C4ちょい乗り

先日、kunnyさんが「フランス車大図鑑」を見に来られた折、C4を少し運転させていただきました。

運転席に腰を下ろしてまず驚くのは、久しく忘れていたやわらかいシートで、ふとBXの頃の記憶がよみがえりました。
外観はもちろんのこと、ダッシュボードのデザインも独創的な造形のオンパレードで、まだ自由な発想で車を作っていた最後の時期のモデルだろうと思われます。

とりわけこの角度からは、完璧と言いたくなるプロポーション。

ただし、足回りのほうは一足先に国際基準に寄り始めたモデルかもしれません。
動き出すと、想像したより骨太で腰がしっかりと座っており、その上にシトロエン流のしなやかさが巧みに味付けされているような印象でした。

同じCセグメントでも、数時間後に乗った我がゴルフ7はずいぶんクニャクニャした乗り味で、まるで仏独は互いの車作りを密かに意識し合っているような気もしました。

ヨーロッパって、表面上は各国反目し合っているようでも、実は互いをリスペクトしている部分も意外にあって、そのあたりの複雑さとか機微みたいなものが東洋の果ての島国から見たら面白いなぁと思います。

天井内張の修理を行いました

ご無沙汰しております。埼玉在住のTama(y)です。昨年3月に福岡で購入し、5月より関東地方で走っている私のC5iiですが、元々弱っていた天井の内張りが夏の暑さに耐えらえず、ついに剥がれてきてしまいました。前車のブレークでもやはり8年を過ぎるころには剥がれてきていたので、日本の環境ではこの程度が限度なのかな、とも思っています。

作業については、前回ブレークに作業していただいて好印象であった新潟県長岡市の内装屋さんに再びお願いしました。我が家からですと片道220km位なので楽しいドライブです。

久しぶりの日本海です。太平洋とは色が異なりますね。バンパー下部のデイライトはブレークに引き続き取り付けました。
内装屋さんに行く前に、出雲崎というところに寄ったのですが、町の一角に原油の掘り出し施設が保存されていました。新潟では原油が産出していたのは教科書で知っていましたが、思いがけず掘削施設に出会いました。

内装貼り替え時には、全く同じ生地を手に入れることはできません。作業依頼時に、サンプル帳からできるだけ似た印象の生地を選んだつもりでしたが、少し色味が合いませんでした。

予めサンプル帳を自宅にお送り頂いて、生地の事前手配をお願いしておきました。もっとほかにもある様ですが、これで十分ですね。

選べる生地は、営業車に使うようなビニールのパンチングのものから、メッシュやモケット、アルカランタラまであり、価格差は凡そ8倍あります。色味としては多くはグレーやベージュなどですが、中には真っ白とか赤など、なんに使うのだろうというのもあります。

また、今回は天井に断熱・遮音材の追加施工を依頼しました。これにより残暑での暑さの緩和に期待していました。しかしながら関東地方はここ数日、夏が終わってしまったかの様な肌寒い曇天が続いていて、断熱効果の程は分かっていません。ただ、長岡からの帰り道は大雨の中を帰ってくることになり、遮音材の効果で天井をたたく雨音が静かになったのが印象的でした。

内装屋さんから送ってもらった施工中の写真です。プロが貼るとやっぱり綺麗です。
今年の8月頃、リアシート上の内張が浮いてきてしまいました。これ以外にも前端部なども剥がれてきていて、我慢の限界でした。

作業後の状態です。すっかりきれいになりました。今回選択した生地はオリジナルより若干青みがかかっていて、少し印象が変わりました。ちなみに天井断熱材は施工後となっては全く分からない状態です。 (写真を撮影した時の天気がだいぶ違うので印象が変わってますが、張り替えたのは天井だけです)

また、前回ブレークでも施工してもらい、実績のあるヘッドライト磨きとコーティングもお願いしたので、当分はライト回りも綺麗なままで維持できそうです。

こういう時代

知人の話で、おまけにシトロエンネタじゃなくて恐縮ですが、ちょっとばかりお付き合いください。
関東に住む友人は、メルセデスのCをずっと乗っており、現在のW205だけでも3台目というのですから、よほどヤナセの言いなりに買い換えさせられているようです。
現在の車は今年買ったそうですが、ある日出かけようとしたら、エンジンは掛かったものの正面のメーターはじめ液晶パネル一切が真っ暗になっていて、幸いヤナセが徒歩でも10分という距離なので、すぐになんとかなるだろうと恐る恐る走っていったそうです。

