありません。若いディーラーの人が如何でしたかと感想を聞くので、けなすのも悪いので無視。今のC3に当分乗ろういうのが結論。次に買うならC4カクタスか?新型C3の好みだった外観も何か安っぽく見えてきました。隣にあったC4カクタスが数倍良いデザインでした。
と、目の前にDS7クロスバックが試乗から帰ってきた様子です。あれに乗りたいと言うと良いですよと快諾。前回DSのショールームで見て内装に悪印象を持った車でした。SUVには興味ないので知識もないのですが、
テイストを中国へシフトさせたのかなと思わせる内装デザイン。マセラティを真似たか中心にはアナログ時計、それもエンジンを切ると裏返るギミック。シフトノブ周辺の煩雑なデザイン、皮シートの煩雑なスティッチ、デザイナーはこれらが高級感を醸し出すと思っているのでしょうか。ネットでcarview なる試乗記を読むと、フランスのエスプリなどと絶賛してます。筆者はC6 を自家用にしてるとのこと。仕事とはいえこんな提灯記事を書くとは情けない。内装には悪態つきましたが肝心の走りは?確かに硬くはないけど、新サスペンションPHC が組み込まれていると思っていたのですが違ったみたいですね。DSアクティブスキャンサスペンションというらしい。前方の路面状況に合わせてサスペンションの減衰力を変えるらしい。試乗コースの平坦な路面では真価は不明。しっとりとした重厚な車ですねと、C3をほめなかった分ほめときました。試乗車はopera なる最高グレイドでGoodyearの20インチでした。廉価版は18インチとのことで2インチ違えばかなり乗り心地も変わるでしょう。当然C3よりは高級感はありますが、内装だけで買うという選択肢からはずれます。
以上、読み返すと僕は車の内装や外観の格好良さを重視するみたいですね。DSからC6まで、昔のシトロエンは格好だけで好きになっていたものですが!今後のシトロエンは違ってくる様です。C6を大切にしなくちゃ!

新型C3とDSクロスバックに試乗しました。」への1件のフィードバック

  1. New C3 とDS7クロスバックのダブル試乗されたのですね!。
    New C3 の印象が今ひとつの様で、やはり本当のPHCを試したい所ですね!。

    DS7はSUVで、好みの問題も有るのでしょうが、確か20インチより18インチの方が具合が良い!との説も有ったようですね。

    試乗コースにそこそこのギャップや好ましい段差等があればもっと良いのですが、平坦路を走るだけでは所作が限られるので目的のモノが中々実感し辛いのでしょうね?。

    一生モノのC6をお大切に!。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です