福岡ナンバーのDS

kunnyさんから聞いたのですが、福岡空港近くの国道3号線の中古車屋でDS(昔の)を見かけたとのこと。

夜、出かけたついでにそっちへまわってみると、照明も何もない暗闇の中古車展示場の片隅に、まぎれもなくDSがありました。
21か23かわかりませんが、後期型ヘッドライトのDSで、夜目にもそれなりのコンディションを保った個体のように見受けられました。

展示場にはアルファやルノーといったラテン車と、メルセデスやMINIなどのドイツ車が並んでいましたが、奥の方にはなんと後期型Xmまであることにびっくり。
帰ってさっそくネットで調べてみるとアウトブルートラストという店で、「中古車販売および整備のプロフェッショナルな専門店」とありました。
輸入車の中古屋さん

後期型Xmは2000年式、シルバーの右ハンドル、走行24000kmとあります。
そういえばここの近くのショールーム(ホームページによれば同じ会社)に以前DSやGSが入っていたことがあったので、おそらくはその車が外に出されたのだろうとも考えられます。
ちなみにそのショールームには、ナナサンのカレラRSをはじめとする数台のポルシェ911やムスタング、昔のフェアレディZなどスポーツカーばかりが並んでいますので、何らかの事情でここから追い出されたものなのか…。

いずれにしろ、今や自動車史の貴重な遺産ともいうべきDSが、この酷暑の中、ずっと野外に置かれているというのは、なんとはなしに気にかかるところではあります。
在庫車両一覧の中にはDSは記載されていないので、非売品なのかもしれません。

福岡ナンバーのDS」への1件のフィードバック

  1. 仰るように、今や自動車史の貴重な遺産ともいうべき真打ちDSが、未だまだ福岡に現存するのですねー!。
    各自で夫々拝見も宜しいと思いますが、厳しいでしょうが可能ならCCQうち揃っての拝観 いや ワイガヤ見学会も楽しいでしょうね!。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です