新型C3とDSクロスバックに試乗しました。

お茶会の翌日新型C3の試乗に行きました。お店がオープンして間がない時に行ったら予約3人まちで、気が短い私はそのまま帰り、後日改めて行ったら今日はC3はありませんとのことでがっかり。今回は予約の電話を入れで行きました。短時間試乗ではあまり確定的なことは言えないのですが、雑誌やネットでほめている様な感銘は受けませんでした。私の乗る先代のC3に比べて優れていたのはロードノイズだけと言ったらちょっと可哀想。しかし乗り心地は僕の車の方が良い様に感じたし、内装も新型は好みでは有りません。大きいモニターが取ってつけたようで好みではありません。若いディーラーの人が如何でしたかと感想を聞くので、けなすのも悪いので無視。今のC3に当分乗ろういうのが結論。次に買うならC4カクタスか?新型C3の好みだった外観も何か安っぽく見えてきました。隣にあったC4カクタスが数倍良いデザインでした。
と、目の前にDS7クロスバックが試乗から帰ってきた様子です。あれに乗りたいと言うと良いですよと快諾。前回DSのショールームで見て内装に悪印象を持った車でした。SUVには興味ないので知識もないのですが、
テイストを中国へシフトさせたのかなと思わせる内装デザイン。マセラティを真似たか中心にはアナログ時計、それもエンジンを切ると裏返るギミック。シフトノブ周辺の煩雑なデザイン、皮シートの煩雑なスティッチ、デザイナーはこれらが高級感を醸し出すと思っているのでしょうか。ネットでcarview なる試乗記を読むと、フランスのエスプリなどと絶賛してます。筆者はC6 を自家用にしてるとのこと。仕事とはいえこんな提灯記事を書くとは情けない。内装には悪態つきましたが肝心の走りは?確かに硬くはないけど、新サスペンションPHC が組み込まれていると思っていたのですが違ったみたいですね。DSアクティブスキャンサスペンションというらしい。前方の路面状況に合わせてサスペンションの減衰力を変えるらしい。試乗コースの平坦な路面では真価は不明。しっとりとした重厚な車ですねと、C3をほめなかった分ほめときました。試乗車はopera なる最高グレイドでGoodyearの20インチでした。廉価版は18インチとのことで2インチ違えばかなり乗り心地も変わるでしょう。当然C3よりは高級感はありますが、内装だけで買うという選択肢からはずれます。
以上、読み返すと僕は車の内装や外観の格好良さを重視するみたいですね。DSからC6まで、昔のシトロエンは格好だけで好きになっていたものですが!今後のシトロエンは違ってくる様です。C6を大切にしなくちゃ!

ブラックホーク もとい エアコン ダウン?

CCQ等に無関係な内容で恐縮ですが、これらの呼び水的な?投稿です。(催)

今夏 クソ暑いさなか、ルームエアコンが1台ダウン。 皆さんも同じ様に実行されていると存じますが、先ずネットよりのエラーコードでは、”室外機故障” と出ています。

室外機の上蓋を取外し、様子を観察すると 冷房スタートで、
①コンプレッサーらしきモノは忙しく動き出します。
②少し遅れて冷却ファンがゆっくり回りだしたが、程なく完全に停止したままになった。
③暫くするとコンプレッサーも止まってしまいました。
④次に基板上の自己診断LEDが点滅、 これの意味は、”ファンモーターロック” の様です。

電源コンセントを抜き、ファンモーターを手で回すとスムーズで、念の為 関連コネクターの接触不良を除く為、基板上で複数箇所を抜き差しするも、結果は変化無し!でした(涙)

これの、怪しげな予想解?としては、室外機コントロール基板上のファンモータードライブコンポーネント(素子)が何らかの原因で動作不安定になり、冷却用ファンモーターが結果的にストップ、真面目に働いていたコンプレッサーも冷媒が過高温になるのを防ぐ為 数分後に停止、結果をLEDに表示して助けを求める・・・でしょうか?。 (*全然違うかも?)

