新型C3試乗

新型C3を運転する機会がありました。

あくまで個人的な感想ですが、新しい時代のシトロエンらしさはどういうものかと期待していましたが、私のセンサーが鈍いこともあってか、それらしきものはあまり感じることなく、これがこれからのシトロエンの目指す方向なのかと思うといささか面食らいました。

外観はフレンチ・カジュアルと思わせるキュートさがあるのに、いざ運転してみるとドライに割り切った今どきのフツーの車という点ばかりが目にき、肩透かしを食ったというのが正直なところ。

従来のシトロエンには、全車に共通して流れるこのメーカーの独自の設計思想があり、それに触れることに喜びを感じていたものですが、新しいC3は専らグローバルな国際基準に沿って作られたコンパクトカーのひとつのようで、誤解を恐れずにいうとむしろヴィッツやフィットやスイフトに近い気がしました。
そのぶん、故障などの信頼性は抜群に高いのでしょう。

コストは極限まで切り詰められ、エンジンやミッションのチープな感触がもろに伝わってくるあたりは、これまで別の車で経験した記憶があり、ついにその波がシトロエンにも打ち付けてきたのかと思うと、時代の厳しさを感じずにはいられません。

もちろんチープはチープでいいわけですが、シトロエンが伝統的に大事にしていたもの、すなわち作る側の文化とか、常識にとらわれない発想、車と人の間にある温かな関係性などが(私には)どうも伝わってこない。

それらはシトロエンを市場で孤立させる要因と判断され、意図的かつ容赦なく排除されたのかもしれない。
まるでメーカーが躍起になって過去を自己否定しているみたいで、そこが悲しくもあり、かつ我々はその否定されている部分に価値を見出し惚れ込んでいたとしたら、なんという皮肉。

たまたまC3ひとつに乗ったからといって、全部がわかったというつもりはないし、DS7なら様子もずいぶん違うのかもしれないけれど、その会社の製品づくりの根本とか本質みたいなものはベーシックなものに出るというのが私の持論。

このぶんでは搭載が期待されるPHCも、小手先の演出のためのフェイク的小道具では?という気さえしてきます。

雑誌の記事などは、事実を書いて不都合となることを恐れて、当り障りのない褒め調子できれいにまとめる傾向が強く、もはや信頼に値しません。
なので、メディアには頼らず、車は自分でハンドルを握ってみなくちゃわからない時代になったことも併せて感じました。
アテになるのは車のわかる人の忌憚のない意見と、最終的には自分の感性だけ。

もちろん私ごときの短時間でのチェックでは、見落としや勘違いも多いと思われるので、他の方のご意見もぜひ伺いたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です