バッテリー交換

シトロエンC5のエンジンが始動できないことになりまして、セルモーターの回りも鈍かったのでバッテリーあがりであろうと判断。電気のテスターで電圧を調べると10.5V、これでは始動できないはずです。
他の車から電線で電気を送ってみると始動できることを確認してセルモーター故障ではないと判断。バッテリーは4年間使って交換です。

いまどきは、70アンペア級韓国製バッテリーが通販で9000円程度なので助かります。57412型、シトロエンC5にはこの大きさ28cm長のバッテリーが載せられる最大のサイズのようです。

新バッテリーが届いたので電圧計で調べると12.4V。本当はもっと電圧高くても良さそうなので充電器で8時間充電して12.8Vになったので搭載して、快調に始動できました。あとはメモリーが消えているので再設定をC5説明書読みながらやります。

この際に、もう1台のバッテリーの電圧をしらべると11.8V程度。これはほぼ放電状態に近いので今夜充電を12時間ほどやって回復するか試みます。
どの車もチョイノリ程度にしか使っていないので充電が不足している様子です、鉛電池は放電状態が寿命をみじかくすることでしょうから充電器で電圧(電解液比重が高い状態)を高く保ちたいです。

バッテリー交換」への3件のフィードバック

  1. おお、さすがはmaetaccqさんですね。
    最近の車は、昔とちがいバッテリー交換を自分でやると、コンピューターの不具合などが出ると脅されているので、私はびびってやらなくなりましたが、C5は大丈夫なのか技をお持ちなのか。
    韓国製バッテリーはたしかに安いので助かるし、製品も思ったよりちゃんとした印象。
    ディーラーで交換すると価格は一気に4倍ぐらいに高くなりますが、今どきはメーカー品でも実際どこで作られているかわかったものではないし、それだったら安いバッテリーを気軽に交換するほうが賢明でしょう。

    使用済みバッテリーの処分の問題もありますが、私は以前、2個ほど処分に困って不燃物の回収日に市の指定する袋に入れて表に出していたら、なんと1時間もしないうちに誰かが持ち去ってしまったので、よほど再利用できるものかと思いました。

    • C5は、時計の日時を合わせるだけでした、ラジオやパワーウインドなど設定しなくて良かった、バッテリ交換後も何も問題なく走っております。
      使用済みバッテリはお金になるのでしょう、鉛が再利用されるとでしょうね。
      使用済みバッテリーは、無料回収の着払い荷送り伝票がついていたので、箱に入れて送り出しました。

  2. 今では旧式となった私の2011年式のC3のバッテリー交換について。

    バッテリーはAmazonから韓国製を購入。しかしいざバッテリーを交換しようとすると、バッテリーの周りに配線やプラスチック部品が集積されており自分勝手にバラすと部品を壊しそうでDIYでは難しそうでした。
    以前、バッテリーを購入したBASKESという会社のHPを見ると車種別に写真入りの交換方法が載っており、幸いなことに私のC3についても記載があり助かりました。昔のバッテリーはむき出しですぐ交換できたのにねー。
    C6はどうでしょうか?

    交換しただけで、コンピュータはいじらなくてよかったです。廃バッテリーはオートバックスに行くと無料で引き取ってくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です