元気でね!

唐突ですが、我がC6を大分のAさんにお譲りすることで話がまとまり、住み慣れたガレージから旅立って行きました。

引き渡し日が決まり、最後の洗車を終えたところ。

本来は末永く乗るつもりで、つい最近まで車検を受けたりスフェアを揃えたりしていたので、急な展開でした。

引き取りにはご夫妻お揃いでお見えになりました。

私が所有したのは4年半、整備して、洗車して、車検を受けて、ときどき乗るという使い方で、その間の走行距離は12,000km弱でした。

往年のDSやSMについては語れるほどの知識も経験はありませんが、約30年、自分が体験したかぎりにおいてC6は最高のハイドロシトロエンだったような気がします。
とくに印象に残るのは、格段に向上した信頼性とがっちりした造りで、内外の手触りには一昔前のメルセデスのような重厚な質感があり、しかもデザインはシックで独創的、およそハイドロシトロエンの集大成的なモデルだったように思います。

ついに取り替えることのなかったホイール、新品スフェア一式、LDA、その他諸々、ありったけのパーツ類を後部に満載していざ出発の瞬間。

AさんというCCQ古参メンバーで、ハイドロをこよなく愛する方に乗っていただくことになろうとは、車もこれ以上の幸せはなく、新しいオーナーのもとでさらに機嫌よく走り続けてくれることを願います。

ガレージを開けるたび、C6がいなくなったことを実感する毎日です。

どんな角度を切り取っても、モダンアートのような美しい造形が随所に発見できるこんな車は、もうなかなか出てこないでしょうね。貴重な経験でした。

試乗は楽し。

お茶会の内容は別ページにレポートしていますが、久々に登場したKさんのC6と初参加SSさんのXantia。
試乗ということになり、Kさんの運転、SSさんと私が乗せてもらって走っていたら、いつのまにか千早の遙か先まで行ってしまってしまいました。
たまには人のクルマに乗せていただくのも楽しいものです。

三たび猛威を振るいだしコロナのせいで、来月はお茶会ができるかどうかも怪しい感じです。

なんでも鑑定団

長寿番組の『開運 なんでも鑑定団』を録画で見ていたら、「えっ!?」というものがでてきました。

車屋をやっていたという男性が、むかしSMを持っていたところ、友人から譲って欲しいと言われ、あちこち壊れて走れない車だから売る訳にはいかないと言って断ったところ、じゃあこの二枚の絵と交換して欲しいというので、それならばと応じたとのこと。

その絵が依頼品だったのですが、なんと山下清の晩年のペン画による東海道五十三次のはじめと最後の二点で、それらはまぎれもない真作で鑑定結果はなんと1000万円をつけました。
動かないシトロエンが思いもよらないものに変化したこと、スタジオでは司会者などから何度も「シトロエン!」「シトロエン、カッコイイですよね!」という名前が出てきて見ているこっちがドギマギしました。

「鑑定よろしくお願いします!」の場面。

お茶会

関東や北海道ではコロナの第3波などというニュースも聞こえています。
さいわい福岡はまだ大したことはないので、今月は注意しながら開催することになりました。飲食時以外はマスク装着をよろしくお願いします。

新入会員のご紹介

先月、関東から自走して来られたTさんご夫妻の繋がりでお茶会に参加されたOさんと、そのご友人の方が入会されました。

「二人展」会場の外に佇む、お二人のシトロエン。

Oさんは大分県にお住まいで、XmとBXに乗られており、車の絵を描かれる方です。
宗像市のGarage T というところで、別の方との「二人展」なるものがあり、それを見に行ってきました。

お茶会翌日の様子。多くのシトロエンが集まったようです。
二人展の様子。内部には4台のヴィンテージカーがあり、その脇にはスロットカー(?)のコースがあり、喫茶らしきものもあるようで、なんとも不思議なお店。
店内のあちこちに配された作品。原色が多用され、センスよくかつマニアックなデフォルメが素敵で、クルマ趣味の楽しさそのものを表しているようででした。

Oさんのご友人の方は、Sさん。久留米にお住まいで、後期型のXantiaを最近購入されたとか。
以前はXantiaブレークにも乗っておられ、昔は家に2CVがあって、現在はほかにアルファのスパイダーもお持ちという、お若いけれど、とにかく車が大好きで車の話になると止まらないという感じの方です。
皆さんお楽しみに。