ところが修理は想像以上に手間取り、戻ってきたのはそれから一ヶ月ちかく経った頃だったとか。しかもはじめの一週間は代車はすべて出払っていて車なしの生活を余儀なくされ、コロナ禍の夏の時期、買い物に行くのにも難儀な思いをしたそうです。
おまけに判明したのは「メルセデス純正パーツ」と言っても液晶パネルは韓国製なんだそうで、ヤナセの必死の取り組みにもかかわらず、これだけの時間を要したというのは、昔を思えばちょっと考えられないことです。
しかもCはすでに新型が発表され、W205は発表から7年、もっとも熟成されたはずのモデル末期ですから驚きもひとしおでした。

もしこれが、保証期間外だったら費用の面でも一体どんなことになるのか、考えてみただけでも恐ろしい。
MBは新型が出るたび、どれもますます液晶パネルの占める割合が異様なほど巨大化される傾向にあり、それだけ不安も増大しているように見えてしまいます。

ちなみにYouTubeの中には、輸入車のハイブリッドだけは買ってはいけないというのがあり、ハイブリッド用のバッテリーの交換が必要となると、何かの間違いでは?というようなすさまじい価格(動画内でディーラーの請求書が公開されています)となり、パーツ代と工賃と30数万円ほどの値引きを合計しても、同型の中古車が数台買えるほどだというのですから、背筋も凍るような話です。

こうなるともはや自費での修理や交換は実行性に乏しく、迫り来るEVの時代は、スマホみたいに2年毎に車を買い替えなくてはいけないようになるのかと思うと、暗澹たる気分になります。
こんな話に比べたら、ハイドロのオイル漏れなんて、ぜんぜん大したことじゃないよね!というような気がしてきます。

※上記写真はイメージです。

フランス車大図鑑

カーグラフィック発刊の『フランス車大図鑑』を購入しました。
「1960年から2020年にフランスで製造・販売された乗用車276モデルを網羅した大図鑑」ということで、個人的に最も関心を寄せる時代の60年間のフランス車が網羅されており、今後このような本が出てくることもなかなかないだろうと思い、つい奮発してしまいました。

目次。シトロエンとDSは一つにまとめられていますが、それでもこんなにもたくさんのメーカーがあったんですね。

中国専用モデルのたぐいは一切スルーされているのに、ルーマニアの工場で製造された現地専用モデルとか、日本製の三菱アウトランダーベースのシトロエンCクロッサー/プジョー4007などは掲載されているあたりが痛快でもありました。

もっとご紹介したいですが、あまりおおっぴらにもできないので、こんな感じという程度です。

モデルごとに1〜2ページで解説されており、資料性の高い一冊だと思います。
こうしてまとめられてみると、知らないフランス車も次々に出てくるばかりか、シトロエンでも未知のモデルが存在していたこともわかるなど、おもしろいですよ。

ちなみに『イタリア車大図鑑』というのもあるようです。
以前から感じていたことですが、フランス車とイタリア車は「ラテン車」として一括りにされ、兄弟のように語られることも多いけれど、個人的にほとんど共通点を見いだせず、その捉え方には少し違和感を覚えます。
何かで読んだ記憶がありますが、日本人はよく「欧米」と軽くいうけれど、実際には「欧」と「米」では成り立ちから何からすべてが違うので、そんな概念自体が間違いだとありましたが、似たようなことなのか…。
日本と近隣諸国も実際はぜんぜん違いますが、その「欧米」からみれば同様に思われているのかも。


Suspension Hydro-Active III+

~小林彰太郎氏絶賛で試乗したXantiaの乗り味が忘れられずで、遅ればせながら26年ぶりにようやく灰泥沼の世界へ~

CITROËN C5(II) シトロエンC5(2代目)が欲しい!! | BUYERS GUIDE

豪雨もあって、納車を遅らせ、ようやく引き取りに行ってきました。

<足回り初期化内容>

折角の京都行なので、前日は二条城をゆっくり観光。 小雨交じりの天気な上に、なにせ蒸し暑い。。。(京の人に言わせるとこれでも涼しいそうですが笑)

町をそぞろ歩くと町屋の軒先には祇園祭に因んだ粽が飾られ、季節柄、地域ごとの地蔵盆も行われてます。

東大手門の隠し「千鳥」の装飾。徳川家康が好きだからということらしい( 城郭考古学者 千田嘉博氏の情報 )
夜は小さな割烹で、刺身・落とし・ 皮の湯引き・しゃぶしゃぶと初めてちゃんとした鱧を食す。なんでもこの時期が旬なんだとか。お酒は洛中に残る蔵元(俳優佐々木蔵之介の実家)。どれも大変美味しゅうございました。

肝心の二の丸御殿内の狩野派の障壁画群は、ほぼすべてレプリカですが、保管庫を兼ねた収蔵展示館の本物には息をのみます。

翌朝、AutoNeedsで一通り説明を受け、慣れない巨艦にたじろぎながら岡山の蒜山高原を目指します。比べるのも変な話だけれど、空冷ポルシェより全長で49㎝長く、21㎝幅広く、15㎝高い(笑)