仕方が無いので、これらの傾向故障と云われている ”コントロール基板” をネットで取寄せ、交換した所 復旧しました。めでたしゝゞゝゝ。(笑)

 

*後日談・・・当該室外機は日当たりが良すぎ、特に今夏は高温に晒され続けたと思しき!で、この為 ”コントロール基板” にも悪影響が更に積もったやも知れず、これに懲りて安価な銀色の日よけパネルを全機に取付けました。(笑)

新ステッカー

ずいぶん久しぶりに新しいクラブステッカーを作りました。

サイズ:120mm☓24mm とやや小ぶりにしました。

お茶会のときにお持ちしますが、お茶会参加予定の立たない方や、トリコロールデイなどでもっとはやく欲しいという方は、
▲お名前 ▲ご住所 ▲電話番号 ▲必要枚数(できれば5枚以内)を
milou526@yahoo.co.jp までお知らせくだされば郵送致します。

※クラブの会計の許可を得て制作しましたので、無料でお渡しお送りします。


実物をリアウインドウに貼ってみたところ。


原案

バッテリー突然死

シトロエンネタではありませんが、ゴルフのバッテリーが突然死しました。

前日まで何の問題もなく走っていたのに、次の日の夜、出かけるためエンジンを掛けようとしたところ、まったくの無反応。警告灯も、ルームランプも、リモコンキーもずべてダメで、一晩のうちに車が死んでしまったかのようでした。

昔なら「カチン」ぐらいはいったものですが、現代のそれは徹底していて、バッテリーごと消えてなくなってしまったように完璧に無反応。
積載車でディーラーに運ぶということも考えましたが、この状態ではパーキングブレーキも電気式なので解除できず、ギアもなにもかもがロックされており、これでは車を1cmたりとも動かすことはできません。
テールゲートさえ電気式らしく開けることができず、あらゆるものが電気で制御されている現代の車の怖さをしみじみ思い知らされました。

ただちに新しいバッテリーを手配すべく、パソコンやら電話やらで、その夜はあっという間に数時間を費やしましたが、ちょうど金曜の夜で土日を挟むため、状況はなかり厳しいものでした。
そんな中、安くて高評価のアトラス製バッテリーのサプライヤーが「福岡市内にあり」、土曜というのに電話したら「出た」し、価格はネット平均より「安く」、在庫も「ある」、店頭販売も「できる」というので、地獄に仏とはこのことかと感激に打ち震えてすっ飛んで行きました。

5つの幸運が重なったこと、バッテリー突然死の恐ろしさを味わったおかげですっかり怖くなり、この際というわけでもう1台の車用まで購入してしまいました。

アイドリングストップ車に対応のAGM/EFGバッテリーは、従来のものより高額でディーラーでは5万とか7万とか、聞いただけで卒倒しそうな金額をいわれますが、今回はゴルフ用とさらに大型のもの2つ合わせて35000円からちょっとお釣りがくるほどの望外の低価格でゲット出来ました。
とんだバッテリー狂騒曲でしたが、最後は思いの外はやく解決できました。

https://www.orientalbattery.com

新社屋が続々

このところ福岡は輸入車ディーラーの建設ラッシュのようです。

国道3号線を空港から北方向へ走っていると、新たにランボルギーニの店が建設中なのを発見。
すでにランボルギーニ福岡というのがあるのですが、そういえば最近街中でもちょくちょくこの猛牛を見かけるし、販売は好調で規模拡大ということなのか。

それでなくても、付近にはマクラーレンとアストンのやけに大きなディーラーがあったりで、店舗規模でもイタリア勢は負けてはいられないと攻勢をかけているということか?

大きなディーラーといえば、今年オープンしたプジョー/シトロエン系の新ディーラーもショールームは国内最大規模らしく、そこからやや南に下ったところには、これまた大きなマセラーティの新社屋が建設中。

スーパーカーの世界でも、福岡規模の都市にあんな大きな社屋がどんどんできるなんて、やっていけるのかと首を傾げますが、ともかくかつてないほどの勢いなのは確かで、世は好景気ということ?

