前回のホイル取付けボルトに続き、その潤滑について


ボルトの潤滑については、全く何も付けない乾燥状態が良い!や、カジリや錆防止の為潤滑した方が良い!等々諸説ある様です。 夫々の意見をここで纏めてみますと、、、
 
1:車や部品メーカーレベルでは後々非難を避ける為?正論の ”全く乾燥態が良い” を勧めている様です。・・・・・これは、新品若しくはこれに準ずる状態では宜しいと思われます?。
 
2:次に、一般のモータースやショップ等実際の作業を行う所は、恐らく経年車両等で脱着も多いと思われるので、”カジリや錆防止及び締付トルク管理の為” 潤滑しているようで、エンジンオイルやグリスを ”最小限” 塗布している様です。
 
*ネジ溝の表面が平滑でない時や僅かな潤滑が無い場合、錆や過剰トルク等によりお互い傷つけ合 って かじった様になると摩擦が増え過ぎ、正しい締付トルク以下でも目標値に達した様に表示され、結果的に締付トルク不足等を招き易い状態になるのかも知れません?。
 
——– まとめ ———
潤滑する時は、テーパー部より5mm程離れて長いネジ部に塗布し、その後ウエスで拭き上げるとネジ溝部に最小限残るでしょう。
ボルトのテーパー部や平ワッシャー部は、”弛まず” のキモなので、相手側も含め乾燥状態が必の様です。
 
*及びホイルとハブの接触面も締結摩擦力保持の為、乾燥状態が必要と思われます。
  (画像④ボルト穴の周りの白い所))
 
使用するオイルやグリスに就いても諸説有る様ですが、
当方の事で恐縮ですが、Used C5-2の時にホイルクリップボルトを初めて外した時、黒っぽいモリブデングリスがネジ溝部及びハブセンターに薄っすらと塗布してありました。
・・・・・後年、Used C5-3で外した時は、全く乾燥状態でして一部錆びが出掛かっていたので、慌てて?全クリップボルト及びハブセンターに上記の如くモリブデングリスを最小限塗布しました。

 修正やご意見等ございましたら、是非ご教示の程お願い致します。
*前回に続き、不要不急の余りいらない記事の様で大変失礼いたしました。