バッテリー突然死

シトロエンネタではありませんが、ゴルフのバッテリーが突然死しました。

前日まで何の問題もなく走っていたのに、次の日の夜、出かけるためエンジンを掛けようとしたところ、まったくの無反応。警告灯も、ルームランプも、リモコンキーもずべてダメで、一晩のうちに車が死んでしまったかのようでした。

昔なら「カチン」ぐらいはいったものですが、現代のそれは徹底していて、バッテリーごと消えてなくなってしまったように完璧に無反応。
積載車でディーラーに運ぶということも考えましたが、この状態ではパーキングブレーキも電気式なので解除できず、ギアもなにもかもがロックされており、これでは車を1cmたりとも動かすことはできません。
テールゲートさえ電気式らしく開けることができず、あらゆるものが電気で制御されている現代の車の怖さをしみじみ思い知らされました。

ただちに新しいバッテリーを手配すべく、パソコンやら電話やらで、その夜はあっという間に数時間を費やしましたが、ちょうど金曜の夜で土日を挟むため、状況はなかり厳しいものでした。
そんな中、安くて高評価のアトラス製バッテリーのサプライヤーが「福岡市内にあり」、土曜というのに電話したら「出た」し、価格はネット平均より「安く」、在庫も「ある」、店頭販売も「できる」というので、地獄に仏とはこのことかと感激に打ち震えてすっ飛んで行きました。

5つの幸運が重なったこと、バッテリー突然死の恐ろしさを味わったおかげですっかり怖くなり、この際というわけでもう1台の車用まで購入してしまいました。

アイドリングストップ車に対応のAGM/EFGバッテリーは、従来のものより高額でディーラーでは5万とか7万とか、聞いただけで卒倒しそうな金額をいわれますが、今回はゴルフ用とさらに大型のもの2つ合わせて35000円からちょっとお釣りがくるほどの望外の低価格でゲット出来ました。
とんだバッテリー狂騒曲でしたが、最後は思いの外はやく解決できました。

https://www.orientalbattery.com

新社屋が続々

このところ福岡は輸入車ディーラーの建設ラッシュのようです。

国道3号線を空港から北方向へ走っていると、新たにランボルギーニの店が建設中なのを発見。
すでにランボルギーニ福岡というのがあるのですが、そういえば最近街中でもちょくちょくこの猛牛を見かけるし、販売は好調で規模拡大ということなのか。

それでなくても、付近にはマクラーレンとアストンのやけに大きなディーラーがあったりで、店舗規模でもイタリア勢は負けてはいられないと攻勢をかけているということか?

大きなディーラーといえば、今年オープンしたプジョー/シトロエン系の新ディーラーもショールームは国内最大規模らしく、そこからやや南に下ったところには、これまた大きなマセラーティの新社屋が建設中。

スーパーカーの世界でも、福岡規模の都市にあんな大きな社屋がどんどんできるなんて、やっていけるのかと首を傾げますが、ともかくかつてないほどの勢いなのは確かで、世は好景気ということ?

ま、そんなものは関係ないし実はどうでもいいんですが、車関連の景気がいいのなら、せめて良心的なフランス車の専門ショップみたいなものができて、我々のオアシスになってほしいもの。
歴代のハイドロを知り尽くしたベテランメカニックがいて、いろいろなノウハウがあり、込み入った高度な修理なども可能な、そんなショップができてくれないか…というのが切なる希望。

でもそれはある意味、自動車文化の深いところに根のはった土壌がなくてはならないものだったりして、スーパーカーのディーラーを作るよりもハードルが高いことかもしれませんね。

この暑い中、出かけたついでに奮起して写真を撮ってきました。

新社屋建設中のランボルギーニ(左)とマセラーティ(右)は、それぞれ結構なサイズでびっくり。

(左)ほとんどひと気のないマクラーレンとアストンマーティンのディーラー。
(右)以前からあるランボルギーニ福岡。


棟続きでDS/シトロエン/プジョーが三軒長屋のように並んだ新ディーラーが今年オープン。


…と、ご近所の異変に刺激を受けたのか、どう見ても拡張工事をやっているように思えてしまったルノー福岡。
工事現場のド真ん中にしれっと置かれたキャプチャーは何か意味があるのか…。

 

9月のお茶会変更

8月のお茶会は、ひさびさにaiharaさんが遠路参加されて、総勢8名による楽しいひとときでした。

その席で話題に上っていたのが翌月、久住高原でおこなわれるトリコロールデイで、開催日は9月9日とのこと。

何人かの方がトリコロールデイ参加も検討しておられる様子でしたが、9月お茶会は第2土曜の8日ということになり、そうなると2日続きとなる方には大変なので、
CCQお茶会は9月のみ第3土曜である9月15日(場所と時間はいつも通り)とすることになりました。

よろしくお願い致します。

カーグラ9月号は

最新のカーグラ(9月号)はフランス車のページが30ページにもわたっています。

そのうち12ページがプジョーの508とRifterに関する記事で、残りはすべてシトロエン。
しかも新型に関するものではなく、まずは「シトロエンのデザインに見るバロック様式」というもので、デビュー時のDSから、いろいろなアングルの写真で、AMI6、2CV、VISA、DS21、ID19、CX、SM、C6、XM、M35、AMI8などが登場。

さらには新車で買える2CVのこと、前後にエンジンを積んだ2CV 4☓4サハラ、Hトラックの妹 タイプG物語と続きます。
さらにさらに、付録として「DSの華麗なる世界」という小冊子がついていて、こちらにはDS7クロスバックの試乗記から、未来のコンセプトカーまでと、とにかくシトロエンずくしでした。

今回でDS21の短期テストも特段の事件もないまま最終回を迎え、無事に返却されたようです。
このDS21には500ccの溶接型スフェアが装着されていたようですが、途中からDS本来の土星玉とよばれる700ccのものに換装され、乗り心地は一気にフワッフワッの「雲のような、マシュマロのような乗り心地」になったとあり、やはりスフェアの容量は、乗り心地にとって圧倒的な影響があるようです。

CGを購入されない方も、ちょっと立ち読みされてはどうでしょう?