「8116」と悩みましたが見た目の感じで「4106」と洒落てみました(笑)
@蒜山高原 ハーブガーデン ハービル
境港から西に広がる「中海」を望む

初日は緊張と興奮でよく判らなかったハイドラクティブⅢ+の足の動きですが、翌日は一般道低速時の、高速道路ぬわわなハイスピード域での、とそれぞれの道のうねりに対する身のこなしにぬほほとなります。

以下は皆さんご存じと思いますが、そんな道路上での各機構の働きを透視図で解説した動画。

ソフト設定時には7個すべてのスフィア、ハード設定時には4個のスフィアを稼働させている様子を緑の点滅で見せています。(ハイドラクティブのスフィアは銀玉ですが、ハイドロニューマチックの時の緑玉のイメージを踏襲しているんでしょうね)

あと、今ひとつまだ慣れないのがハンドリングの感触。

うまく表現できませんが、その癖はこの方の書いている感じに近いと思います。

帰路、立ち寄った水木しげるロードにて

ということで、関東でのクルマなし生活から郷里広島へ戻り、約20年ぶりにクルマのある生活(クルマとバイクの空冷2台体制)を楽しんでましたが、ついに増車。
乗ると途端に酔うので、大のポルシェ嫌いのカミさんとの旅行用という大義名分で(爆)


ガソリンキャップ

AliExpressを漫然と覗いていたらガソリンキャップ売っているのを気づきました。C6のガソリンキャップをつなぎとめるヒモ?が切れていてどうしたものかと。車種や年式の近いものを購入してみました。

付け根の所で切れてます。

キャップもろとも交換は期待せずヒモの部分だけ使えればいいかなと。1,073円。Car Oil Fuel Filter Fuel Tank Cap for Peugeot 301 3008 508 408 308 Citroen 2014 Elysee C4L

キャップからヒモの部分を外すとほぼ同形状

無事到着し比べてみると大丈夫そう。

無事装着できました。

無事に装着出来て満足。でしたが、給油に行くとつながっていると、キャップがボディに接触した状態でブラブラしてしまいイマイチ。分離出来たほうが便利だったかも?

音楽好きですか?

操作する機材です

音楽信号をデジタル>アナログに変換する機材です

音を出してるスピーカー
アンプです
CDを聴く機材・CDチェンジャー(もう死語ですね

音楽を良い音で聴くのが好きで、30年以上前に購入した機材をOHしながら使用しています。幼馴染みで詳しい友人がおり車を乗り換えたら都度取り付けて貰っています。
自宅にもオーディオセットはあるのですが、家族にうるさい!近所の迷惑とか言われもはや車の中で一人ひっそりとドライブしながら聴くことがもっぱら。これでジャズを聴くのが好きです。C6にも設置場所に苦労しましたがなんとかセットできました。

車検の代車<C5ツアラー>

今回2度目の車検の為C6を預けて来ました。お店の方が気を利かせて、ハイドロC5ツアラーを用意してくれました。(前回はプジョーのオープンカーでした)乗り心地はC6より軽い分ふわふわ感が強いですね。特筆すべきはこのシート、色んなとこが電動で動いて座り心地がとても良いのです。
シトロエン=乗り心地良い の噂は事実ですね。シートはC6と交換したいくらい。
今までイタリアの車ばかりで故障は当たり前だと認識してましたし、それなりに覚悟もあったのですがホント壊れない。前オーナーは法人の社有車でディーラーにてきちんと整備され、安心できる個体だったので購入したのですが。IGコイル全交換くらいかな、あとは前回足回りに手を入れたので、これは故障じゃないかと。
愛着もひとしお、コツコツ予備パーツなんか手に入れたりして整備していこうと思案中です。

初めまして

この度、当クラブに参加させていただきます。

免許を取得してからイタ車ばかり所有しておりましたが、今回偶然にもC6の存在を知り縁あって所有に至りました。

何分初のシトロエンにて素人ゆえ、ご教授いただけましたら幸いです。

今後ともよろしくお願い致します。

消えゆくSHELLの灯

シェルがアポロに統合されて、いずれ無くなるというショッキングな話を聞いたのはいつごろだったか…。
それがここへきて現実のものとなり、街中からあの何十年と目にしてきた貝殻のマークが、一つまた一つと消えるようになりました。

私が給油してるSSは開店して間もない新しいところだったので、もうしばらくは大丈夫だろうと思っていたら、先日給油に行ったところいきなりアポロのマークになっていて衝撃を受けました。

しかも、アポロのマークは従来の出光のものとも違い、ややシンプルすぎるような印象。
シェル時代の黄色と赤で統一されたスタンド内のあの雰囲気もなくなり、味も素っ気もないもので寂しい限りです。

