ガストの下見しました

ちょっと心配になったので、来月からのお茶会の会場である『ガスト太宰府インター点』に下見に行ってきました。
正直言って、ロイヤルホストのほうが雰囲気は確実にワンランク上というのが率直な印象でした。そのぶん全体に料金も安めで、飛行機でいうところのLCCといったところでしょうか。
椅子とテーブルもロイヤルホストに比べると4人掛けの席が圧倒的で柔軟性に欠け、5人以上が同じ場所に座るのは、それが可能なテーブル数が少ないぶんやや厳しいかもしれません。
そうかといって他に適当な店も思いつかないので、とりあえずここでやってみて、いいお店がありそうなときはいつでも変更すればいいことだと思います。

 

DS3車検でした

ご無沙汰をしております。なかなかお茶会には参加出来ず残念です。大分でシトロエンしています。

DS3が初回の車検。3年、26,190km。健康体ですが、冷却水が減ることがあって保証期間内の早めの入庫でした。結局、オイルクーラーハウジングからの漏れた形跡があり、クレームとなりました。パワフルで良いエンジンですが、今後の心配の種となりそうです。

昨日は休日出勤の帰りにC6とつかの間の併走。ユラユラしてました。

いつのまにか

ひと頃に比べて街中で見かけるシトロエンの数がずいぶん減ってきていると感じるのは、シトロエン乗りとしては理屈抜きに寂しいものです。むろん現在も新車販売は続けられているので、DSシリーズを含む新型を目にする機会はたまにあるけれど、個人的に目が引き寄せられてしまうのは少し前のモデルであるのは如何ともし難いところ。昔は毎日1~2台は見て当たり前だったXantiaなど、今じゃまったく見かけなくなり、一年に一度でも目にすればほとんど「事件」とでも言いたいほどで、希少性という点ではフェラーリやランボルギーニよりも上を行っている気がします。

そんな残念なご時世の中、我が家から数百メートルのところにあるコインパーキングの駐車場には、赤いメタリックのC4(丸いボディにハロウィンのかぼちゃのような顔をした5ドアハッチバック)がよく止まっていました。それもいつもかなり長時間の駐車で、週の半分ぐらいはそこにいたので、通るたびにその愛らしい姿を見るのが楽しみだったのですが、このひと月ぐらいまったくそのC4を見ることがなくなりました。むろん事情などわかるはずもないが、どうしたんだろう…。ただ単にその駐車場に止める用がなくなっただけかもしれないけれど、つい他車に買い換えられてしまったような気がしてしまうのは、シトロエン乗りに身についてしまった諦めとひがみっぽさなんでしょうか。

 

お茶会の会場が変わります!

これまでお茶会を行ってきたロイヤルホスト南バイパス店は、営業時間が0時までとなり、閉店を理由に一斉に追い出され、駐車場まで閉められてしまうため、5月13日お茶会より会場を変更することになりました。

【新会場】
▲ガスト太宰府インター店
福岡県大野城市瓦田4丁目15-3
TEL 092-583-1086

ガスト太宰府インター店 TEL 092-583-1086

※太宰府インターと西鉄白木原駅の中間で、旧3号線沿い、「白木原五」交差点の一角。