カーグラ9月号は

最新のカーグラ(9月号)はフランス車のページが30ページにもわたっています。

そのうち12ページがプジョーの508とRifterに関する記事で、残りはすべてシトロエン。
しかも新型に関するものではなく、まずは「シトロエンのデザインに見るバロック様式」というもので、デビュー時のDSから、いろいろなアングルの写真で、AMI6、2CV、VISA、DS21、ID19、CX、SM、C6、XM、M35、AMI8などが登場。

さらには新車で買える2CVのこと、前後にエンジンを積んだ2CV 4☓4サハラ、Hトラックの妹 タイプG物語と続きます。
さらにさらに、付録として「DSの華麗なる世界」という小冊子がついていて、こちらにはDS7クロスバックの試乗記から、未来のコンセプトカーまでと、とにかくシトロエンずくしでした。

今回でDS21の短期テストも特段の事件もないまま最終回を迎え、無事に返却されたようです。
このDS21には500ccの溶接型スフェアが装着されていたようですが、途中からDS本来の土星玉とよばれる700ccのものに換装され、乗り心地は一気にフワッフワッの「雲のような、マシュマロのような乗り心地」になったとあり、やはりスフェアの容量は、乗り心地にとって圧倒的な影響があるようです。

CGを購入されない方も、ちょっと立ち読みされてはどうでしょう?

カーグラ9月号は」への2件のフィードバック

  1. カーグラ9月号は面白そうですねー!。

    > 土星玉とよばれる700ccのものに換装され> 乗り心地は一気に
    > フワッフワッの「雲のような、マシュマロのような乗り心地」になった

    これは天文Saturn的に何と素敵なことでしょう!。 前期高齢者にはこんなのが理想でして・・・?。(笑)

    実は少し前から、今度のお茶会用に、”フワッフワッ” に関連した資料を準備していました。残念ながら他メーカーですが、これを鑑として最新シトロエンにもこうあって欲しいなー!との思いからで、詰る所 判る人には解る、判らない人にも解る、究極の方向だろう!と思ったからでした?。

    50年以上前のDS21 の ある部分では、最新の高機能/高価な車とタイマンを張れるのでしょうね?。

  2. いつもduca900c5さんの研究には感心させられますので、ぜひマシュマロを実現させてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です