ディーラーこわい

クラブ員のSさんから聞いた話。
Sさんはなかなか書き込みをされないので、私が代理で書かせてもらうことに。

Sさんの古いお友達で(お住いが九州ではないのですが)、最近C5の1.6のツアラーの中古車を購入された方がいらっしゃいます。

Sさんのご指導がよほど良いとみえて、もうずいぶん以前から何台もシトロエンを乗り継がれており、それがいつしかご主人にまで感染したのか、近年はご夫婦お揃いでそれぞれのシトロエンにお乗りという、相当ディープなお二人です。

このお友達が乗られていた旧型C5が買い替えとなり、Sさんは次はもう安心実直なゴルフにでもしたら…と一応は堅実路線を提案してみたそうですが、「ドイツ車なんて買うと言ったら家族(ご主人)の “同意が得られない” から無理」という返事だったそうで、結局C5ツアラーになったようでした。
普通とは真逆の価値観があるところにはあるんだなぁと、かなり呆れ返ったものです。

ところが納車からわずか数日後にはやくも調子を崩して立ち往生、原因はイグニッションコイルの不調ということで、これはパーツ交換で解決。
また、タイヤが要交換ということで、Sさんは当然のごとくMOMOタイヤも勧められ、ディクセルのType-Mのパッドと併せて納車時に交換されたというのですから、もうお見事というほかありません。

さて本題ですが、さらに4万キロ強走った車であることから、中古車購入後のアドバイスとして、LDSやATF、クーラントといった液体関係の交換を勧められたようですが、これを実施してくれそうなショップが見当たらなかったためディーラーに依頼されたところ、ものすごい請求書がきたんだそうです。
それはATFの価格で、なんと20,100円/2L単位という信じられないもので、交換にあたってはそれを12Lも使用したらしく、オイル代だけで12万円強。さらに工賃は別ですから驚きを超えて恐怖ですね。

C5のATはお馴染みアイシンの6速で、最もポピュラーなオートマのひとつです。
一説によればアイシン純正のATFはわずか500円/Lほどで入手できるということですから、シトロエン/プジョー純正の名がついたとたん価格が20倍にも跳ね上がるとは、まるで銀座のバー並で、俄には信じられない話でした。

しかも、複雑な機構を有するATは、一度にオイルの全交換ができないため、新油を入れて回しては抜いて、また入れてと繰り返すため、リッター1万円もするオイルを都合12Lも使って作業したらしく、それをシレッと請求するのですから、いやはや…ディーラーとは恐ろしいことをするもんだと思いました。

※写真はいずれもネットからお借りしました。

 

エンコに就いて

昔は車が故障し、路上で立ち往生しているのを、「エンコしている」 と云っていましたネ!。
何の略か?・・・・・ ”エンジン故障=エンコ=色んな故障”、だろうと思っていました。
ネットでの ”Q&A” でも、「エンジン故障からでは?」 との、”A” が殆どでした。

そこで関連の ”Q&A” が目に留まりました。
幼児を座らせるのに、「ちゃんこ」 と云う理由の ”Q” に対し、”A” は、地方での色んな例外は有る様ですが、関東圏では専ら 「エンコ」 で、関西以西では 「ちゃんこ」 が多いとの事でした。

更にエンコは、建築関係の縁甲板(エンコーイタ)から来ていて、縁側つまり外廊下の甲板として使われたのが語源で、長手側が小さなはめ込み型になっていて、長さ1.8m程度までがフローリング、3~4m程度を縁甲板 と呼び、廊下その他色々な所で使われる様です。

ソートー古い話で恐縮ですが、ガキの頃西鉄路面電車(市電)やボンネットバス、それに国鉄車両や駅舎等の床が、埃抑えの油を引いた分厚く長い板張りだった様な気がします。若しかしたら、それらも件の縁甲板だったのかも?。
(*古っ、どげんかせんといかん!)

そして、縁甲板を張った縁側等に幼児をお尻からべたっと座らせる事を、「エンコ」 と云っていた様で幼児だからそのまま動けない、・・・ 転じて故障で動けない!のも、「エンコ」 と云っていた!との説明でした。
どうも、”エンジン故障=エンコ” どころぢゃ無くなって来たようです。(汗)

当方は仕事の関係で、子供達が小さい頃より長ーく久留米在住でしたが、仕事は勿論の事、休日も2輪のツーリングやレース等で忙しく、(*おいっ!)  「エンコ」 や、 「ちゃんこ」 は全く聞いた事が有りませんでした。(滝汗、、、)
・・・・・ 後年 ・・・・・ 「ちゃんこ」 は孫の事で北九州に行った時、初めて聞きました。(伏)

以前、当方が遠くの寒ーい国に住んでいた頃(?)の名前、 ”ハイドロエンコ シトロエンスキー” は灰泥車が 「エンコ」 =立ち往生、をも表す為でしたが(Xan: 31万kmで4回、C5-2: 8万kmで1回)、現在のC5-3は、お蔭様で今の所大人しくしている様です。(*油断しない様に!)
しかし ”ハイドロエンコ シトロエンスキー” が、”ハイドロチャンコ シトロエンスキー” では、どうも今ひとつ決まらない様で・・・・・うーむ!。(脂汗)

以上、上がるばかりの話(クダラナイ)で大変失礼致しました!。

インプレッション

新入りで、連貼りとなるかもですが、ちょこっと、リクエストにお答えを(笑)
あ、その前に今回の台風かなり事前にドキドキでしたが、
大きな影響も無く無事でした。皆様方大丈夫でしたでしょうか?
 
では早速ですがmomoタイヤのインプレッションを。
ただ、かなり個人的感想含まれますのでご容赦ください。
私のDS5のタイヤサイズは225/50の17インチ、ミシュランのプレマシー3を
標準装着してました。多分純正装着のまま4年半経過し、
キロ数よりもサイドウォールのひび割れが顕著となりまして、
一部危険な状態が、、(汗)と言うことで履き替えた次第です。
momoタイヤの感触で最初に感じたのは、10%くらい扁平率がアップ?してる感じ。
ん?も少し15%位でしょうか。
また、感覚から来るイメージですが、BSのレグノ(以前の車で履いてました)の
GR9000やGRX1などは技術の塊的な先進的乗り味に比して、momoは以前からの
技術=形状やコンパウンドで乗り味を提供してるって感じでしょうか。
見た目のサイドウォールの丸っこい形状などからもそんな感じしました。
momoの装着後の今の関心事は、耐久性でしょうか。
ファーストインプレッションは拙い文章ですがこんな感じです。
ご迷惑でなければ、また改めまして、DS5の報告はさせて頂ければと思います。
 
追伸:シフトを押しながらでも上手く改行が出来ません。ipadだから?
すみません、ご教示ください。m(__)m

はじめまして。

遅ればせになりましたが、
春に加入させていただきました「ざんくろ」と申します。
鹿児島在住、ただど田舎なので未だお茶会にも参加出来ずにおります。
現、愛車はDS5。オーナーとなってちょうど1年。(但し、2013年式のusedです)
以前、会報にもちょこっと取り上げていただいたようで、
お茶会に参加の折には、皆さんに見て頂くのを楽しみにしております。
あ、それからご報告を。皆様を参考にさせて頂き、
先日タイヤをmomoに履き替えました。ご教示有難うございました。
まずは、ご挨拶まで。