代車に乗って

私はシトロエンが好きなくせして根性ナシなので、普段の足にはVWゴルフ7の1.2コンフォートラインというのに乗っています。

よく出来た現代の車の例に漏れず、ほとんど故障らしきものはないのですが、走行中、足下あたりから電気的なカチカチという音がすることがあって気になるので、その解決のためディーラーに入院することになりました。
代車として同じくゴルフ7のワゴンの1.4ハイラインというのを貸してくれましたが、再現性が難しい症状なので確認に手間取っているようで、はや一週間もこの車に乗っています。

ワゴンボディなので、通常のモデルより全長が少し長く、エンジンはひとまわりパワーがあり、内装やシートの素材なども少しずつ高級な仕様になっていますが、走りだしたとたん、自分の車との小さくはない違いに戸惑いました。

タイヤはより幅広でスポーティなサイズになるし、車重は140kgも重く、リアのサスペンションはワゴンということで、より硬いセッティングになっています。この車だけ乗っていれば気にならないのかもしれませんが、ノーマルの軽量ハッチバックから乗り換えると、やはりいつもはないものを背負っているようで、心なしか重心も高い感じがします。
それに車全体が突っ張ったような感じがして乗っていて少々疲れます。

あくまで比較の話であって、一台の車として見ればとても良くできており、このサイズのワゴンを必要とする向きには最良の1台と思えることも事実ですが、個人的には軽くて短いハッチバックのほうが軽快でラク、しかも価格が55万円も高くなることを考えると、思わず考え込んでしまいます。

その点でいうと、ハイドロならワゴンだからといってやたら硬い足にする必要もなく、車高も一定、乗員に何らガマンを強いることのない、まさに理想のシステムであることをいまさらのように感じました。
とりわけ後年は信頼性も飛躍的に向上して、ほとんど完成の域に達したと思われたにもかかわらず、あっさり生産中止となったのはなんともやるせないというか、自動車界の文化喪失とでもいいたい気分です。

 

ATFこわい?

C5のイグニッションコイル不調は残念でしたが、その後のモモタイヤや、M-Typeブレーキパッド換装は今後の為にも宜しかったのでは!と思われます。
しかし、ATFの件は凄い事になりましたねー。

以下は諸説有るネットの情報等の一部を素人の独断と偏見でのとり纏めなのでサラーっと軽く受け流して頂きますようお願い致したい所存です。(汗)

ヘインズに依るとアイシン6速ATフルードは総量7Lでドレンボルトにて3L程排出される様です。
1回入れ替えで半分弱の、2回入替えを行うと、2/3 程度の新油率になりそうです。

-----ATF3L交換毎の新油率・アイシン6AT-----
回数  総量(L)  入替量(L)   新油排出量(L) 新油量(L) 新油率(%)
0  7.00   0.00     0.00     0.00    0.00%
1  7.00   3.00     0.00     3.00   42.85%
2  7.00   3.00     1.28     4.72   67.43%
3  7.00   3.00     2.02     5.70   81.42%
4  7.00   3.00     2.44     6.26   89.42%
5  7.00   3.00     2.68     6.58   94.00%
6  7.00   3.00     2.82     6.76   96.60%
7  7.00   3.00     2.90     6.87   98.14%

それから、走行キロ数が多い場合は、まとめて1日で高新油率にせず、1000km 程度走行後2回目、更に1000km 後に3回目と交換間隔を空ける様です。これはAT内壁や油路に付着存在するスラッジが新油で溶け出し、コンタミ(不純物)が一気に増量し、特にバルブボディ各作動に悪戯をするのを防ぐ為、小刻みに交換の様です。最悪の場合、バルブボディ交換やAT終了の宣告が下されるかも・・・?、との説も多々有るようです。(焦)

或いは、ディーラーではATF交換は、「無交換ですので!」 とか、履歴不明の中古車はリスクを避ける為に断られるのかも知れません?。

前記事では、40000km位で恐らくディーラー(or ユーザー)の安心の為?4回で新油12L使用と、新油率約90%位に徹底的に交換作業を行っている様ですが、これも各店舗の考え方に依る所でしょうか?。

他の方法では、「トルコン太郎」 という全自動ATF交換装置で、例えが不見識で恐縮ですが、透析の様にATFオイルクーラーラインに割り込んで、アイドリングでATFを循環ろ過したり、強制的に新油と入れ替えたりする装置の様です。
そして、全量交換作業等では前もって、20Lで ¥9K 程度の 「アイシンAFW+」 を、洗油代わりに大量に使い、その後ワコーズ等高性能ATFにする事も有る様です。

更にオイルパンやバルブボディ等を外し、ストレーナー(フィルター)交換やマグネット清掃等も更に寿命を延ばす要素でしょうね!。

一般的にディーラーのメーカー純正オイル/フルードは、”最小限”安心では有りますが、ネット入手に比べ、常時在庫等業務形態/経営上コスト高であり、何かと不満が有ったりしていますね?。

アフターマーケット用の 「アイシンAFW+」 はコスパも良いしかなり ”広範な適用” になっている様で不満も無いようですが、長期間無交換のATベンダー/サプライヤー封入フルードと同等かどうかは不明なのでは・・・?。(?)

僭越なズレた例で恐縮ですが、ミシュランで6万kmだ7万kmだと云ってもゴムが固くなっているのか、コスパのMOMOでもっと早く交換して最適の状態を堪能するのか?・・・でしょうか?。そこで、定期的な交換だったら、コスパの AFW+ で十二分なのかも知れません?。

-----まとめ-----
替えないなら徹底的に替えない!。・・・・・(冷汗?)
ATF替える方針なら早めに始める。
若し走行距離が多めだったら少しづつ間隔を置いて替える。

更に、ATFさんには、メカニカルなスラッジ攻撃もさる事乍ら、想像以上に熱害での攻撃も、疲労消耗に繋がるとの説も多々有る様です?。

以上、諸兄におかれましては、既知であまり肥しにならない内容で大変失礼致しました。