ま、そんなものは関係ないし実はどうでもいいんですが、車関連の景気がいいのなら、せめて良心的なフランス車の専門ショップみたいなものができて、我々のオアシスになってほしいもの。
歴代のハイドロを知り尽くしたベテランメカニックがいて、いろいろなノウハウがあり、込み入った高度な修理なども可能な、そんなショップができてくれないか…というのが切なる希望。

でもそれはある意味、自動車文化の深いところに根のはった土壌がなくてはならないものだったりして、スーパーカーのディーラーを作るよりもハードルが高いことかもしれませんね。

この暑い中、出かけたついでに奮起して写真を撮ってきました。

新社屋建設中のランボルギーニ(左)とマセラーティ(右)は、それぞれ結構なサイズでびっくり。

(左)ほとんどひと気のないマクラーレンとアストンマーティンのディーラー。
(右)以前からあるランボルギーニ福岡。


棟続きでDS/シトロエン/プジョーが三軒長屋のように並んだ新ディーラーが今年オープン。


…と、ご近所の異変に刺激を受けたのか、どう見ても拡張工事をやっているように思えてしまったルノー福岡。
工事現場のド真ん中にしれっと置かれたキャプチャーは何か意味があるのか…。

 

9月のお茶会変更

8月のお茶会は、ひさびさにaiharaさんが遠路参加されて、総勢8名による楽しいひとときでした。

その席で話題に上っていたのが翌月、久住高原でおこなわれるトリコロールデイで、開催日は9月9日とのこと。

何人かの方がトリコロールデイ参加も検討しておられる様子でしたが、9月お茶会は第2土曜の8日ということになり、そうなると2日続きとなる方には大変なので、
CCQお茶会は9月のみ第3土曜である9月15日(場所と時間はいつも通り)とすることになりました。

よろしくお願い致します。

カーグラ9月号は

最新のカーグラ(9月号)はフランス車のページが30ページにもわたっています。

そのうち12ページがプジョーの508とRifterに関する記事で、残りはすべてシトロエン。
しかも新型に関するものではなく、まずは「シトロエンのデザインに見るバロック様式」というもので、デビュー時のDSから、いろいろなアングルの写真で、AMI6、2CV、VISA、DS21、ID19、CX、SM、C6、XM、M35、AMI8などが登場。

さらには新車で買える2CVのこと、前後にエンジンを積んだ2CV 4☓4サハラ、Hトラックの妹 タイプG物語と続きます。
さらにさらに、付録として「DSの華麗なる世界」という小冊子がついていて、こちらにはDS7クロスバックの試乗記から、未来のコンセプトカーまでと、とにかくシトロエンずくしでした。

今回でDS21の短期テストも特段の事件もないまま最終回を迎え、無事に返却されたようです。
このDS21には500ccの溶接型スフェアが装着されていたようですが、途中からDS本来の土星玉とよばれる700ccのものに換装され、乗り心地は一気にフワッフワッの「雲のような、マシュマロのような乗り心地」になったとあり、やはりスフェアの容量は、乗り心地にとって圧倒的な影響があるようです。

CGを購入されない方も、ちょっと立ち読みされてはどうでしょう?

最近のクルマの幅

カーグラフィック689号(2018年8月号)を読んでいるとJAGUAR I-PACEの車幅は2011mmとありました。調べてみると他にも2m超えの車幅を持つクルマは数車種あるようです。車幅1780mmのC5でぎりぎりの私には悪夢のようですが、購入できそうなクルマでもないので勝手にどうぞという感じです。といいつつ、シトロエンもどんどん車幅が広がっているので困ったものです。

最近レンタカーで乗ったBNR32は今となっては細身の車幅1755mmで、直6ということもあって縦に長いクルマを運転しているという感覚がありました。まさにスカイラインGTといったところですね。この感覚は久しぶりでとても楽しかったです。

 

右折レーン手前のゼブラゾーンに就いて

意外と知らない、右折レーン手前のゼブラゾーンの意味をまとめてみました。

ゼブラゾーンを跨いで走っても違反ではない
 右折レーンの手前でよく見かける、ゼブラゾーン。これは、車両の走行を誘導するためにある「表示」(標識ではない)で、「導流帯」とも呼ばれています。進入禁止という規則ではないので、意外かも知れませんが、導流帯(ゼブラゾーン)走行は違反・違法ではなく、当然走ったとしても、一切お咎めなしの様です。

「導流帯」は「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」(昭和三十五年総理府・建設省令第三号)に規定された「車両の安全かつ円滑な走行を誘導するために設けられた場所であること」を示すための「指示表示」であり、道路交通法上の交通規制を表す表示ではない様です。