白のXantiaはあまり見慣れないこともあって新鮮な印象。後期型ではハイドラクティブ搭載車が前期のV-SXからEXCLUSIVEグレード名が変わり、この時代はSXのほうが大勢だったこともあってか、色・グレードともに希少車といえるのでは。
SXは前後バンパー、サイドプロテクターなどが樹脂色の黒に対し、EXCLUSIVEやV6ではボディと同色。

パワステポンプ

8月、ガレージ床にオイル漏れを発見したのは、以前投稿しました。
まだ1円玉にも満たないシミでしたが、これしきのことでひきつってメカニック氏に問いただしたところ、「パワステポンプからのわずかな漏れはありましたねぇ…」という言葉を聞き、即パーツ探しに突入。
Sさんもebayで探してくださいましたが、国内価格と大差ないことが判明し、幸い2個ぐらい国内にあるというのでさっそく注文することに。

ところが、その後何日経ってもオイル漏れはなく、いらい2ヶ月以上経過しますがまったくのゼロ。
おそらく滲んだオイルが何ヶ月か溜まりに溜まってようやく下にポトンと落ちたもののようで、そんなに慌てることではなかったようです。

左の写真の黒い部分の穴(青マル部分)が4つか3つかで、同じC6でもガソリン車とディーゼル車で部品が異なるそうで、そのうしろの銀色の部分はまったく同じらしく、こういう違いが各モデル各パーツでもいろいろあるようで、それだけのために値段が倍以上になったりすることもあるとか。同じものが使えるように作っておきゃいいものをと思いますが、それなりの理由があるんでしょうね。

で、このパワステポンプというのが結構なお値段で、できることならキャンセルしたかったのですが、すでにメカニック氏の手許に来ているとのことで、やむなく購入することに。備えあれば憂いなしというところでしょうが、やっぱり軽率でした。

箱を見て「なにこれ?」と思った文字。「オイルもれなし」と新品パーツの箱にわざわざ検品シールみたいなものが貼ってあるということは、新品でも漏れる可能性がある?とも受け取れます。こんなものを目にすると、ますます早まったもんだと猛省中です。

10月お茶会

関東からゲストのご夫妻を交えて、10月のお茶会を無事に終えることができました。
取り急ぎ写真をアップしますが、夜の駐車場は写真がきれいに写せない、色も出ないのでモノクロにしてみました。
なんとか雰囲気だけでもお伝えできれば幸いです。

歓談中の様子。
右より2台め、横浜から無事に到着されたC5ブレーク
C5ブークの他にも、この日はXm-24V、さらにはアミ8という珍車が初参加されました。
(右上)十数年ぶりに見たHさんのC5。なんとさらにオールドシトロエンが一台増えたというのですからびっくり。
帰りはホテルまで併走してご夫妻をお見送りしました。
遠いですが、ぜひまた遊びに来てください!

くだらないけど

先月のタイヤに関する投稿で、IKEAの駐車場で撮ったGolfのルーフ上に「C3」の文字が写り込んでいるので敢えてご紹介しましたが、この様子なら「C6」もあるんじゃないかと思って行ってみたら…遠くの方にやはりありました。
くだらないですが、せっかく写してきたのでいちおうアップします。
できるだけ他の車が写り込まないように苦労しましたが、難しいですね。

おしらせ

コロナの終息は未だ見えないものの、世の中は少しずつ動き始めているようで、10月あたりから注意しながらお茶会も再開していけたら…と思っています。

今月は関東在住でCCQメンバーのYさんのお友達にシトロエンがお好きなご夫妻がおられ、いたくCCQに興味がおありだそうで、こちらまで自走して来られるとか。
福岡泊が10月24日(土)で、もしお会いできる方があれば…というお話で、10月お茶会は24日へ変更してクラブでお迎えすることになりました。

C6車検

早いもので、また車検の時期になりました。
CCQ内にはごく軽くサラリと済ませられる方もおられますが、私はかなりプレッシャーになるほうで、遡ることABSのセンサー交換からはじまり、普段使うことのないウインドウォッシャーが作動するか等、毎回準備やそれに伴う気分で疲れます。

