怪しい酷暑対策-2

酷暑時期のエンジンルーム内は、耐え難いほどの灼熱地獄です。特に真っ赤に焼けた(?)エンジンの停止直後は、オイル及び冷却水の循環や、はたまた走行風も止まり、一番厳しいかも知れません?。
(*若しや焼玉エンジンなのかな?) (*元々そう云う設計なので平気なのでは?)

この為、ある種の???品質を抱えた構成部品等 (バッテリー 「使用温度50℃迄!」 や、DI 「ダイレクト点火」、ゴム/樹脂パーツ等)は、度重なる熱攻撃で寿命が短くなるかも知れません?。 (*ホンマかいな、ソーかいな?)

 トラブルフリーにする為には、音を上げた弱い部品をその都度交換して元気モンのお揃いにするか、又は厳しい熱応力が掛かる環境頻度を少しでも下げて寿命低下を抑えるか、ぢゃあ無いでしょうか?。
(*ど素人の一方的な偏見と独断に元づく意味の無い事柄、ぢゃあ無いでしょうか?)

.
対策-1・・・・・無謀にも、ボンネット後端のウエザーストリップ(ゴム)を取り外す。  
取り出してボンネット上に載せている、黄色枠内の黒いゴムが、ボンネット後端のウエザーストリップです。本来この位置の下側にセットされている。
これを外すと、18ミリX100センチ程の隙間が出来ます。こことフロントガラス下端部間には傾斜が付けられていて角度的に雨水が侵入しにくくなっています。開放場所にてかなりの雨で駐車実験した所、雨水の浸入は有りませんでした。又、走行中は空気の流れで全くOKと思われます?。
通常、走行中のエンジンルームの熱気は前から入った空気に依って主に車体下の流れに引かれて下後方に逃げると思われますが、これにプラスしエンジンルームの特に灼熱の上層部の熱気が低速の街中走行時、上後方へ少しでも逃げてくれるのでは?との期待からです。
特に上層部の熱気滞留は、バッテリーカバー作戦(怪しい対策-1)で確認済み!。(?)

.
対策-2・・・・・出先で若し可能な場合、こそっと僅かにボンネットオープン!。(汗、、)
エンジンルーム上層の超熱気が後側へ逃げ易い様に!。
       
自作の黒いスポンジ (H = 55mm)     黒いスポンジでボンネットを
を一時的にボンネットフックの       55mm ミニオープン
近くに置いた時。            (サブフック作動はマスト!)

・・・・・更に状況に応じて!

短いステーを作成、これで
15cmのスモールオープン。

.
対策-3・・・・・帰宅時は、ボンネット
をハーフオープンにして 放熱?。
       
ステーの差込み位置を変え、        怒涛のボンネットフルオープンは、
路から少しでも目立ち難い          殆ど使用せず。
様(?)にハーフオープン。

 以上、姑息で無駄骨っぽい、ド素人の酷暑対策でした。(滝汗ヽヽヽ)

 尚、これらのミッションは、ロ*テバッカスが再びお店に出回る頃には、既に撤収しています。(笑)  (*全く持ってどうでも良いのだが!)

 気魄のご提案?:
正しい行動としましては、殆どビョーキに近いこんなアホな事は一切やらず、車検毎にバッテリーを更新すれば突然死の心配は無いのぢゃなかろーか?と思われますので、そちらの方を強力にお勧め致します。(キッパリ!)
(*バッテリー突然死の経験者なんだなー、、、、、きっと?)