それどころか、ゼブラゾーンを避け、ゼブラゾーンが途切れたところで右折レーンに入ってきたクルマと、手前からゼブラゾーンの上を走ってきたクルマが接触してきた場合、その過失割合は、進路変更した側が70:後続車が30というのが、判例の基本となっているとの事です。
.
.
.
ゼブラ後に車線変更する車両もいると考えてゼブラ上を直進すべき
ケース1
車線変更に備え、(走行車線上で)早めにブレーキをかけて減速しはじめたい。あるいは車線変更が苦手…
 こうしたドライバーは、ウインカーを早めに出したうえで、ゼブラ上を走行し、ゼブラの上で減速しはじめると後続車がスムーズに通れるので、ゼブラ上の走行がおすすめ。  ゼブラが途切れてからの車線変更は舵角も増えるし、後続車のチェックも必要。だったらゼブラを無視して(跨いで)、右折レーンにまっすぐ進入するほうが、安全でストレスが少ないからです。

.
.
.
ケース2
直進レーンの流れが悪く、右折レーンは空いている場合
 これも、反対車線に飛び出るのは、当然ご法度ですが、ゼブラゾーンは遠慮なく活用して、直進レーンに並ぶクルマを一台でも減らした方が、渋滞の列を短くできるでしょう。  但し、ゼブラゾーンに入らずに車線変更する人は、必ず後方をよく確認し、もしゼブラを走ってくるクルマがいたら、「自分の方が優先。相手が減速(止まる)だろう」と思い込まない事!。

同様に、ゼブラゾーンは跨いでOK派のドライバーも、「ゼブラの終わりで、車線変更して前にくるクルマがあるかもしれない。
そのクルマは、後ろを見ていない、もしくは、自分に優先権があると思っているかもしれず、「相手は、マナーを知らない不見識なドライバー」と考え、相手に進路を譲ってしまうというのが、大人の対応なのではないでしょうか?。 よく言われるとおり、「だろう運転」が一番危ない!。

また、ゼブラゾーンに路上駐車している車もしばしば見受けられますが、もちろん駐車が認められている場所ではありません。場合によっては違反切符を切られることもあるでしょう。

*そもそも作られた時は、車両が通行する事は想定されて無かった為、通行方法は定められなかった様です。
・・・・・≪つまり導流帯は、周囲の交通状況から車線を絞るなどの誘導が必要とされた時に、安全かつ円滑な走行のために使われるものなので、誘導の通りに導流帯を避けて走ってしかるべきもの≫・・・・・と云う事の様です。
*実際に危険な状況が考えられる場合では、ポストコーン等で物理的に規制する事が有るようです。
*教習所では、ゼブラゾーンは踏まないように教えている様です。

*** 画像、説明共 「WEB CAR TOP」 等より引用させて頂きました。***

コードレス

この投稿欄へduca900C5さんが書かれている、コードレスのエアコンプレッサーを購入しました。

同氏はお茶会でも話題にされていたので、へーとは思ったものの、オススメの黄色いマシンは価格も2万円ほどとそれなりだったので、即購入とはなりませんでした。

しかし、我が家のガレージは壁との距離も狭く作業スペースの余裕が少ないので、シガーライターから電源を取るタイプのエアコンプレッサー使用は大変で、コードレス型のエアコンプレッサーがあればいいなぁ…という思いが強まりました。

しかも価格はこの数ヶ月で少し安くなっているようで、バッテリー容量が2000mAhのタイプなら1万円を切るまでになっていることがわかり、ならばとアマゾンから購入。

はじめにフル充電してさっそく使ってみたところ、快適にエアの充填ができました。
コードの取り回しなどがないのは予想以上に楽で、パワーもあるのかこれまでより早くなったし、さらに便利なのははじめに空気圧を設定するので自動停止してくれ、これも大いに助かります。

まだ数回使っただけですが、ちょっと空気圧が減ったぶんの補充程度ではバッテリーの消耗もさほどでもなく、これで充分だと思います。

お陰様でいいものを教えていただきました。


左)真ん中のボタンで電源ON/OFFと単位の切り替えが4種おこなえ、左右のボタンで希望空気圧を設定するだけ。
右)さっそく使ってみました。ガレージの守護神、ビバンダムが見守っているというアホな光景。