多くの自動車ファンから支持されていたシェル独自のハイオク「V-Power」もこれを機になくなり、ただのハイオクになってしまいました。この先はEVの時代で、燃料自体がこれまでのように手に入るかどうかもわからない時代が迫っているのかもしれず、寂しい限りです。

Lomax

暑い暑いといいながらの買い物の帰りに、珍しいクルマに遭遇。

ご近所の高級サイクルショップ HILLCLIMB のオーナーの知り合いの方の3Wheeler。

モーガン?と思ったら、Lomax という、1980年代に英国で起業した所謂「キットカー」で、4輪モデルもあるんだとか。

これは、みなさんに馴染み深い Citroen2CV の空冷フラットツインを載せたモデルですが、中には Moto Gutti の縦置きVツインエンジンを載せたモデルもあるようです。


<軽四のオルターネーター換装やオイルキャッチタンク設置>


<Lomax 223 = 2気筒2馬力3人乗りの意) >


<インボードブレーキはディスクに換装>


<運転しやすいようにABCペダル・シフトレバー・ハンドルの位置を調整し、バケットシート装着>


<可愛らしいお尻(笑)このホロの留め具をめくったところにガソリン注油口が>

FRPボディの車重400kg台のFF駆動、さぞかし軽快に走るでしょうね。

楽しそうです !

涼をとる

猛暑が続きますね。夜でも外気温が連日30℃を越しており、車には過酷ともいえる季節が続いています。

以前、ducaさんのアドバイスで、停車後はできるだけボンネットは開けて放熱を助けたほうがいいとのことで、今でもその教えを守っています。さすがに出先でまではやりませんが、帰宅後は必ずボンネットを開けてから、ガレージを後にするというのが習慣になりました。
ボンネットを開けた瞬間の、顔が炙られんばかりにグワッと立ち昇ってくるすさまじい熱は、たしかにこれをするとしないとではゴム関係などの劣化がずいぶん違うだろうなぁと思います。

C5-aircrossのボンネットはカタチがちょっと変わっていて、左右に水でも溜まりそうな大きな凹みがあり、それが走行中も視野に入りますが、なんとなく愛嬌があります。
壁に見える「CITROEN」の文字は、昔のディーラーが閉鎖する際に「要りますか?」といわれ、二つ返事でもらって帰ってきたものですが、こうして見るとバカ丸出しですね。その手前に大きな梁があるおかげで、外からは見えないのが幸いですが。

また、走行距離が3000kmをこえたので、厳しい夏を迎えるにあたり、規定では定められていないけれど自己満足もあって7月初めエンジンオイルを交換しました。
純正は0W-30ですが、ちょっとどうかな?…という気もするので、オイル屋さんと相談の結果5W-35に。こちらもducaさんご推奨のニューテックというオイルですが、クリーンディーゼルというのはどうもオイルの規格に厳しいようで、輸入元へ何度も調べていただいた上で適正であるとの回答を得ての交換でしたが、やはりエンジンオイルは新しくなると気持ちも晴れやかです。

オイルショップにて。最近は省エネという狙いもあるのか、0Wなどというのが普通になってきていますが、せめて5Wほしいというのはそこのご主人も同意見で、そのぶんわずかに燃費悪化に反映されるかもしれないけれど、やはりこれくらいが落ち着きます。
ニューテックはもともと良質のオイルではありましたが、ディーゼル特有の音もほんの少し角が丸くなり押さえられた印象です。

CX売却

昨年末CX売買情報後に問合せをもらいましたが成立せず結局専門店に売却となりました。エンジン不動のため一般的な陸送業者の対応ができず、専門店の手配する積載車でピックアップされました。当初は土曜日で積車中のお別れの写真が取れるかなと待機していましたが、積車トラブルで週明けて月曜日となり撮影は叶いませんでした。

土曜日にC6とちょっとだけツーショット

2001年に1986年式を購入し、15年を経過した車のコンディションは結構厳しい物がありました。それでも20年近く維持しましたが、最終的にはエアフローメーターの不具合?によるエンジン不動で諦めました。また、C6を迎えることもありました。

C6はリアウインドウの凹型がわかりやすいようにCXにオマージュされていると言われますが、寸法はC6がふたまわり大きいこともあり印象はかなり異なります。

CX 全長 4650mm、全幅 1770mm、全高 1360mm、ホイールベース 2845mm

C6 全長 4910mm、全幅 1860mm、全高 1465mm、ホイールベース 2900mm

写真を整理していたら同じようなアングルで撮っていましたので、CXとC6を同じ角度の写真を並べます。

CXサイドビュー 前のプレスラインと後ろのプレスラインが交わらないのが面白い。
C6サイドビュー Cピラーの角度がCXと逆。
CX少し前から
C6少し前から
CX後ろから
C6後ろから

CXは分厚いウレタンのシートもあってフカフカ、フワフワでした。