最近のクルマの幅

カーグラフィック689号(2018年8月号)を読んでいるとJAGUAR I-PACEの車幅は2011mmとありました。調べてみると他にも2m超えの車幅を持つクルマは数車種あるようです。車幅1780mmのC5でぎりぎりの私には悪夢のようですが、購入できそうなクルマでもないので勝手にどうぞという感じです。といいつつ、シトロエンもどんどん車幅が広がっているので困ったものです。

最近レンタカーで乗ったBNR32は今となっては細身の車幅1755mmで、直6ということもあって縦に長いクルマを運転しているという感覚がありました。まさにスカイラインGTといったところですね。この感覚は久しぶりでとても楽しかったです。

 

右折レーン手前のゼブラゾーンに就いて

意外と知らない、右折レーン手前のゼブラゾーンの意味をまとめてみました。

ゼブラゾーンを跨いで走っても違反ではない
 右折レーンの手前でよく見かける、ゼブラゾーン。これは、車両の走行を誘導するためにある「表示」(標識ではない)で、「導流帯」とも呼ばれています。進入禁止という規則ではないので、意外かも知れませんが、導流帯(ゼブラゾーン)走行は違反・違法ではなく、当然走ったとしても、一切お咎めなしの様です。

「導流帯」は「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」(昭和三十五年総理府・建設省令第三号)に規定された「車両の安全かつ円滑な走行を誘導するために設けられた場所であること」を示すための「指示表示」であり、道路交通法上の交通規制を表す表示ではない様です。

それどころか、ゼブラゾーンを避け、ゼブラゾーンが途切れたところで右折レーンに入ってきたクルマと、手前からゼブラゾーンの上を走ってきたクルマが接触してきた場合、その過失割合は、進路変更した側が70:後続車が30というのが、判例の基本となっているとの事です。
.
.
.
ゼブラ後に車線変更する車両もいると考えてゼブラ上を直進すべき
ケース1
車線変更に備え、(走行車線上で)早めにブレーキをかけて減速しはじめたい。あるいは車線変更が苦手…
 こうしたドライバーは、ウインカーを早めに出したうえで、ゼブラ上を走行し、ゼブラの上で減速しはじめると後続車がスムーズに通れるので、ゼブラ上の走行がおすすめ。  ゼブラが途切れてからの車線変更は舵角も増えるし、後続車のチェックも必要。だったらゼブラを無視して(跨いで)、右折レーンにまっすぐ進入するほうが、安全でストレスが少ないからです。

.
.
.
ケース2
直進レーンの流れが悪く、右折レーンは空いている場合
 これも、反対車線に飛び出るのは、当然ご法度ですが、ゼブラゾーンは遠慮なく活用して、直進レーンに並ぶクルマを一台でも減らした方が、渋滞の列を短くできるでしょう。  但し、ゼブラゾーンに入らずに車線変更する人は、必ず後方をよく確認し、もしゼブラを走ってくるクルマがいたら、「自分の方が優先。相手が減速(止まる)だろう」と思い込まない事!。

同様に、ゼブラゾーンは跨いでOK派のドライバーも、「ゼブラの終わりで、車線変更して前にくるクルマがあるかもしれない。
そのクルマは、後ろを見ていない、もしくは、自分に優先権があると思っているかもしれず、「相手は、マナーを知らない不見識なドライバー」と考え、相手に進路を譲ってしまうというのが、大人の対応なのではないでしょうか?。 よく言われるとおり、「だろう運転」が一番危ない!。

また、ゼブラゾーンに路上駐車している車もしばしば見受けられますが、もちろん駐車が認められている場所ではありません。場合によっては違反切符を切られることもあるでしょう。

*そもそも作られた時は、車両が通行する事は想定されて無かった為、通行方法は定められなかった様です。
・・・・・≪つまり導流帯は、周囲の交通状況から車線を絞るなどの誘導が必要とされた時に、安全かつ円滑な走行のために使われるものなので、誘導の通りに導流帯を避けて走ってしかるべきもの≫・・・・・と云う事の様です。
*実際に危険な状況が考えられる場合では、ポストコーン等で物理的に規制する事が有るようです。
*教習所では、ゼブラゾーンは踏まないように教えている様です。

*** 画像、説明共 「WEB CAR TOP」 等より引用させて頂きました。***

コードレス

この投稿欄へduca900C5さんが書かれている、コードレスのエアコンプレッサーを購入しました。

同氏はお茶会でも話題にされていたので、へーとは思ったものの、オススメの黄色いマシンは価格も2万円ほどとそれなりだったので、即購入とはなりませんでした。

しかし、我が家のガレージは壁との距離も狭く作業スペースの余裕が少ないので、シガーライターから電源を取るタイプのエアコンプレッサー使用は大変で、コードレス型のエアコンプレッサーがあればいいなぁ…という思いが強まりました。

しかも価格はこの数ヶ月で少し安くなっているようで、バッテリー容量が2000mAhのタイプなら1万円を切るまでになっていることがわかり、ならばとアマゾンから購入。

はじめにフル充電してさっそく使ってみたところ、快適にエアの充填ができました。
コードの取り回しなどがないのは予想以上に楽で、パワーもあるのかこれまでより早くなったし、さらに便利なのははじめに空気圧を設定するので自動停止してくれ、これも大いに助かります。

まだ数回使っただけですが、ちょっと空気圧が減ったぶんの補充程度ではバッテリーの消耗もさほどでもなく、これで充分だと思います。

お陰様でいいものを教えていただきました。


左)真ん中のボタンで電源ON/OFFと単位の切り替えが4種おこなえ、左右のボタンで希望空気圧を設定するだけ。
右)さっそく使ってみました。ガレージの守護神、ビバンダムが見守っているというアホな光景。

エアフローメータ

2001年から住み着いている1986年式CX GTi serie2。

車齢が30年を超えて色々出てきました。その中でもパワーステアリングのピストンロッドの虫食いのLHM漏れがひどく、スフェアやハイドロリターンのゴム部品の一新も兼ねてロータス大在さんに長く面倒を見てもらっています。

今年のトロコロールデイにはいけますよねと、路上復帰もまもなくかと思っていましたら、今度は燃調が濃くてエンジン始動しないとの状況に。
この症状は、住み着いた頃から出ていて、ロータス大在さんにエアフローメータのエアフラップの動作量を電圧に変換する抵抗膜が付いた基板の位置をずらして、ごまかしてきましたが、いよいよごまかせなくなった様です。

そんなことから、エアフローメータが手に入らないかとの連絡あり。
このAir Flow Meterを含む電子燃料噴射装置はBoschのL-Jetronic使われていています。同年代の欧州車に使われているようですが、修理の情報は少なくて中古品?を探そうか、それともCX BASISの通販で勝負する?431.38ユーロ、refurbished partです。購入出来るだけありがたいのですが迷う金額です。
なんとかエアフローメータの自力修理が出来ないかネットを彷徨っていますが、30年の年月とBoschの情報の少なさがきびしいです。
BMW E30もL-Jetronicみたいですがメンテナンスどうしているのか気になります。そんなに壊れる部品じゃないのかな。

CXのユラユラしているけどフラットな乗り心地を早く取り戻したいですね。