そのひとつ。ユーザー車検を受けるには、ホイールのボルトが見える状態にしておく必要があり、C6はセンターキャップを外しておかなくてはなりませんが、いちいちトランクの荷物の下の床をはぐって専用工具を取り出すのも面倒で、前回まではドライバーで代用していました。
ただC6のキャップはやわらかいプラスチック製で外れにくく、一度など塗装の一部がわずかに欠けてしまったりでこれはもうだめだと観念。その後、ネットで汎用の専用工具が目にとまったので、これを車検目的に買っていたのですが、さすがに簡単に取り外すことができました。

途中がわずかに折れ曲がっているだけですが、それだけで無理なくパカッと取り外すことができたのはささやかな感動がありました。このキャップ、実は場所が決まっているので適当にやってもハマらないので、ホイールに目印に小さなシールをつけていたら後がラクでした。

ユーザー車検の予約後に、灯火関係のチェックをしたらナンバー灯の右側が切れており、すぐにネットで探してC6用(C5等とも共通)左右一式を注文しましたが、間に合わない時のことも考えて、おそるおそる白いプラスチックのカバーを外してみると、ちいさな豆粒ほどの電球が黒くなっていました。
オートバックスに行ったら普通に売っており、ネットで注文する必要もなかったわけですが、まあ仕方ありません。当然左右交換。

左が切れて黒ずんでいた電球と、2個入りで199円の新品電球。
右はネットで注文して、ギリギリ前日に届いたナンバー灯一式ですが、これを土台から外して無事に付け替える自信はないし、よく見ると中は左のような豆球ではなくLED風で、個人的には前世代の車にライト類だけLEDにして、そこだけ不自然に白くなるのは自分の好みではないので…やめました。

かくして前日の点検では、すべてが「無事に点灯した」と思い込んでいましたが、ここに大変な見落としがあることに気付きませんでした!

当日、いつも光軸調整をやってもらう店に行くと、なんと、左のヘッドライトがハイビームにならず「修理してもう一度来てくださいねー」「じゃあ、バックで左に出てくださーい」とパッパと追い出されてしまい、放心状態のまま仕方なく帰りました。ネットによればC6にはわりにある症状のようですが、街中でばかり乗っているとなかなか気が付きません。
ヘッドライトはHIDの球1個を使っており、球切れではなく要は切替の問題。この修理には紆余曲折あって、メカニック氏には大変な手間を掛けて、都合これに一週間以上かかりましたが、そのあたりは長くなるので省略。

合格できたところの写真を撮っていたのですが、係官がスッ飛んできて「ここは撮影禁止です!全部消去してください!」と高飛車に言われ、疲れているので抵抗する気力もなく消しましたが、どうにも腹の虫が収まらず、離れた場所からさも自分の車の写真を撮るようにして、一瞬の隙を狙って写したのがこれ。こんな汚い小屋みたいなもの、軍事機密かなにかじゃあるまいし!
真横に立って自分のスマホを覗きこまれ、命令的に消去させられるときの気分というのは、まるで犯罪者扱いされているようで、いま思い出しても腹立たしいものがあります。

〜と、最後に写真消去という甚だ不快なオマケもありましたが、車検が失効する期限が迫る中、なんとか合格できたのは幸いでした。
もしできなければ車検が切れ、我がC6は合法的に路上を走ることができない物体になるところで、ユーザー車検で今回ほど疲れたのははじめてでした。
さすがの私も、昨夜はぐっすり眠れました。

ついでに、大したことではありませんが、ナンバー灯のカバーを外すなどに役立つのが私の場合はこれです。
割りばしを古い鉛筆削りで削ったもの。
相手がプラスチックだと爪を折ったり、割ってしまったりみたいなことがありますが、これだと金属工具よりはダメージが少ないし、まずキズはつけないし、無理な場合は木のほうがプチッと折れてくれたりして結果としてパーツを守ります。洗車の際などにもあれこれ役立つなど、出番も多いので、我が家のガレージにはこれが何本か転がっています。
折れればまた削ればいいし、タダだし、意外に便利ですよ。