43.8%増!

5月はじめの新聞紙上に、日本国内でのフランス車の販売が2ケタ増で伸びているという、ちょっと信じられないような記事が載っていました。

前年比で、プジョーが18.6%増 、ルノーが13.7%増であるのに対し、慢性的な販売低迷が常態化しているシトロエンは、なんと43.8%増という大躍進だそうで、はじめは何かの間違いではないかと思いました。
まあ、もともとの販売台数がスーパーカー並に少ないので、ちょっと売れてもこんな数字にもなりやすいのかもしれませんけど。

ここ10年来、世の中が空前のSUVブームとなり、今や超高級車ブランドまで遮二無二背の高い車を作ってカタログに並べている時代、今回ばかりはシトロエンもその流れを早々にキャッチし、ハイドロを捨て、通常モデルを後回しにしてでもSUVに力を注いだ結果なのか。

マクロン大統領も、フランスSUVのトップモデルであるDS7で就任パレードをしていたことにも象徴されるように、DSブランドとあわせて各サイズのSUV群が構築され、今年日本でも販売開始されたC3もそういった市場のニーズに適ったモデルであったこと、かわいらしいキャッチーな外観、しかも国産同レベル車と遜色ない価格であることもあって、このような結果になったのかもしれません。

我々も少しは頭を切り替えて、こういう流れにも順応しながら新しいシトロエンライフを楽しむことが必要なのかもしれませんね。

43.8%増!」への3件のフィードバック

  1. 例え分母が小さくても、これはこれで慶賀の至りですねー!。
    仰る様にやはり新C3のちょっとSUV風な雰囲気と、乗り心地等の評価が結構良く、加えてCCQでは異論も有りそうな内外デザインも若い方たちに支持されたのでしょうね?。
    更にもう少し先になってPHCが搭載されると ”鬼に金棒”で、もう一段アップするんぢゃー無いでしょうか?。ターゲットの方々がそれを理解されん事を祈る!。
    (*むっ 無理かも・・・?)

  2. 6月度 ”お茶会ご参加確認” メールに、それに関して併記の予定です!。
    ドカシーゴ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です